Almost Summer / 映画「ハイスクール」のテーマ (Celebration featuring MIKE LOVE / セレブレーション フューチャリング マイク・ラヴ)1978



Sum, sum, summer
Well, it's almost summer
Sum, sum, summer
Well, it's almost summer

夏、ナツ、夏が来た!
もうすっかり夏なんだ
夏、ナツ、夏が来た!
もうほとんど夏なんだ

Suzie wants to be a lady director
And Eddie wants to drive a hearse
Johnny wants to be a doctor or lawyer
And Linda wants to be a nurse

スージーは女流監督を夢見てて
エディは葬儀の運転手!
ジョニーは医者か弁護士
そしてリンダは看護師になりたいって

Well, it's back to class
Crack your books
No giving the teacher dirty looks
We're growing up little by little
Going through a four year spin'

そうさ 新学期が始まると
しっかり勉強して
先生の悪口も言うのもほどほどにね
僕らはそうして少しずつ成長していく
4年の日々が目が回るほど
早く通り過ぎていったんだ

It's almost summer
Sum, sum, summer
Well, it's almost summertime

もうすっかり夏なんだ
夏、ナツ、夏が来た!
そうさ もうすっかり夏なんだ

Summer's gotta be the time for going
Out to see my favorite group
Cuddling with my honey's hair a blowing
Cruising in a little Deuce Coupe
(Little Deuce Coupe)

夏は仲のいい仲間たちと
アウトドアに繰り出す季節なのさ
愛しい彼女の髪をなでてとかして
リトル・デュース・クーペで
そこいらを流しまわるのさ

Well, it's back to class
Crack your books
No giving the teacher dirty looks
We're growing up little by little
Going through a four year spin'

そうさ 新学期が始まると
しっかり勉強して
先生の悪口も言うのもほどほどにね
僕らはそうして少しずつ成長していく
4年の日々が目が回るほど
早く通り過ぎていったんだ

It's almost summer
Sum, sum, summer
Well, it's almost summer
Sum, sum, summer
Well, it's almost summertime

もうすっかり夏なんだ
夏、ナツ、夏が来た!
そうさ もうすっかり夏なんだ

Songwriters: WILSON, BRIAN DOUGLAS / JARDINE, ALAN / LOVE, MICHAEL
lyrics c Universal Music Publishing Group, EMI Music Publishing

hearse=葬儀車 霊柩車
Crack your book=本を開く ガリ勉する
give a person a dirty look
=〈人に〉いやな顔をする[非難の目を向ける].
cuddle=抱き合う 寄り添う

Released in 1978
US Billboard Hot100#28
From "Almost Summer: Music from the Original Motion Picture Score"

almostsummer.jpg

*「夏」曲特集です。過去に掲載した記事のリバイバルです。

 この曲は「全米Top40」でもレア曲だろうなあ。でもこの曲、僕は夏になると聴きたくなる曲です。
トップ40には4週間しかランクされなかった曲ですが忘れられない。コーラスが覚えやすくて楽しいし、スージーやらエディやら名前が出てくるのもあるな。マイクの声もビーチ・ボーイズ時代からなんかヘンっていやヘンなんだけど、これがまた“夏の楽しさ”を醸し出してくれてる。
 
 マイケル・エドワード・ラヴ(Michael Edward Love, 1941年3月15日 - )は、ザ・ビーチ・ボーイズの結成メンバーの一人。ビーチ・ボーイズでは主にリード・ヴォーカルを担当し、多くの曲を作詞しました。ウィルソン兄弟の従兄でもあります(母親がウィルソン兄弟の父親の妹)。

mike-love-yng1.jpg

 この曲のアーチスト名のクレジットは“Celebration featuring MIKE LOVE”。マイクが作ったプロジェクトのバンドです。
 でもこの“Almost Summer”はブライアン・ウィルソンとベースのアル・ジャーディンとの共作でビーチ・ボーイズの名前で出しても良かった曲かなあなんて思ってます!(ブライアンが精神を病んでたのでそういうわけにはいかなかったと思いますが)映画「Almost Summer」(邦題“ハイスクール”)のタイトル曲としてサウンドトラックに収録されています。

 歌詞に“リトル・デュース・クーペ”が出てくるところなんか、ビーチ・ボーイズのファンの人は嬉しかっただろうな。(“Little Deuce Coupe”は、1963年リリースのザ・ビーチ・ボーイズのアルバム名)

 余談ですが、この頃マイク・ラヴは発売はしなかったけど2枚のソロ・アルバムをレコーディングしたらしい。そのタイトルは「ファースト・ラヴ」と「カントリー・ラヴ」。“Love”って名前だとやっぱそういうタイトル付けちゃうね。

マイクはビーチボーイズのグループ名を保有する権利を持っていて、ブライアンやアルなどメンバー3人を解雇とか(2012年)、ブライアンとの確執がどうのこうのとか、あまり聞きたくないようなビーチ・ボーイズの話題もありました。
でも2013年にも来日して、元気な姿を日本のファンに見せてくれています。そのときのインタビューがありましたのでリンクしますね!

これは貴重。映像が残ってました!
↓↓↓↓↓


映画「Almost Summer」の予告編
↓↓↓↓↓


CRUISIN' -- CELEBRATION (MIKE LOVE almost the Beach Boys
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・The Mike Love Fan Club
・Wikipedia Almost Summer
・Wikipedia マイク・ラヴ
・CD and Lp.com
・ジャケット写真もここからいただきました。

(この曲を購入!)Amazon.co.jp
*残念ながら、この曲は中古も含めて手に入らないようです…(-_-メ)

2936194942.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。

もうすぐ残暑になる今の時期は汗がにじみます。

わたしも夏になるとCDを引っ張り出して聴いています。レコードのジャケット懐かしいです。
当時、何店かまわって、やっと見つけました。オムニバスCDを買ったら入っていたのでレコードは手放してしまったけど、やはりレコードジャケの味わいはいいですね。
村上春樹のビーチボーイズ本で、当時表に出なかった話が載っていて明るさの別サイドは何でもそうなのかなと考えてしまいました。

Top40を聴いてて、ときどきポンと違和感のある曲がでてくることがあります。
ベニーベル「シェービングクリーム」が75年にヒットしていました。Dr.Dementoというのはラジオプラグラムかなんかなのでしょうか?
当時から、ずっと不思議に思っています。

レア曲ご存知ですね~!

ぽんたんさん!さすが!
この曲知ってましたか!(拍手)
それで所持してましたか!(尊敬)
手放してしまいましたか!(同情)
特にレア曲を和訳して記事にできWebに挙げられるのは嬉しいです。それでその曲を「知ってるぞ」っていう方に出会えるのは楽しいです!
そんなわけでして「Shaving Cream」も想い出させていただき、ありがとうございました。本日別な曲の作業をする予定でしたが、こっちの方が楽しくて順番を変えてしまいました(-_-;)
僕が調べた範囲では、Dr.DementoさんはDJであり、コミカルソングのレコードコレクターの方。自分の番組でそうした曲を紹介し、アーチストの発掘にも一役買っていた方です!
続きは「Shaving Cream」の記事にてどうぞ~!