Baby, I Love Your Way / 君を求めて(Peter Frampton / ピーター・フランプトン)1976



Shadows grow so long before my eyes
And they're moving across the page
Suddenly the day turns into night
Far away from the city
But don't hesitate
'cuz your love won't wait

僕の目の前で影がどんどん長くなってる
そろそろ次のページに進むのを
教えてくれたんだ
ここ都会から離れた小さい島でも
突然 お日様はいなくなり夜がやってきた
でも ためらわないでいいんだよ
だって きみの愛は もう待てないんだから

Ooh baby,
I love your way, everyday
I wanna tell you I love your way, every way
I wanna be with you night and day,
ooh yeah

ああベイビー
きみのやり方って大好きなんだ
毎日でも見ていたい
きみにそのことを告げたいんだ
いろんな表現方法で
昼も夜もいつだってきみといたいんだ

Moon appears to shine and light the sky
With the help of some fire flies
Wonder how they have the power to shine,
shine, shine
I can see them under the pine
But don't hesitate
'cuz your love won't wait

月が昇って輝き出し夜空を照らす
ホタルたちが手伝ってくれたんだ
ホタルたちはどうやって
輝くことができるのかな
ピカピカってとてもきれいさ
松の木の下で輝いてる
お願いだ 恥ずかしがらないで
だって きみだってもう待てないんだろ

Ooh baby, I love your way, everyday
I wanna tell you I love your way, every way
I wanna be with you night and day

ああベイビー
きみのやり方って大好きなんだ
毎日でも見ていたい
きみにそのことを告げたいんだ
いろんな表現方法で
昼も夜もいつだってきみといたいんだ

But don't hesitate
'cuz your love won't wait

ためらわないでくれ
僕らふたりは待ってられないんだ

I can see the sunset in your eyes
Brown and gray and blue besides
Clouds are stalking islands in the sun
Wish I could buy one out of season
But don't hesitate
'cuz your love won't wait

きみの瞳に太陽が沈む夕焼けが映ってる
ブラウンにグレイ 少しブルーも入ってるかな
太陽が照ってた島にも
雲がこっそり近寄ってきた
季節はずれの島のひとつを買えたらいいのにな
だから ためらわないで
だって君の愛はもう待ってられないんだよ

Ooh baby,
I love your way, everyday
I wanna tell you I love your way
I wanna be with you night and day

Ooh baby, I love your way
I wanna tell you I love your way
I wanna be with you night and day, yeah

ああベイビー
きみのやり方が大好きなんだ
そうきみに伝えたくて仕方ないんだ
昼も夜もずっと
きみと一緒にいたいんだよ yeah

Songwriters FRAMPTON, PETER KENNETH
Lyrics © Universal Music Publishing Group

Released in 1976
US Billboard Hot100#12
From The Album“Frampton Comes Alive”

220px-Frampton_Comes_Alive.jpg

220px-Baby,_I_Love_Your_Way_(Peter_Frampton_album)_coverart

“オウォンチュー、ショメーザウェイ!”(Show Me The Way)のヒットのあとの「フランプトン・カムズ・アライヴ」からのシングルカットはこの「君を求めて」でした。
 原題は「Baby,I Love Your Way」。まだ英語を勉強始めて間もない中学生の僕は、タイトルを耳から聴いて最初は「I Love You、Way」(君を愛してる、ウェイ!?)って意味なのかなと思って、その次に日本の歌でありますよね「若者たち」という歌が。この歌詞が「きみの行く道は果てしなく遠い」ってやつでして、「君の行く道を僕は愛してる(応援するよ)」という応援ソングかと思ってました。
 “Way”っていう単語の「道」以外の意味を知らなかったのですね。「方法」「やり方」などって意味がわからなかったのです(恥)(-_-;)。

 たしかFMで「フランプトン・カムズ・アライヴ」より以前に出したピーターのレコードを丸ごと全曲かけてくれる番組があって、エアチェックしてカセットに録音しました。“Show Me The Way”は明らかにライヴヴァージョンがカッコいいのですが、「Baby, I Love Your Way」はスタジオ盤だと「Nassau(ナッソー)」というインストが先に入っててこれが哀愁漂って終わると、アコースティックギターの素敵なイントロが入ってこの曲につながる。これはなかなかいいな!と思ってました。(Youtubeにあったので貼り付けたのでぜひ聴いてください)

 「フランプトン・カムズ・アライヴ」が全世界で売れてた時は、ピーターを見て、あの笑顔とギターテク・歌とあの胸毛、の三拍子がモテる男なんだな~と思ってました。笑顔だけならなんとか…と思ったのですが、ギターテクはついてこなかったし、胸毛も生えてこないのであきらめました!
 ピーターは今でも現役で頑張ってるようですよ!Youtubeでもいろいろ映像がありましたが、ちょっと毛髪の方が、、、なので記事に貼り付けたりはしませんでした(-_-;)。今なら…髪の毛の量だけは、僕の方が勝ってる!(僅差ですが)

★「君を求めて」が最高位12位を記録した週のチャートです。
US Top 40 Singles 28th August, 1976

1位は「恋のデュエット」。3位は「幸せのノック」。4位「別れたくないのに」。5位「秋風の恋」。6.7位はディスコヒット。8位は「運命76」。ピーターはもう少し上位に行くかなと思ってたのですが、やっぱり「フランプトン・カムズ・アライヴ」はライヴアルバムだから丸ごと聴くのが魅力で、シングルにしちゃうと・・・なのかな。

1 1 DON’T GO BREAKING MY HEART –•– Elton John and Kiki Dee
2 2 YOU SHOULD BE DANCING –•– The Bee Gees
3 3 LET ‘EM IN –•– Wings
4 4 YOU’LL NEVER FIND ANOTHER LOVE LIKE MINE –•– Lou Rawls
5 5 I’D REALLY LOVE TO SEE YOU TONIGHT
–•– England Dan and John Ford Coley
6 6 (Shake, Shake, Shake) SHAKE YOUR BOOTY –•– K.C and the Sunshine Band
7 12 PLAY THAT FUNKY MUSIC –•– Wild Cherry
8 13 A FIFTH OF BEETHOVEN –•– Walter Murphy and the Big Apple Band
9 9 GET CLOSER –•– Seals and Crofts
10 11 THIS MASQUERADE –•– George Benson

11 8 KISS AND SAY GOODBYE –•– The Manhattans
12 14 BABY, I LOVE YOUR WAY –•– Peter Frampton
13 21 SUMMER –•– War
14 16 SAY YOU LOVE ME –•– Fleetwood Mac
15 15 LOVE IS ALIVE –•– Gary Wright rothers)-20
16 22 LOWDOWN –•– Boz Scaggs
17 19 HEAVEN MUST BE MISSING AN ANGEL (Part 1) –•– Tavares
18 7 ROCK AND ROLL MUSIC –•– The Beach Boys
19 25 WITH YOUR LOVE –•– Jefferson Starship
20 30 DEVIL WOMAN –•– Cliff Richard

スタジオVersion“Nassau(ナッソー)”から“Baby I Love Your Way”のメドレー。このVersionもギターの音色が切なくていいんだよな。
↓↓↓↓↓


TV番組“Midnight Special”での“Baby I Love Your Way”
↓↓↓↓↓


ダンスPOPユニットのWill To Powerが歌って1989年に全米No1になりました!“Baby I Love Your Way / Freebird”のメドレー。(“Freebird”はレーナード・スキナードの名曲です)
↓↓↓↓↓


Big Mountain “Baby I Love Your Way”(1994年 最高位6位)この曲、レゲエにもノリますね。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Baby, I Love Your Way
・Wikipedia Peter Frampton
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ピーター・フランプトン、売れましたねー。凄い人気でした。
今の、頭が薄くなった中年おっさんの姿を数年前にYouTubeで見た時に、ビックリではありましたが、爽やかな美少年が爽やかなオッサンに化けている風で、ガッカリ感は他の人たちより少なかった記憶があります。(笑)
あのゴージャスな金髪はどこに消えたの!? 感は否めませんが。
(私は胸毛モジャモジャ男がキライで、頼むからそういう人はステージで脱いだり、胸元はだけたシャツ着ないでくれ、と思っております)

フランプトンと言えば、Comes Alive、そして当時の文部大臣砂田さんを思い出します。
テレビで一緒に出たこともあります。(対談だったかな? ちょっと会っただけかな? 中身は覚えていません、、、) 
その頃の記事とかないかなー? と思って検索したら、こんなのがでてきました。
http://hagitani.blog51.fc2.com/blog-date-20101029.html

アイムインユーいいね!

知りませんでした!当時の大臣が、ピーターの“アイムインユーいいね!”って言っていたんですね(^o^)。先日、ボウイの追悼で、テレビでライブをやってましたが、ギターがピーターフランプトンでびっくり!しました。髪の毛はいずれ落ちる運命、音楽だけを真っ直ぐに見ましょう!

No title

洋楽雑誌で イギリスの‘アイドル’グループ ザ・ハードのP・フランプトンの写真を初めて観て、キュン死!
スコット・ウォーカーを始め、あのテの美形には目が無い中学生でありました きゃはは
でも最近の 潔い短髪の彼が、人なつこい笑顔でアンプラグドの「Show Me The Way」とか演奏してる映像を観ると、またもや年相応な胸キュンです
ラリー・カールトンしかり、みなさん髪が無くなっても円熟味のある渋いおじさまになってて、素敵ですよね

15年ぐらい毎日聴いてるネットラジオhttp://www.accuradio.com/ で、自分が★を4~5つけた曲ばかり流してくれるという親切なチャンネルが最近できたんで、フランプトンも頻繁に聴けてます

No title

のんさん、そうです!髪がたとえなくなっても、ピーターの魅力は音楽と笑顔!なぜか僕自身も励まされた気がします(笑)

No title

ピーター・フランプトンの2枚組のライブ・アルバム『フランプトン・カムズ・アライヴ! 』、私買いましたよ。2枚組にしては確か安かったと思います。でももちろん1枚のアルバムより高かったので、結構迷いましたが、カッコいい良い曲が詰まったアルバムで満足した思い出があります。2枚目のシングル「Baby, I Love Your Way」もとっても良い曲でした。
だいぶ後になってからWill To PowerがFreebirdとくっつけてヒットチャートを上がってきたときにはびっくりしましたよね。その時はなんで「Freebird?」と思いましたが、聴き続けているとけっこうしっくりきて不思議に良い曲に聞こえてきたのはなぜだったのでしょう。1位になるのもなんとなくわかりました。

No title

トップ40で“show me the way”、“Baby I love your way ”ときて、次は“Do you feel like I do ”がチャートインしてきましたね。この曲の邦題、覚えてますか??

「紫の夜明け」ですね!僕は、吉田拓郎やかぐや姫が朝までやったけど“つま恋”コンサートの影響 か、この“フランプトンカムズアライヴ”は、オールナイトで朝までやったライヴが収録されてて、この曲がちょうど夜明けを迎える頃に歌われた歌だとしばらく信じこんでいました(^_^;)。