Bad Day / バッド・デイ~ついてない日の応援歌 (Daniel Powter / ダニエル・パウター)2006



Where is the moment
we needed the most
You kick up the leaves
and the magic is lost
They tell me your blue skies fade to grey
They tell me your passion's gone away
And I don't need no carryin' on

僕らの一番必要な時間
そいつはどこにあるんだろう?
落ち葉を蹴りあげると
魔法が解けて現実に戻るんだ

青空のような気分が曇り空になり
情熱はなくなってしまったなんて言われるけど
気を張り続ける必要なんてないって
僕は思うよ

You stand in the line
just to hit a new low
You're faking a smile
with the coffee to go
You tell me your life's been way off line
You're falling to pieces everytime
And I don't need no carryin' on

落ち込むことが起こるのを
並んで待ってるようなもんさ
作り笑いをうかべて
苦いコーヒーを飲んで取り繕うんだ
人生が道を外れたって思ったり
打ちのめされることばかりでも
そんなに頑張らなくていいって
僕は思うのさ

Cause you had a bad day
You're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know
You tell me don't lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
The camera don't lie
You're coming back down
and you really don't mind
You had a bad day
You had a bad day

だって
今日はついてない日だったのさ
へこんじゃったとしても
悲しい歌を歌って気を持ち直せばいいよ
「知らなかった」
「嘘はつかないで」って言って
無理に笑顔をつくって気晴らしをする
ついてない日だったのさ
見た目はごまかせないよ
気を取り直したら
もう気にしないでいいのさ
ついてなかっただけ
今日はついてない日だったんだよ

Well you need a blue sky holiday
The point is they laugh at what you say
And I don't need no carryin' on

気持ちが青空になるような休息が必要さ
問題は何を言ってもみんなが笑うこと
(どこがそんなに可笑しいんだい?)
だったら僕は思うんだ
そんなに肩肘はらないでいいんだって

You had a bad day
You're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know
You tell me don't lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
The camera don't lie
You're coming back down
and you really don't mind
You had a bad day

だって
今日はついてない日だったのさ
へこんじゃっても悲しい歌でも歌って
気を持ち直そうよ
「知らなかった」
「嘘はつかないで」って言えばいい
無理に笑顔をつくって気晴らしをする
ついてない日だったのさ
見た目はごまかせないよ
気を取り直したら
もう気にしないでいいんだよ
今日はついてなかっただけなんだ

Sometimes the system goes on the blink
And the whole thing turns out wrong
You might not make it back
and you know that you could be well
oh that strong
And I'm not wrong

ときどき 社会そのものがおかしくなって
すべてのものが悪い方に進んでしまう
引き返すこともできなくなってしまうかもしれないし
上手くいくこともあるかもしれない
そしたらすごいことだね
間違ってはないはずだよ

So where is the passion
when you need it the most
Oh you and I
You kick up the leaves
and the magic is lost

僕たちが一番必要なときに
心に燃える情熱はどこにあるんだろう
君と僕にとって

落ち葉を高く蹴りあげて
魔法を解いて現実を見よう

Cause you had a bad day
You're taking one down
You sing a sad song just to turn it around
You say you don't know
You tell me don't lie
You work at a smile and you go for a ride
You had a bad day
You've seen what you like
And how does it feel for one more time
You had a bad day
You had a bad day

だって
今日はついてない日だったのさ
へこんじゃっても悲しい歌でも歌って
気を持ち直そうよ
「知らなかった」
「嘘はつかないで」って言えばいい
無理に笑顔をつくって気晴らしをする
ついてない日だったのさ
見た目はごまかせないよ
気を取り直したら
もう気にしないでいいんだよ
今日はついてなかっただけなんだ

今日はついてない日だったんだ
そう思って
明日を夢見よう

Songwriters POWTER, DANIEL
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC

hit a new low=新底値に達する
take down=へこます
goes on the blink=調子が悪くなる 故障する

Released in 2006
US Billboard Hot100#1(5)
From The Album“Daniel Powter”

Dan_powter_album.jpg

220px-Bad_Day_single.jpg
このPV 好きなんですよ…!

Wikipedia“Bad Day”の解説より:
“似たような境遇にありながら全く接点を持たなかった2人。その2人が駅のポスターに落書きをし合うことでお互いの存在を意識し、最後にポスターに描いた通りのシチュエーションで出会うというストーリーとなっている。 落書きをするシーンはロサンゼルスの地下鉄「レッドライン」のパーシング・スクエア駅で撮影された。出演はジェイソン・アデルマン(Jason Adelman)とサミーア・アームストロング(Samaire Armstrong)。監督はマーク・ウェッブ(Marc Webb)。”

まあ、駅の広告にあんなにマジックで落書きしたら捕まっちゃうけどね(無粋でゴメンナサイ)

 ダニエル・パウター(Daniel Powter)は、カナダのミュージシャン。2005年にファーストシングル「Bad Day」が全世界で大ヒット。主にピアノの弾き語りスタイルで帽子がトレードマーク。そのスタイルからピアノマンと呼ばれています。

★“Bad Day”は2006年の全米年間チャートで見事第1位です!

1 "Bad Day" Daniel Powter
2 "Temperature" Sean Paul
3 "Promiscuous" Nelly Furtado featuring Timbaland
4 "You're Beautiful" James Blunt
5 "Hips Don't Lie" Shakira featuring Wyclef Jean
6 "Unwritten" Natasha Bedingfield
7 "Crazy" Gnarls Barkley
8 "Ridin'" Chamillionaire featuring Krayzie Bone
9 "SexyBack" Justin Timberlake
10 "Check on It" Beyonce featuring Slim Thug

1位の“Bad Day”、4位の“You're Beautiful”、6位の“Unwitten”の3曲がやっぱり好きですね~。あとの曲はう~む(-_-;)。5位のshakiraはビデオがよかったけど←おやじ!

★この曲の和訳は1年前くらいに取り掛かってはいたのですが、
「落ち葉を蹴り上げると魔法が解ける」
ってどういう意味なのかなとずっと考えていて、イメージがわかなかったのでしばらく作業も中断していました。
 はっきりとわかったわけではないのですが、改めてPVを見てイメージしたのですが、彼も彼女もオフィスで仕事をしているんだけど、いろんなイライラが募っている。何かにあたることもそうはできず毎日が過ぎていく。そんななかであの駅の広告と出会う(これまたいかにも書いてくれとばかりに白い空間が…笑)
 彼女と彼は、ふだんは落書きなんかしないんだろうな。それが思い切って落書きしてみたら…ふっと気持ちが落ち着いた。
 僕のなかではこんな風景が…。彼女(彼)がうつむいて街路を歩いていると、目の前に街路に落ち葉が積もっている場所があった。なんとなく思った。『これ思いっきり蹴り上げたらどんな感じだろう?』。そして『よぉ~し』と多少助走を取って心のなかで『コノヤロー!(バカヤローでも可)』と思って蹴り上げた。それが思ったより上手くいって、落ち葉はうまい具合に高くあがってハラハラと地面にまた積もっていく。先ほどとは別な形になって…。『ふぅっ』と息を吐いたら、気持ちも落ち着いてシャキッとした自分になれた。そんな風に
いつもと違う自分、行動をとってみて
気持ちを平穏に戻す、落ち着かせる

ってことなんじゃないかなと思いました。(妄想のしすぎ‼?)
そんなわけで1年越しにめった和訳が(当面)できたので記事にしました!

★この曲、忙しい時期や悩ましいことの多い時期に聴くのがやっぱりおススメです。「今日はついてなかっただけ」って言葉は魔法の言葉。気持ちを切り替えさせてくれたりします。(あまりにも毎日のように「ついてない日だった」を繰り返して、手遅れにならないようにね。締切のある仕事はしっかりと締切を意識してね 笑)

Live8での「Bad Day」メロディを結構変えて歌ってるのがライヴならでは。
↓↓↓↓↓


この曲のピアノの弾き方を解説!「太鼓の達人」っぽく学べる!うーむ、我が家にピアノがあったらな、もしもピアノが弾けたなら…(←西田敏行)。
↓↓↓↓↓


(この記事で参考にしたページ)
・Wikipedia Bad day
・Wikipedia Daniel Powter
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

うーん 落ち葉の件ですが
「いつもと違う自分、行動をとって気持ちを平穏に戻す、落ち着かせる」
ということではないと思う。

まず、魔法が解けること=平静を取り戻す
という解釈が納得できません。

魔法が解ける、という表現は好ましい状況が失われたことを意味すると思う。
なぜなら魔法という単語には不可能を可能にするような、不思議で魅力的な意味が込められているから。
もしそれが解けることで平静を取り戻すということなら、
それは悪い魔法だったのであり、それなら魔法という表現を敢えて使わず、
呪い、囚われなどの他に適する単語を使用できたはず

私が思うに、

You kick up the leaves and the magic is lost

は、andで意味がきれてて、
前の文章と後の文章は因果関係のないのではないでしょうか?
同時的におこった事象を並列的に述べているだけでは。

落ち葉をける、というのは明らかに無駄な行為ですよね。
つまり、空振りする、空回りするという無力感を述べており、
後に続く文章でそれを「魔法(のような奇跡を起こす力は)失われた」と別の表現に置き換えている、
とワタシなら推理しますが・・・・どう思われますでしょうか

はじめての方でしょうか?

Nigredさん コメントありがとうございます。

ご指摘の件、「and」ですからたしかに前の文にたいして後の文を「結果」と考えていた僕の解釈より、「並列」ととらえた方が正しいのではというご意見、なるほどなあと思いました。悩んでいた結果、ようやく上記のように解釈したのですが、シンプルに考えた方がよかったかもしれません。ありがとうございました。

今回のように解釈をめぐってご指摘いただけるのは大変ありがたいのですが、自己紹介でも書いている通り、誤訳はあるだろうと思っております。アーチストの意図を取り違えた誤訳であったり、恥ずかしいほどの文法ミスであったりしたら、訂正したいと思いますが、和訳の正確さを記すのはブログの主たる目的ではなく、洋楽が好きな人といろいろな曲について話していけることを第一に考えています。  
 Nigredさんは、そもそもこの「Bad Day」という曲が好きなのでしょうか?どのへんが好きだったりしますか?ダニエル・パウターさんの曲でほかの曲で好きな曲は何かありますか?"Best Of Me"とかもきれいな曲で、ファルセットがなかなかいいですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=XcbnilNvIIo
これからもよろしくお願いいたします。


No title

素敵な記事をありがとうございます!

私のブログでご紹介させていただきました(*^_^*)

素敵な洋楽

千春さん、ありがとうございました!(^o^)
この曲、“Bad Day”は、その日にどんなに凹んだことがあろうとも、魔法の呪文のように“ついてないだけだったのさ”と言われることで救われる気持ちになってもらえること〜それがこの歌の大意だと思います。正確に訳すということであれば間違った訳をしてる箇所もあるかもしれませんが、ちはるさんには大意が伝わって嬉しいです!
楽しくてホッとするようなブログ、ぜひ続けていってくださいね心打つ洋楽があるようでしたら、また“めったPops”よりご紹介ください!一人でも多くの人に素敵な洋楽を伝えられたら嬉しいですね!

No title

はじめまして
洋楽が好きで、よくこの曲のこの部分どういう意味だろうと自分なりに調べたりしてます。
ブログとても参考になり頭が下がります。(^^)
「Bad Day」いい曲ですね、このレゲーバジョンが良くてCDを買ったぐらいです。
えーと落ち葉の件(意訳重々承知)ほかに参考になったところがあったので、英語ですけど。
YOU KICK UP THE LEAVES AND THE MAGIC IS LOST= Children and happy people in general like kicking up the leaves off the ground (when there are lots of them together, in autumn). For some reason that gesture makes us feel happy, like there’s something magical about it. But she’s so depressed that she can’t find no magic in that anymore. Kicking the leaves is a metaphor for any of those little things that make life look good.
http://www.multimedia-english.com/print/preview/bad-day-617
本当に洋楽の面白いですね。
これからもKeep up the good では。

ありがとうございます

アーバンさん、興味深い解釈、紹介頂いてありがとうございます!
何らかのメタファーであることは海外の方でも思うところですよね。自分を想像してみても、枯れ葉がたくさん落ちていたら、蹴ってみるかもしれません。なにかが起きることを期待して、でも魔法が起きるはずもない。がっかりするよりは楽しい想いが残るかな。

No title

ええ感じ

ありがとうございます

"ええ感じ"がすると? ありがとうございました(^▽^;)

No title

You tell me don't lieは、嘘ついてないよと言う ではないのでしょうか?

難しいですが…

Nrhさん、コメント(ご意見)ありがとうございます。
うーん、どうでしょうか。
You tell you don't lie であれば→「嘘ついてないよ」と(きみは)言う でいう訳になると思うのですが。

ダニエルの眼は登場してくる‘You'にとても優しいので、

時にはきみも我慢しないで、自分の責任なんて感じないで
キレて怒ったっていいんじゃない?

‘私知らないもん'‘聞いてないもん'って言ったっていいし、
‘嘘つくな'って思ったら、そう言えばいいじゃん。

You tell me ‘Don't lie’ って解釈して和訳しました。
(意訳だとは思いつつ…)

No title

この曲の訳は難しいですね。でも、めったさんので納得しました。
Powterのこの曲は、なんかちょっとElton John風な感じがして、最近のDeliciousはちょっとLeo Sayer風でもあって、新しいような懐かしいような雰囲気を好んで聴いています。

No title

すちーむみらーさん、コメントありがとうございます。
Daniel Powterさんはちょっとご無沙汰しちゃっておりました。"Bad Day"がエルトン・ジョン風、そして最新シングル"Dericious"がレオ・セイヤー風…"Dericious"聴いてみて、わかりました!

↓↓↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=kWp_WHnFHgc

変幻自在なボーカル、バックコーラスの入り方など、"You Make Me Feel Like Dancing"を彷彿とさせますね(笑)。
ありがとうございました(^-^)。