【LOVE】The Niceness Of It All / 君が一番好き (Gilbert O’Sullivan / ギルバート・オサリバン)1980



It's the niceness of it all
Baby it's the niceness of it all
Whether you are close to me or far
It doesn't matter in the least
As long as I can be with you
Any time I need to
Like the baby
that's just starting to grow
It's the niceness of it all
that makes me love you more & more.

一番ステキなことなんだ
それは一番ステキなことなんだ
君が近くにいても遠くにいても
一向に構わないんだ
必要としているときにいつでも
君といることができりゃね
赤ちゃんが育ち始めるように
この世で一番ステキなこと
そいつが君をもっともっと
好きにさせてしまうんだよ

And it's the niceness of it all
Baby, it's the niceness of it all
That makes me write to you
and say how much I've missed you
over the weeks
That makes me call you on the phone
Whenever there's a chance to speak
And even if there's only time to say hello
It's the niceness of it all,
that makes me love you more & more.

一番ステキなこと
この世で一番ステキなこと
そいつが君へ手紙を書かせる
何週間も君に会いたいって想いから
僕は君に電話をかけてしまうんだ
話すチャンスがあればいつでもね
ハローとしか言う時間しかなくても
それが一番ステキなことなんだ
そいつがあれば
君をもっともっと好きになる

I don't know what's come over me
I've hardly touched a drink
My mother thinks it's marvelous
He's off the road to sin
She thinks you're just the tonic
that I need
And who am I to argue
after all isn't that what I believe

僕は何に夢中になっちゃったのか
酔って言ってるんじゃないんだよ
僕のママは素晴らしいって思ってる
罪をつぐなう道から逃れたって
君が僕を元気にさせてくれるんだって
間違ってるとか言うつもりはないよ
だって結局
僕が信じてることはそうなんだから

It's the niceness of it all
Baby it's the niceness of it all
If I can't be with you for a week
then a day will have to do
I won't say that that's enough
But then beggars can't be choosers
And besides
If nothing else at least I know
It's the niceness of it all
that makes me love you more & more.

一番ステキなこと
この世で一番ステキなこと
1週間君といられないんだったら
1日でもいいんだ
満足なわけじゃないけど
物乞いは選ぶことなんかできないよ
そのうえ
僕が知ってることが何もないとしても
一番ステキなことは
君をもっともっと好きになることだよ

Every time I see a shadow
I think what a blessing it must be
Not to have to talk with fingers
Not to have to look with nothing to see

君の姿を見かけるたびに
神からの恵みに感謝してるんだ
手話で話さなくてもよく
目で何も見られないこともない

You try living your life to the full
confined to a chair
Try and hide your loneliness
when no one is there.

君はイスにずっと座ったままの
人生を送ろうとしているの
そこに誰もいなかったら
孤独を隠すしかないよね

It's the niceness of it all
that makes me love you more & more.

この世で一番ステキなこと
それが君をもっともっと
好きにさせてくれる

It's the niceness of it all
That's what I like it、
and what I need it、
The niceness of it all

その一番ステキなこと
僕が好きなのはそれなんだ
僕が必要なのもそれなんだ
この世で一番ステキなこと…

Songwriters: O'SULLIVAN, GILBERT
lyrics © EMI Music Publishing, Sony/ATV Music Publishing LLC

in the least=少しも、いっこうに
come over=支配する、起こる
tonic=強壮剤、元気づけるもの

released in 1980
From The Album“Off Centre”

41WS53AK1HL__SL500_AA300_.jpg

51O1-AeeGzL__AA300_.jpg

 LPレコードだと、表がおもちゃピアノを弾くギルバートで、裏面がその足。学生のときにこのLPをよく聴きました…! なので3月のBillboard Tokyoで演ってくれたとき、僕は『ぎゃっ』っと興奮したのですが、周りの人は知らないか、思い入れがそんなにないか…だった感じでした。
 「Off Centre」は日本版LPの邦題は「プライベート・タイムズ」。そしてこの曲の邦題は「君が一番好き」。まんざら間違ってはいないと思うけど「The niceness of it all」ってしゃれた言い回しの感じが消えてるなあ。うーん…「一番ステキなのは君」って邦題はどうでしょう。ベタですが。
 ギルバートはこの曲について「バラード調の曲のなかでも僕の好きな一曲。曲調の変わり方とか、二つのブリッジのつなぎ方とか、エンディングとかがものすごく好きなんだ。ちょっとマッカートニーっぽいけどね、この終わり方は」と言っています。(「Rare Tracks」Albumの解説)

◆ライヴで歌うギルバート。
↓↓↓↓↓




(この記事は以下を参考にさせていただきました)
・Amazon.co.jp 「Off Centre」
・CD解説「Rare Tracks」

関連記事

コメント

非公開コメント