Clair / クレア (Gillbert O'sullivan / ギルバート・オサリヴァン)1972



Clair,
the moment I met you, I swear
I felt as if something, somewhere
Had happened to me, which I couldn't see

クレア
君に会った瞬間 わかったよ
何かがどこかで僕の身に
起こったような気がしたのさ
目には見えないんだけどね

And then,
the moment I met you, again
I knew in my heart that we were friends
It had to be so, it couldn't be no

それから
君と再会した時はね
心から僕らは友達なんだって感じたんだ
そうに決まってる 違うわけがないよ

But try as hard as I might do, I don't know why
You get to me in a way I can't describe
Words mean so little when you look up and smile
I don't care what people say
To me you're more than a child
Oh, Clair
Clair

できるだけ頑張ったけどわからないんだ
ある意味 君が気になってしまうのさ
上手く言えないんだけど
君が僕を見上げて微笑むと
言葉は意味なんてなくなる
人の言うことなんか気にしないよ
僕にとって君は子ども以上の存在なんだ
ああ クレア
クレア

Clair,
if ever a moment so rare
Was captured for all to compare
That moment is you in all that you do

クレア
他とは比べられない
とても貴重な時間があるんだよ
それは君があらゆる仕草を見せる瞬間さ

But why in spite of our age difference do I cry
Each time I leave you I feel I could die
Nothing means more to me than hearing you say
"I'm going to marry you
Will you marry me, Uncle Ray"
Oh, Clair
Clair

でもこんなに年が離れてるのに
どうして僕は泣いちゃうのかな
君とサヨナラするときは僕は死んでしまいそうになる
「私をお嫁さんにしてね
レイおじさん、私と結婚してね」って
君の言葉を聞く以上の素敵なことってないんだよ
ああ クレア
クレア

Clair,
I've told you before "Don't you dare"
"Get back into bed"
"Can't you see that it's late"
"No you can't have a drink"
"Oh, alright then, but wait just a minute"

クレア
以前、君に言ったよね
“やめなさい”って
“もうお休みなさい”
“もう夜も遅いんだよ”
“だめ もう何も飲んじゃダメ”
“ああ わかったよ でももうちょっと待ってね”

While I, in an effort to babysit,
catch up on my breath
What there is left of it
You can be murder at this hour of the day
But in the morning this hour
will seem a lifetime away
Oh Clair
Clair

子守りをしようとして
僕は吐く息を整えるんだ
あとしなきゃいけないのは何だったかな
この時間になると気がおかしくなっちゃうよ
でも朝が来ると
この時間が永遠に思うんだよ
ああクレア
クレア

Oh Clair

そうだね クレア

(Gilbert O'Sullivan)

in a way=ある意味では 多少
don't you dare!=やめなさい

Released in 1972
US Billboard Hot100#2
From The Album“Back To Front”

0001793868_350.jpg

clair belgium

こちらはベルギー盤
こちらはドイツ盤

Clairgerman.jpg

口笛から始まり、女の子の笑い声で終わるこの曲「クレア」。ギルバートのベストアルバムでも1度聴いたら覚えてしまえる曲です。
アルバム“Back To Front”はリアルタイムでは聴けませんでしたが、最初にIntro、B面にOutroが入っていて、「I Hope You'll Stay」や「Who Was It?」、そして「Out Of The Question」が入っているのが好きで結構聴いてました。チャート的には2位で残念だったんだな!

“クレア”ちゃんはプロデューサーのゴードン・ミルズの末っ子の娘さん。ギルバートは本当にたまにベビーシッターをしていたようですよ。ギルバートの本名がレイモンドなので「レイおじさん、結婚してね!」って歌詞も愛らしいです。(その後、ゴードンとはお給料の配分をめぐってモメてしまい、ギルバートは長期間レコードを発売できない事態に陥ってしまう…。クレアちゃんも複雑な思いがしただろうな...)

ギルバートのライヴでは毎回この曲は演奏してくれます。また聴きたいですね。

★“クレア”が最高位2位を記録した週のチャートです。

1972年も押し迫った年末。ビリー・ポールの「ミーアンドミセスジョーンズ」強い。4位にはカーリー・サイモンの「うつろな愛」が来ています。5位のアルバートハモンド「カリフォルニアの青い空」もこの頃の曲でした。16位スティーヴィー「迷信」。20位エルトン「クロコダイル・ロック」名曲が多いです。

US Top 40 Singles 30th December, 1972

1 1 ME AND MRS. JONES –•– Billy Paul
2 4 CLAIR –•– Gilbert O’Sullivan
3 3 YOU OUGHT TO BE WITH ME –•– Al Green
4 9 YOU’RE SO VAIN –•– Carly Simon
5 5 IT NEVER RAINS IN SOUTHERN CALIFORNIA –•– Albert Hammond
6 7 FUNNY FACE –•– Donna Fargo
7 2 I AM WOMAN –•– Helen Reddy
8 10 ROCKIN’ PNEUMONIA – BOOGIE WOOGIE FLU –•– Johnny Rivers
9 12 SUPERFLY –•– Curtis Mayfield
10 14 YOUR MAMA DON’T DANCE –•– Kenny Loggins and Jim Messina

11 15 KEEPER OF THE CASTLE –•– The Four Tops
12 13 SOMETHING’S WRONG WITH ME –•– Austin Roberts
13 17 LIVING IN THE PAST –•– Jethro Tull
14 8 PAPA WAS A ROLLIN’ STONE –•– The Temptations
15 16 SWEET SURRENDER –•– Bread
16 22 SUPERSTITION –•– Stevie Wonder
17 19 WALK ON WATER –•– Neil Diamond
18 21 SITTING –•– Cat Stevens
19 6 IF YOU DON’T KNOW ME BY NOW –•– Harold Melvin and the Blue Notes
20 30 CROCODILE ROCK –•– Elton John

“クレア”について語るギルバート。
↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Clair
・Wikipedia Back To Front
・Gillbert Original Collection1971-1977
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

めったさん こんにちは  いつもありがとうございます 
この曲 「Clair」 は 僕にとってのオールタイム8位曲
(数え切れない大好きな曲の中でも もう超・大切な曲)です

いつだったか 来日コンサートにも行き 
この曲も聴けて 大感激しました

ギルバート・オサリヴァン  というと
鍵盤の半音 フラット使用?と 言うのでしょうか?

あと
通常のAメロ、Bメロ に 留まらず 
変化のCメロを多用してくれますが、

この曲は 割りと普通・・・

でも 最後の方 クレアちゃんの眠気が増してくる
のに併せて Cメロっぽいところも出たり
テンポが ほんとに微妙にスローになったりで

聴き終わると 自分も そのまま 幸せな気持ちで
睡眠にいける 感じがします

たしかに!

ヒロクシンさん、コメントありがとうございます。たしかにギルバートはCメロでちょっぴり皮肉入れたり、なにかつぶやいたりしたりするのに、クレアは構成も歌詞もギルバートにしては独特な曲ですよね。でもこれだけ可愛い子供の声を吹き込んでる曲も他のアーチスト含めてないですよねー。ラストにゆっくりと、クレアの笑い声聴くと、気持ちほっこりします!(PS)「全米トップ40読本」のクレアのコメント見ましたよー(^^)。いいなあ。