【追悼】I Need To Be In Love / 青春の輝き (The Carpenters / カーペンターズ)1976



The hardest thing I've ever done
Is keep believing
There's someone in this crazy world for me
The way that people come and go
Thru temporary lives
My chance could come and I might never know

これまで一番辛かったのは
信じ続けること
こんな馬鹿げた世の中だって
私だけを愛してくれる人がいるって

一時しのぎの生活のなかで
沢山の人が来ては去っていく
私にも機会が訪れるかもしれないけど
気がつかないかもしれないわ

I used to say
"No promises,Let's keep it simple"
But freedom only helps
you say Good-bye
It took a while for me to learn
That nothin' comes for free
The price I've paid is high enough for me

私は今までこう言ってたの
「約束なんていらない 単純なままでいい」
でも束縛しないことは
あなたからの別れを早めただけだった
私は学ぶのにちょっと時間がかかったわ
何も払わなければ何も得られない
払った代償は私には十分すぎたのよ

I know I need to be in love
I know I've wasted too much time
I know I ask perfection of
A quite imperfect world
And fool enough to think
that's what I'll find

恋をしなくちゃって気付いたの
私は沢山の時間を無駄にしすぎたの
とても不完全な世界で
完全なものを求めてるのね
本当の恋が見つかるって思ってるおバカさんが
この私なの

So here I am with pockets full
Of good intentions
But none of them will comfort me tonight
I'm wide awake at four a.m.
Without a friend in sight
Hanging on a hope but I'm alright

私はポケットいっぱいのいい心がけを持って
今ここにいるわ
でも今夜
私のことを癒してくれる人はいない
午前4時というのに私の目は冴えてしまってる
友達も誰もいないなか
希望にすがりついてるのよ
でも私は大丈夫

I know I need to be in love
I know I've wasted too much time
I know I ask perfection of
A quite imperfect world
And fool enough to think
that's what I'll find

私は恋をしなくっちゃね
沢山の時間を無駄にしすぎたから
とても不完全な世界で
完全なものを求めてる私

そんな世界のなかでも
恋する相手が見つかるって
思ってるおバカさんが
この私なのよ

Songwriters: CARPENTER, RICHARD LYNN / BETTIS, JOHN / HAMMOND, ALBERT LOUIS
lyrics c Universal Music Publishing Group, EMI Music Publishing

temporary=はかない 仮の

Released in 1976
US Billboard Hot100#25
From The Album“There's A Kind Of Hush”

220px-A_Kind_Of_Hus.jpg

 1983年2月4日にカレンがこの世にサヨナラを告げて、もう34年になるのか…・。
 沢山の切ない曲、楽しい曲をありがとう!
 Karen Anne Carpenter Rest In Peace...

以下、過去記事の再掲です。
↓↓↓↓↓


「青春の輝き」という邦題がついたこの曲はきれいなメロディでせつなかったですね。
今回初めてPVを見ました。空港から機内へ進むカーペンターズ兄妹。リチャード、カレン、それぞれの表情が映し出されます。ファンに笑顔を振りまいたあと、一人のときは神妙な顔つきで孤独感が出ています。リチャードは女の人、カレンは男の人と目が合う瞬間があります。笑顔で答えると笑顔を返してくれます。でも…結局それはファンとアーチスト、という関係だったんです。兄妹で苦笑い。『僕たち(私たち)なかなか恋するのも難しいね』と言っているようです。

 邦題のイメージから「青春ソング」かなと思ってたのですが、そうではなく、音楽が好きで子供のときから音楽・ショービジネス界で生きてきた兄妹カーペンターズ自身が内面を告白している歌だったんですね。リチャードによれば生前のカレンが最も気に入っていた曲だったといいます。

 二人にはいい恋を見つけてほしいと思いましたが…そのあとのカレンの生涯を考えるとちょっと聴くのが辛い曲ですね。“I Need To Be In Love”...「Need」を使っているところが「恋もしたことない私は人間としてどうなんだろう?」なんて迷いを持っていたのかなと思います。

 作者には「カリフォルニアの青い空」の作者でありシンガーのアルバート・ハモンドの名前が連ねられてます。もしかすると、リチャード自身の告白はもっと赤裸々なもので、それをアルバートらがきれいな曲に仕立てたのかもしれませんね。

 アルバム「見つめあう恋」発表の70年代では「隠れた名曲」だったのですが1985年に野島伸司脚本のドラマ「未成年」に「Top Of The World」と「青春の輝き」が主題歌に使われたことから再度多くの人が聴くこととなり、日本ではカーペンターズの代表曲の1つとなりました。1995年に日本で発売したベストアルバムにも「青春の輝き~ベスト・オブ・カーペンターズ」というタイトルが付けられ1曲目に収録されています。


★文化放送 All Japan Pop20ではこの曲は残念ながら2位どまり。

1位はBCR、この曲強かったからな~。3位もBCR。クイーン、オリビアも有名曲がチャートイン。7位ソウル・ドラキュラ懐かしい。13位スージー「恋はドッキリ」。原題は何かなと当時調べたら「Tear Me Apart」だった。15位アルバム「ROCKS」からラスト・チャイルド。20位スイート「恋はだましあい」の原題は「The Lies In Your Eyes」。

1976年9月 All Japan Pop20 放送分

1 ロックン・ロール・ラブ・レター ベイ・シティ・ローラーズ
2 青春の輝き カーペンターズ
3 ラブ・ミー・ライク・アイ・ラブ・ユー ベイ・シティ・ローラーズ
4 マイ・ベスト・フレンド クイーン
5 ジョリーン オリビア・ニュートン・ジョン
6 ミスター・メロディー ナタリー・コール
7 ソウル・ドラキュラ ホット・ブラッド
8 ラブ・イズ・ブラインド ジャニス・イアン
9 恋のデュエット エルトン・ジョンとキキ・ディー
10 心のラヴ・ソング ポール・マッカートニー&ウイングス
11 雨の日のニューヨーク シカゴ
12 幸せのノック ポール・マッカートニー&ウイングス
13 恋はドッキリ スージー・クアトロ
14 ガット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ ザ・ビートルズ
15 ラスト・チャイルド エアロスミス
16 アフタヌーン・デライト スターランド・ヴォーカル・バンド
17 ショップ・アラウンド キャプテン&テニール
18 16小節の恋 スタイリスティックス
19 恋にノー・タッチ エリック・カルメン
20 恋はだましあい スイート

ステージでの「青春の輝き」" fool enough to think that's What I'll find…"の"Fool"で自嘲気味に笑って歌うカレンがせつないです。
↓↓↓↓


*ドラマ「未成年」のエンディングで「青春の輝き」が流れます。(1995年 TBS系列 脚本:野島伸司) いしだ壱成、香取慎吾(SMAP)、反町隆史、河相我聞、北原雅樹、桜井幸子、遠野凪子、浜崎あゆみ。映画「Stand By Me」を意識した作り。
僕は桜井幸子さんが好きで見ていた。思い出したぞ。「あゆ」が令嬢役で赤ちゃんを身ごもっちゃうんだよな。野島ドラマは「高校教師」「人間失格」「未成年」の3つを指して「野島三部作」と言うらしい。

14027186_1626458204312023_1130052997_n.jpg


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia 青春の輝き
・Wikipedia I Need To Be In Love
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一番綺麗な曲( ̄□ ̄;)!!

一番綺麗な曲ですが?カレンの人生感が表れていると言われていますが・・・
本当にカーペンターズはカレンの歌声もあり、好きであり、素晴らしいと思います。
パンクバンドを私がしていても、バリバリのローラーでも、エレポップでも、ラッパーでも、カーペンターズには敵わない。
歌詞♪内容は暗いんですが、本当にいい最高に
\(◎o◎)/

青春の輝き

yazoo-bf-109さん、コメントありがとうございます。カレンとリチャードの心の中を吐露する歌詞ととらえると…“青春の輝き”という邦題も言いえて妙な感じです。カーペンターズの兄妹には青春ってあったのだろうか…? 青春の一瞬のきらめきのような輝き、二人は欲しかったのかもしれませんよね…。

v(・・;) Sidへ

君はカーペンターズも聴いたことあるだろ?マイケル・ジャクソンのBenも?ベイシティローラーズも?いろいろ綺麗な歌を?
俺だって君たちの歌を聴くまでトワエモア、中村雅俊、拓郎、揚水なんかを聴いていたけど何かに目覚めてドップリはまって!感動したんだ。
君もマイウェイを!パンカーとして素晴らしくアレンジして歌ってたよね。映画アウトサイダーのように、わき上がる日の出も見たことないとは、言わせないよ!綺麗な星、空には一瞬童心戻り感銘したときもあった?夜に一回ぐらい夜空の星を見た?騙されず!操られず!本当のマイウェイ🎤を行ってくれれば良かったのに!飾りすぎたSid

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カーペンターズ兄妹の青春

rickさん「青春の輝き」へのコメントありがとうございます。メロディもカレンの歌声も素敵な曲で邦題が「青春の輝き」なので、輝いていた青春を思い出してる歌なのかな?と想像してしまいますね。僕も訳してビックリしました。でもカーペンターズ兄妹の青春の歌であるのは間違いありませんね。今は歌の意味を知ったうえで、この曲を耳にするときはとても感慨深い想いに包まれます…。

未成年

ドラマ「未成年」は1985年ではなく1995年ですね。


失礼しました!

通りすがりさん!ありがとうございます(^_^;)。直しますね。