【追悼】The One You Love / 恋人 (Glenn Frey / グレン・フライ)1984



I know you need a friend,
someone you can talk to
Who will understand
what you're going through

When it comes to love,
there's no easy answer
Only you can say what you're gonna do

君は誰か相談できる人がほしいんだね
これから経験することを
わかってくれる誰かを

でもこれが恋って話になると
そう簡単なことじゃない
君が話せるのは
何をするかってことだけなんだ

I heard you on the phone,
you took his number
Said you weren't alone,
but you'd call him soon

Isn't he the guy,
the guy who left you cryin'?
Isn't he the one who made you blue?
When you remember
those nights in his arms
You know you gotta make up your mind

君が電話で話してるのを聞いたよ
君は奴に電話してたんだろ?
今ひとりじゃないから
あとですぐにかけ直すって話してたんだ

そいつなんだろ?
君を泣かせる奴はそいつかい?
君を悲しませてる奴なのかい?
奴の腕に抱かれた夜のことを思い出し
君は決心したんだね

Are you gonna stay
with the one who loves you
Or are you goin' back to the one you love?
Someone's gonna cry
when they know they've lost you
Someone's gonna thank the stars above

君を愛してる男とこのまま一緒にいる?
それとも愛した男の元に戻るかい?
誰かは君を失ったことを知って泣くだろう
誰かは夜空に瞬く星に感謝することになる

What you gonna say when he comes over?
There's no easy way to see this through
All the broken dreams, all the disappointment
Oh girl, what you gonna do?

奴が急に現れたら君は何て言うのかい?
この状況を切り抜けるのは簡単じゃないよ
夢は壊れてしまい 大きな失望に包まれる
ああ 君はどうするつもりなんだい?

Your heart keeps sayin' it's just not fair
But still you gotta make up your mind

君の心はそんなのおかしいと叫び続ける
でも もう心を決めるときなんだよ

Are you gonna stay
with the one who loves you
Or are you goin' back to the one you love?
Someone's gonna cry
when they know they've lost you
Someone's gonna thank the stars above

君を愛してるこの僕とここにとどまるか?
それとも
君が愛したアイツのところに戻るのかい?

誰かは君を失ったことを知って泣いて
また
別の誰かは夜空に瞬く星に
感謝することになるんだ

Songwriters: FREY, GLENN LEWIS / TEMPCHIN, JACK
The One You Love lyrics © Warner/Chappell Music, Inc., Universal Music Publishing Group

go through=苦難など経験する
come over=ふらっと立ち寄る

Released in 1982
US Billboard Hot100#15
From The Album“No Fun Aloud”

220px-GlennFreyNoFunAloud.jpg

この曲はじっくり聴いてしまうな…。

***************** 

イーグルスはアルバム「The Long Run」を作っている時点ですでに終わっていた…と聞きますが、正式に解散を発表したのが1982年5月。すでにこのときはGlennは1stソロアルバム「No Fun Aloud」はもう録り終えていて、プロモーションに入っていた頃だといいます。「No Fun Aloud」は「I Found Somebody」から始まり、2曲めがこの「The One You Love」。チャート的には1stシングルの「I Found Somebody」は最高位31位でした。
 「No Fun Aloud」がGlennのやりたい音楽の詰まったアルバム!という感じで、Eagles時代と比べてソウルやR&B色が強くなった感じでした。でもその半面、なんか僕にはアルバム通して聴くのはつらく、「あっ僕はEaglesの音楽、アルバムが好きだったんだな」と自覚した覚えがあります。アルバム10曲あるとすると、Don Henlyの曲が4、Glennが3曲、Joe Walshが1曲、Randy(or Timothy)が1曲って感じで。えっ計算合わないって?9曲じゃないかって?それはバーニー・レドンのために1曲取ってあるのです。

彼女は
The One Who Loves You=主人公の男
The One You Love=もう一人の男
とどちらの元に行くのでしょうか?

そして、彼はどちらの「Someone」になるのでしょうか?
「Someone's gonna cry when they know they've lost you」
「Someone's gonna thank the stars above」

哀愁のサックスが物悲しいです。

★The One You Loveが最高位15位を記録した週のチャートです。

1位はMen At Workに替わって「愛と青春の旅立ち」。3週連続1位のあとはこの週10位のライオネル「Truly」が1位に。7位の「Heatlight」は映画ETを観て作った曲(サントラではない)。14位Diana「Muscles」中山きんにくんはこの曲をテーマソングにすればいいのに(!?)。19位マイケル・マーフィーの久しぶりのヒットで懐かしい。

US Top 40 Singles November 6, 1982

1 5 UP WHERE WE BELONG –•– Joe Cocker and Jennifer Warnes
2 1 WHO CAN IT BE NOW –•– Men At Work
3 6 HEART ATTACK –•– Olivia Newton-John
4 4 I KEEP FORGETTIN’ –•– Michael McDonald
5 2 JACK AND DIANE –•– John Cougar
6 3 EYE IN THE SKY –•– The Alan Parsons Project
7 10 HEARTLIGHT –•– Neil Diamond
8 8 YOU CAN DO MAGIC –•– America
9 13 GLORIA –•– Laura Branigan
10 14 TRULY –•– Lionel Richie

11 11 BREAK IT TO ME GENTLY –•– Juice Newton
12 12 GYPSY –•– Fleetwood Mac
13 7 SOMEBODY’S BABY –•– Jackson Browne
14 18 MUSCLES –•– Diana Ross
15 16 THE ONE YOU LOVE –•– Glenn Frey
16 9 I RAN (So Far Away) –•– A Flock Of Seagulls
17 20 LOVE COME DOWN –•– Evelyn King
18 22 YOU DON’T WANT ME ANYMORE –•– Steel Breeze
19 19 WHAT’S FOREVER FOR –•– Michael Martin Murphey
20 23 AMERICAN HEARTBEAT –•– Survivor

この曲のPVです。
↓↓↓↓


アイルランド、ダブリンでのライヴ。
↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia No Fun Aloud
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

1982 秋 FEN

10月の昼下がり、ラジオからこの曲が流れた時、イントロにかぶせてDJ氏が ’Glennフライ former the Eagles,
but I wanna say Glennフレイ' と言ってました。
違和感を持った人アメリカでもいたんですね。僕もそうでした。
解散してソロになったことを印象づける変更でした。

No title

森さん、コメントありがとうございます。
印象に残った記憶ですね。ソロでも才能を発揮する人たちですが、一緒にグループを作り曲を作り歌うことにより奇跡が生まれます。新しい軌跡がもう観れないと思うと残念…そんな想いだったのでしょうか。イーグルスはその後も数年に渡り、新曲の入ったアルバムを出してくれました。嬉しかったけど、やっぱり奇跡は起きなかった…ですよね…。