Same Old Lang Syne / 懐かしき恋人の歌 (Dan Fogelberg / ダン・フォーゲルバーグ)1981



Met my old lover in the grocery store
The snow was falling Christmas Eve
I stole behind her in the frozen foods
And I touched her on the sleeve

スーパーマーケットで昔の恋人に会った
雪の降るクリスマスイヴの夜のこと
僕は冷凍食品の後ろからこっそり近付き
彼女の袖を引っ張ってびっくりさせたんだ

She didn't recognize the face at first
But then her eyes flew open wide
She went to hug me
and she spilled her purse
And we laughed until we cried.

彼女は僕の顔を最初は気付かなかったけど
わかったみたいで目を大きく見開いた
抱きついてきて
財布の中身をぶちまけちゃった
僕たち笑いすぎて泣いちゃったね

We took her groceries
to the checkout stand
The food was totalled up and bagged
We stood there lost in our embarrassment
As the conversation dragged.

彼女の買った食料品をレジに持っていき
支払ってバッグにつめた
僕たちは これからどうしようって困って
立ったまま他愛のない会話を続けたね

We went to have ourselves a drink or two
But couldn't find an open bar
We bought a six-pack at the liquor store
And we drank it in her car.

ちょっとお酒でもと思ったんだけど
開いているバーも見つからない
そこで酒屋さんで6本パックの缶を買って
彼女の車の中で飲むことにしたんだ

We drank a toast to innocence
We drank a toast to now
And tried to reach beyond the emptiness
But neither one knew how.

僕たちの変わらぬ純粋な心に乾杯し
今の僕たちに乾杯したね
気まずい空気を打ち消そうとしたけど
二人ともその術がわからなかったね

She said she'd married her an architect
Who kept her warm and safe and dry
She would have liked to say
she loved the man
But she didn't like to lie.

彼女は建築家と結婚したって言った
優しくて堅実で真面目な人だと言っていた
でも彼を愛してるとは言えなかった
彼女は嘘をつけない人だから

I said the years had been a friend to her
And that her eyes were still as blue
But in those eyes I wasn't sure
if I saw doubt or gratitude.

それじゃあ元気に過ごしてたんだねって
彼女に言った
彼女の瞳は変わらずブルーだったしね
その瞳のなかに何かを見たけど
疑ってたのか嬉しさなのかは
わからなかった

She said she saw me in the record stores
And that I must be doing well
I said the audience was heavenly
But the traveling was hell.

彼女は僕をレコード店で見かけたそうだ
元気にやってるんだって思ったって
僕は聴いてくれる人は皆いい人達だけど
ツアーの過酷さは地獄だ
と言ってしまったよ

We drank a toast to innocence
We drank a toast to now
And tried to reach beyond the emptiness
But neither one knew how.

We drank a toast to innocence
We drank a toast to time
Reliving in our eloquence
Another 'auld lang syne'...

僕たちの変わらぬ純粋な心に乾杯し
今の僕たちに乾杯した
黙ってる時間をなんとかしたかったんだ
二人ともどうしていいかわからずに…

僕たちが今でも持ってる純粋さに乾杯し
過ごしてきた時に乾杯した
再びおしゃべりを楽しんで
再会を誓いあったんだ…

The beer was empty
and our tongues were tired
And running out of things to say
She gave a kiss to me as I got out
And I watched her drive away.

ビールを飲みきり 僕たちはしゃべり疲れた
たいがいのことはすべて話してしまった
彼女は僕にキスしてくれて
僕は車の外に出た
そして彼女が車で去るのを見届けたのさ

Just for a moment
I was back at school
And felt that old familiar pain
And as I turned to make my way back home
The snow turned into rain --

ちょっとの間だけでも
学生時代に戻った気分だった
昔の懐かしい心の痛みを感じてたんだ

さて...僕も帰ろうかと振りむいた時に、
ちょうど 雪が雨に変わっていったんだ...

Songwriters: Fogelberg, Dan

Same Old Lang Syne lyrics c EMI Music Publishing

total up=合計する
drag=だらだら長く続く
would have liked to
=~したかった、けどできなかった
relive=甦る 追体験する
eloquence=雄弁

Released in 1981
US Billboard Hot100#9
From The Album“The Innocent Age”

innocentage.jpg

「めったPOPS」クリスマス・ソング特集2016。
寒いなか外を歩くのもイヤですが、街のライトアップに思わず見とれてしまったりもする季節です。これまで和訳してきたクリスマス・ソングのリバイバル+新作数曲を、クリスマス当日まで1曲ずつご紹介していきます。お楽しみに~!(待ちきれない人は、右ナビゲーションの「クリスマス・ソング」カテゴリをどうぞ)

**************

 この曲「懐かしき恋人の歌」は最初にシングルとしてリリースされ全米9位を記録。好きでしたね~。そしてこの曲の入ってるアルバムが出るっていうんで「絶対に買う!」と決意してたら、なんとレコード2枚組。2枚組は当時¥3,800か¥4,000。お小遣いが一発で吹っ飛びます。悩んだ末購入。たしか最寄駅のレコード屋さんで予約購入し、2枚組のずっしりとした重さを噛みしめながら家に急いで帰った覚えがあります。
 白いジャケットは汚しちゃいけないって人に貸すのをためらったなあ。真ん中の絵の部分はエンボス加工でちょっとでっぱってたような気がする。触る時にも「純真さ」を表す「白」を汚しちゃいけないと神経使いました・・すでにその時は、「風に呼ばれた恋(Hard To Say)」はヒットしていてこれもイーグルスのグレン・フライのバックボーカルがよくて好きだったですね。LPでいうとB面が秀逸でこの曲と、「Run For The Roses」とマーチングバンドの音が入る「Leader Of The Band」が好きで一番よく聴いてました。そしたらやっぱり!この2曲はその後シングルカットされてチャートインしましたよね。

 Same Old Lang Syneに話を戻します。イヴの夜に昔の恋人に偶然再会して…そのときの思いについては当時の若い僕にはなんとなくしかわかりませんでした。でも2人の再会、過去と現在に乾杯!そして再会を誓いあった二人、彼女を見送ったあと、帰ろうと思ったら…雪は雨に変わった…っとここで、マイケル・ブレッカーのサックスが入ってオリジナルの「Auld Lang Syne」のメロディが…。甘酸っぱい気持ちが哀愁を帯びて…。名曲だと思います。
 この曲、訳詞ブログを初めてから、クリスマスシーズンに訳したいと思っていた1曲でした。

 そして来る12月16日は、数年間の闘病生活のあとダン・フォーゲルバーグがこの世を去った日です。(死因は前立腺癌とのこと)

 クリスマス・イヴを舞台にした素晴らしい曲をありがとう。
 R.I.P Dan Fogelberg!

*Same Old Lang Syneが最高位9位になった週のチャートです。

 Koolのセレブレーションを蹴落として、ドリーパートン9 to 5が1位。翌週はエディラビットの「雨の夜が好き」が1位。ちなみにその後はREOが1位になり、いよいよJohnの「Woman」が1位に!と思ってたら、この週19位のBlondieさんRaptureが追い抜いて1位になってしまい、Womanは残念ながら2位止まり(泣)。いい曲がチャートインしていましたね。

US Top 40 Singles February 21, 1981

1 2 9 TO 5 –•– Dolly Parton
2 3 I LOVE A RAINY NIGHT
–•– Eddie Rabbitt
3 1 CELEBRATION –•– Kool and the Gang
4 6 WOMAN –•– John Lennon
5 4 THE TIDE IS HIGH –•– Blondie
6 8 KEEP ON LOVING YOU
–•– REO Speedwagon
7 12 THE BEST OF TIMES –•– Styx
8 9 GIVING IT UP FOR YOUR LOVE –•– Delbert McClinton
9 11 SAME OLD LANG SYNE
–•– Dan Fogelberg

10 10 HEY NINETEEN –•– Steely Dan

切々と歌うDan Fogelberg
↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Same Old Lang Syne
・Wikipedia The Innocent Age
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

なつかしい・・・

なつかしいです。

Just for a moment
I was back at school
And felt that old familiar pain

という部分が自分自身の学生時代の思い出とかぶって
ちょっぴり切ないです。
ほんと名曲ですね。バンドリーダーの贈り物と並んで好きな曲です。

トップ10懐かしい曲ばかりです。
スティーリーダンも10位に入ってたんだ・・・
あと、僕も2枚組アルバムを買うときの覚悟、思い出しました。

ところで、彼女、飲酒運転にはなってないですかね(笑)

名曲であっても

demaさん、そうですよね、「覚悟」入りましたね!でもハズレもしばしば。2枚組のジャケットに仕掛けがあったり、開いた時のアートワークが凄かったりすると買ってよかったなーと思いました。

↓↓↓ 名曲であっても犯罪を許すな!

(PS)罪状「飲酒運転」。友人とスーバーマーケットで6本入り缶ビールを購入。車の中で飲酒。摂取量(推定)1リットル強(350ml×3本)

クリスマス、忘年会シーズン、飲酒の機会が多くなります。飲んだら乗るな。あなたの「まっいいか」が大事故につながります!

懐かしき恋人の歌

「懐かしき恋人の歌」名曲ですねぇ。
もちろん曲もメロディも、歌も素晴らしいのですが、歌詞も曲にぴったりとした良い歌詞です。(飲酒運転はちょっとおいておきますが・・・)
曲のエンディング「The snow turned into rain --~サックス」は何度聴いても感動ものです。

クリスマスの物語

星船さん、コメントありがとうございます。クリスマスソングのなかでも、物語のある曲です。イヴの偶然の再会、別れたあとのそれぞれの人生、必ずしもいいことばかりじゃないけど、、でも久しぶりに会えて話せたことで、甘酸っぱい気持ちとまた前向きに生きていこう、と思えたのではないでしょうか。曲と歌詞の締めくくりも余韻ありますねー。
アルバム名“Innocent age”にある“innocent”という単語。あの頃、夢中で無邪気で純粋だった。二人が“Innocentに乾杯!”っていう歌詞も好きです。

それぞれのクリスマス

ダン・フォーゲルバーグ、聞いた事あるはずだけど、曲と名前が一致せず、別カテで・・「Longer」の人でしたか!?ってあの有名曲「Longer」っていいましたか!
スミマセン、これだから、うわべだけの洋楽好きは(-_-;)

「Same Old Lang Syne」とっても素敵ないい曲ですね~。
クリスマスの数時間のストーリー、まだ若くて無邪気だった頃のふたり・・今は違う道を歩いているけど、
懐かしい人への優しい気持ち、少し複雑な気持ちも伝わって・・
どこか切なくてほろ苦い、胸がきゅんとなるような詩ですね。
曲も詩も全編作者の優しい人柄が伝わるようです。
物語を読む様に歌詞を追いました。
本当に歌詞がわかるっていいなあ、解って聞くって曲の魅力が何倍にもなって、
もっとその楽曲が好きになるってことなんだなあ~と改めて思う曲でした。^^

クリスマスソング特集、楽しませてもらっています(^^♪

どうぞめったさんも良いクリスマスをお過ごしくださいね!

よいクリスマスを!

mayさん、コメントありがとうございます。この曲は毎年のクリスマスシーズンにやっぱり聴きたくなってしまう曲です。
我が家的にはチキン食べて、ケーキ食べてのクリスマスは昨晩で終了(^_^;)。ヒートテックのプレゼントももらいました(実用的)。今日と明日は仕事ですな!
mayさんも、よいクリスマスを!

やっぱりクリスマスは

昨年もコメントさせていただきましたが、クリスマスソングは沢山ありますがやっぱりクリスマスにはこの曲が強く印象に残っています。
メロディや歌ももちろん素晴らしいですが、めったさんの歌詞を見てから歌詞にもグッとくるようになりました。いつもこの時期に聞く名曲です。

No title

 星船さん、昨年に続いて・・ありがとうございます! 作者がこの世を去ってしまっても、聴きつがれていくステキな曲。
僕 も今年もまた取り上げましたが、今年もまた、どなたかとこの曲の出会いが作れたらうれしいなあと思っています。

No title

めったさんこんばんは。
私のブログが1981年2月28日付のチャートの週になりました。
この"Same Old Lang Syne"を紹介するのですが、私この曲の歌詞の大好きで、勝手ながらリンクさせていただきました。
いつも勝手にリンクしてすみません。これからもよろしくお願いします。

No title

星船さん、あの頃の純粋さに乾杯!ってなんかグッときますよね。でも、思ったより話は弾まなくて、、だって今の彼女の心の虚しさを聞いても自分には何もできないし、しちゃいけないから。本当に今でも“純粋”だったら話が尽きるなんてことはなかったかもしれない。でもそんなこと後悔したってしかたないし、もう学生時代でもないんだから。ありがとう、楽しかったって彼女がキスをしてくれた。その余韻が醒めないように、、と思っていたのに、雪が雨に変わり、、、とここでサックス🎷! もう、なんて素敵なタイミングで入ってくるものかな!