Christmas Song / クリスマス・ソング (Gilbert O'Sullivan / ギルバート・オサリバン)1974



I'm not dreaming of a white Christmas
I'm not dreaming of a white Christmas
All I'm dreaming of the whole day long
Is a peaceful world

ホワイトクリスマスなんて夢見ないよ
ホワイトクリスマスじゃなくたっていい
僕が一日じゅうずっと夢見てるのは
平和な世界になればいいってこと

Merry Christmas,
and Happy New Year
To those of you who live in fear
And let us hope that very soon
The peace you seek will then resume

メリー・クリスマス そして
ハッピー・ニュー・イヤー
怖がって暮らしている人にもそう言うよ
あなたのもとへ
平和がすぐに戻ってくるって信じよう

I'm not dreaming of a white Christmas
I'm not dreaming of a white Christmas
All I'm dreaming of the whole day long
Is a peaceful peaceful world

ホワイトクリスマスなんて夢見ないんだ
白い雪が降ってこなくたってかまわない
僕が一日じゅうずっと夢見てるのは
平和な世界になればいいってことだけさ

(I'm not dreaming of a white Christmas
I'm not dreaming of a white Christmas
All I'm dreaming of the whole day long
Is a peaceful world)

Merry Christmas, and Happy New Year
To those of you who live in fear
And let us hope that very soon
The peace you seek will then resume

メリー・クリスマス そして
ハッピー・ニュー・イヤー
怖がって暮らしている人にもそう言うよ
あなたのもとへ
平和がすぐに戻ってくるって信じよう

I'm not dreaming of a white Christmas
I'm not dreaming of a white Christmas
All I'm dreaming of the whole day long
Is a peaceful peaceful world

ホワイトクリスマスなんて夢見ないんだ
白い雪が降ってこなくたってかまわない
僕が一日じゅうずっと夢見てるのは
平和な世界になればいいってことだけさ

Songwriters: O'Sullivan, Gilbert
Christmas Song lyrics © EMI Music Publishing, Sony/ATV Music Publishing LLC

resume=取り戻す

Released in 1974
UK Single Chart#12
From The Album"Greatest Hits"

Gilbert+OSullivan+-+Greatest+Hits+-+LP+RECORD-472299.jpg

「めったPOPS」クリスマス・ソング特集2016。
寒いなか外を歩くのもイヤですが、街のライトアップに思わず見とれてしまったりもする季節です。これまで和訳してきたクリスマス・ソングのリバイバル+新作数曲を、クリスマス当日まで1曲ずつご紹介していきます。お楽しみに~!(待ちきれない人は、右ナビゲーションの「クリスマス・ソング」カテゴリをどうぞ)

**************

 僕のなかでは「クリスマスシーズンじゃないのに聴いたクリスマスソング」。聴いた回数は一番多いかもしれない。
 というのは、ギルバート・オサリバンのレコードで初めて買ったのが、このみどりの縁取りのあるギルバートのベストアルバムだから。このレコードもすり減るくらい聴いた。

これだ、これだ!Alone AgainがA面トップに入っているから必然的にA面をよく聴くことになり、2曲めがクレア。女の子(クレア)の笑い声で終わったら、この曲が始まる。このレコードに収められている曲は皆思い出深い。

Gilbert O'Sullivan Greatest Hits Japan vinyl LP album (LP record)
(Side A)
1. Alone Again Naturally
2. Clair
3. Christmas Song
4. We Will
5. Nothing Rhymed
6. Why, Oh Why, Oh Why
7. I Don't Love You But I Think I Like You

(Side B)
8. To Each His Own
9. Get Down
10. Matrimony
11. Ooh-Wakka-Do-Wakka-Day
12. No Matter How I Try
13. Ooh Baby
14. Out Of The Question

歌詞はいたってシンプルです。平和な世の中を望む!ってただそれだけ。
今回インターネットから歌詞を拾ったけど、このレコードでは、歌詞が
「平和な世界(Peaceful World)」ではなく「平和なクリスマス(Peaceful one)」だったような気がします。

このLes Dawsonさんはコメディアンなのかな。デビュー当時のギルバートの服装を真似てます。3:17頃からGilbert O`Sullivan with Les Dawson - Christmas 1974
↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Christmas Song
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

めったさん こんにちは。

優しい気持ちになれる、素敵な歌ですね。
すみませんが初めて聴きましたが、すっと耳に入ってきますね。

特に In fear な状況で暮らす人たちの上にも平和なクリスマスの祈りが届きますように、という思い。
この曲が作られた当時から相当な年月が経っているわけですが、世界のあちこちにはまだまだ民族紛争などの火種がありますね。
悲しいことです。

では。

Peaceful World

はるちゃん、コメントありがとうございます。

 Do They Know It's Christmas?も、そのまんまの訳だと「彼らはクリスマスだって知ってるのか?」なのですが、歌の趣旨は「救いの手を求めてる人がこの世界には沢山いるんだ」ということでした。
 ギルバートのこの曲は後半に子供たちのコーラスが入ります。
子供たちが、
All I'm dreaming of the whole day long
Is a peaceful world
と歌ってるのを聴くと「そうだよな~」とより実感するのものがありますね。シンプルな歌詞なので各国で沢山の人に歌ってほしいと思います。それも「真の平和」(Peaceful World)に近付く小さな力にはなることを願います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます