More Than I Can Say / 星影のバラード (Leo Sayer / レオ・セイヤー)1980



Whoa whoa, yea yea
I love you more than I can say
I'll love you twice as much tomorrow
Oh, love you more than I can say

ああ
言葉で言うよりもっと君を愛してる
明日には今日の2倍愛してる
言葉で言うよりもっと君を愛してるんだ

Whoa whoa, yea yea
I'll miss ya ev'ry single day
Why must my life be filled with sorrow
Oh, love you more than I can say

ああ
毎日毎日君が恋しいんだ
僕の人生 なんで悲しみばかりなのか
言葉で言えるより君が恋しいんだ

Ah, don't you know I need you so
Oh tell me please I gotta know
Do you mean to make me cry
Am I just another guy

どんなに君が必要か、わかるかい?
お願いだから教えて 知りたいんだ
僕を泣かせるつもりなの?
それとも僕はその他大勢の一人なの?

Whoa whoa yea yea
I miss you more than I can say
Why must my life be filled with sorrow
Oh oh, love you more than I can say

ああ
言葉で言えるよりもっと君が恋しい
なんで僕の人生悲しみだらけなの?
言葉で言えるより君が恋しいんだ

Oh don't you know I need you so
So tell me please, I gotta know
Do you mean to make me cry
Am I just another guy

どんなに君が必要か、わかるかい?
お願いだから教えて 知りたいんだ
僕を泣かせるつもりなの?
それとも僕はその他大勢の一人なの?

Whoa whoa, yea yea
I love you more than I can say
I'll love you twice as much tomorrow
Whoa, love you more than I can say

言葉よりも君を愛してるんだ
明日には2倍も愛してるんだ
言葉よりも君を愛してるんだ

I'll love you more than I can say
I'll love you more than I can say........

(More than I can say)
I'll love you twice as much tomorrow
(More than I can say)
I'll love you twice as much tomorrow
(More than I can say)
I love you more than I can say
(More than I can say)
I love you more than words can say
(More than I can say)
I love you more than I can say

Songwriters: CURTIS, SONNY / ALLISON, JERRY
lyrics c Warner/Chappell Music, Inc., EMI Music

Released in 1980
US Billboard Hot100#2
From The Album
“ Have you ever been in love”

220px-More_Than_I_Can_Say.jpg


 星影のワルツは千昌夫、星影のバラードはレオ・セイヤーなのです。この曲の訳は全米トップ40にハガキで送ったら…DJの湯川れい子さんが僕の訳を読んでくれた!思い出の、そして感動の1曲なのでした!

歌詞では
I'll love you twice as much tomorrow
とか
Why must my life be filled with sorrow
とか
高校生が思わず訳したくなる?英文で
「Tomorrow」と「Sorrow」の「韻」とか
思わず歌ってみたくなる。
メロディ、アレンジ、コーラスもPOPSの魅力が詰まってます。


Top Of The Pops でのLeoのライブ(1980)マイク放り投げるパフォーマンスもあり。
↓↓↓↓


Bobby Veeのオリジナル「More Than I Can Say」1959 Billboard Hot100#61
↓↓↓↓



(この記事の参考にしたページ)
・Wikipedia More Than I Can Say
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

ありがとう!

遂に聞けました。80年代初頭、ベッドサイドのラジオからよく聞いた忘れられない曲。レオ・セイヤーで検索してたどり着きました。もう一度聞きたい聞きたいと思い続けていたので、きょうは嬉しいです。哀調を帯びたメロディー、張りのあるボーカル、渋いギターが印象的で、しばしば頭の中で頭の中で鳴っていたのです。恥ずかしながら歌詞の意味を初めて知りました。学生時代に原詩を見ていたらもっと共感し、思い入れも深まっていたろうと思います。Bobby Veeのオリジナルがあったんですね。これもびっくり。でもレオヴァージョンの方がいいなぁ。有り難うございました。

よろしくお願いします!

Kenさん、コメントありがとうございます!
このブログがお役にたてて光栄です。レオの声やメロディ、バックのギター、ゆったりとした感じ、なかなか忘れられない一曲ですよね!
全米1位になれなかった分、僕にとってもだからこその名曲という想い出があります。
これからもよろしくお願いいたします!

この曲はバディ・ホリーのバンド、クリケッツのメンバーが1959年に書いた曲でクリケッツが1960年にシングルを出して、UKチャートで26位になっています
ボビー・ヴィーは1961年にカヴァーして、ビルボードで61位、UKチャートで4位になっています

ありがとうございます

?さん、情報をありがとうございます。ボビー・ヴィーはオリジナルじゃなかったんですね。失礼いたしました。ウィキペディアを見てみたら、そうなってました。しっかり調べないとダメですね(^_^;)。