Nineteen Hundred and Eighty Five / 西暦1985年 (Paul McCartney &Wings / ポール・マッカートニー&ウイングス)1973



Oh, no one ever left alive
In 1985 will ever do
She may be right,
She may be fine
She may get love
But she won't get mine cos I got you

Whoa-oh-oh I...
Oh-oh-oh I...
Well I just can't get enough of that sweet stuff
My little lady gets behind

誰も生き残ってる人はいないんじゃない?
1985年になったら...

彼女はたぶん正しい
彼女はたぶん頭のいい娘だから
彼女はたぶん愛だってつかめるんだ

でも彼女だって僕の愛はつかめない
だって僕には君がいるからさ

Whoa-oh-oh 僕は…
Oh-oh-oh 僕にはね…
彼女の甘い魅力だって僕には効かないよ
僕の可愛いあの子が後ろにいてくれるんだ

Shake it...
Make it already kid...

よく考えて
うまくやらなきゃ

Ah, my mama said the time would come
When I would find myself in love with you
I didn't think, I never dreamed
That I would be around to see it all come true
Whoa-oh-oh I...
Oh-oh-oh I...
Well, I just can't get enough of that sweet stuff
My little lady gets behind

ああ僕の母さんが時が来たって教えてくれた
恋してる今 自分がよくわかるはずってさ
そんなこと思ってなかったし
夢にも思っていなかったんだ
Whoa-oh-oh 僕は…
Oh-oh-oh 僕にはね…
彼女の甘い魅力だって僕には効かないよ
僕の可愛いあの子が後ろにいてくれるんだ

(Yeah...)

Oh, no one ever left alive
In 1985 will ever do
She may be right,
She may be fine
She may get love
But she won't get mine cos I got you

Whoa-oh-oh I...
Oh-oh-oh I...
Well I just can't get enough of that sweet stuff
My little lady gets behind

誰も生き残ってる人はいないんじゃない?
1985年になったら...

彼女はたぶん正しい
彼女はたぶん頭のいい娘だから
彼女はたぶん愛だってつかめるんだ

でも彼女だって僕の愛はつかめない
だって僕には君がいるからさ

Released in 1973
From The Album"Band On The Run"

Paul_McCartney__Wings-Band_on_the_Run_album_cover.jpg

PaulのOne On One Tour In Japan! 東京ドーム3日間です。(27、29、30日)

↓↓↓↓↓ (この記事はリバイバル掲載です)


 アルバム「Band On The Run」のラストの曲「西暦1985年」。発表が1973年だから当時で12年後にはもう世界が終わってるかな?ってことも歌っている。「ノストラダムスの大予言」とか関係しているのかな?と思いましたが、こちらも発表は1973年で同じ年なので関係はないだろう。でもポールの厭世感がこの曲を書かせたんだろうと思います。

 軽快なピアノで始まり、ポールの真骨頂、組曲のように曲がつながっていきます。後半オーケストラも入り、そして、終わったかなと思ったら“Band On The Run~♪”が入り、フェード・アウト。アルバムのトータル感を作っています。
 演奏はベースもドラムもポール。このアルバム製作も、リンダとデニー・レインと3人だもんな。
 ポールのツアーではほぼマストでやる曲。それだけ本人も思い入れがあるんだろうな。

Paulの6月のNY公演のセットリストを再掲。
これに新曲「NEW」が入って、どうなるだろう?
Paul McCartney(小)まつりは、来日公演までにちょくちょくやっていくつもりです…!

1.Eight Days a Week (The Beatles song)
2.Junior's Farm (Wings song)
3.All My Loving (The Beatles song)
4.Listen to What the Man Said (Wings song)
5.Let Me Roll It (Wings song) ("Foxy Lady" snippet)
6.Paperback Writer (The Beatles song)
7.My Valentine
8.Nineteen Hundred and Eighty-Five (Wings song)
9.The Long and Winding Road (The Beatles song)
10.Maybe I'm Amazed
11.I've Just Seen a Face (The Beatles song)
12.We Can Work It Out (The Beatles song)
13.Another Day
14.And I Love Her(The Beatles song)
15.Blackbird (The Beatles song)
16.Here Today
17.Your Mother Should Know (The Beatles song)
18.Lady Madonna (The Beatles song)
19.All Together Now (The Beatles song)
20.Lovely Rita (The Beatles song)
21.Mrs. Vandebilt (Wings song)
22.Eleanor Rigby (The Beatles song)
23.Being for the Benefit of Mr. Kite! (The Beatles song)
24.Something (The Beatles song)
25.Ob-La-Di, Ob-La-Da (The Beatles song)
26.Band on the Run (Wings song)
27.Back in the U.S.S.R. (The Beatles song)
28.Let It Be (The Beatles song)
29.Live and Let Die (Wings song)
30.Hey Jude (The Beatles song)
Encore:
31.Day Tripper (The Beatles song)
32.Hi, Hi, Hi (Wings song)
33.Get Back (The Beatles song)
Encore 2:
34.Yesterday (The Beatles song)
35.Helter Skelter (The Beatles song)
36.Golden Slumbers (The Beatles song)
37.Carry That Weight (The Beatles song)
38.The End (The Beatles song)

レコーディングのリハーサル風景のPV.(ラストのBand On The Runはなし)
↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia 1985年
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント