Give Me The Night / ギブ・ミー・ザ・ナイト (George Benson / ジョージ・ベンソン)1980



Whenever dark has fallen
You know the spirit of the party
Starts to come alive.
Until the day is dawning
You can throw out all your blues
And hit the city lights.

'Cause there's music in the air
And lots of loving everywhere
So gimme the night. Gimme the night.

夜のとばりが降りる頃はいつでも
パーティーをしたいって思いが甦るのさ
夜が明けるころには
憂鬱なことは消え失せて
街の明かりが思い浮かんでるよ

だって素敵な音楽も流れてきて
愛がここにもあそこにもあるんだ
だからお前の夜を俺にくれよ
お前と今夜一緒にいたいんだ

You need the evening action,
A place to dine, a glass of wine,
A little late romance.
It's a chain reaction.
You'll see the people of the world
Coming out to dance.

'Cause there's music in the air
And lots of loving everywhere
So gimme the night. Gimme the night.

夜にしなきゃいけないことをしよう
ディナーの場所は? グラスワインもいただこう
ちょっとした遅れたロマンスだけど
連鎖反応していくのさ
見てごらん あちこちの人々が
踊りに外に出ていくんだ

なぜって? そりゃあいい音楽が流れてきて
恋があちこちであふれているからさ
だから今夜は俺にくれよ
君の夜を俺に

So come on out tonight
And we'll lead the others
On a ride through paradise.

And if you feel all right
Then we can be lovers 'cause I see that
Starlight look in your eyes.
Don't you know we can fly?
Just gimme the night. Gimme the night.

だから今夜は出かけよう
楽園じゅうあちこちに
他のみんなも連れて行ってしまおう

お前の気分がいいんだったら
俺たち愛し合おう
なぜってお前の瞳に
星の光が映ってるからさ
俺たち空も飛べる気がしないかい?
だからお前の夜を俺にくれよ
今夜 二人で過ごそうぜ

And if we stay together,
We'll feel the rhythm of the evening
Taking us up high.
Never mind the weather.
We'll be dancing in the street
Until the morning light.

'Cause there's music in the air
And lots of loving everywhere.
So gimme the night. Gimme the night...

俺たち今晩一緒に過ごすなら
二人で夜の鼓動を感じよう そいつは
俺たちの気持ちをハイにさせてくれるんだ
天気なんかどうだっていい
街路で踊ろう 朝が来るまで

なぜって? そりゃあいい音楽が流れてきて
恋があちこちであふれているからさ
だから今夜は俺にくれよ
君の夜を俺に

Songwriters: TEMPERTON, RODNEY LYNN
lyrics c Universal Music Publishing Group

hit=思い浮かぶ
chain reaction=連鎖反応

Released in 1980
US Billboard Hot100#4
From The Album“Give Me The Night”

220px-Givemethenight.jpg

220px-George_Benson_Give_Me_the_Night_single.jpg

 クインシージョーンズがプロデュースしたジョージ・ベンソンの「Give Me The Night」。初めて聞いた時『大人の曲~!』って思いました。

 それまで僕にとってジョージ・ベンソンはビルボードTOP40にたまに入ってくるアーチストの1人でした。初めて聞いたのはやっぱり「マスカレード(This Masquerade)」でしたかね。あと「On Broadway」かな。「On Broadway」の方はそんなに好きな歌じゃなかったんだけど、僕の好きなEric CarmenのソロファーストアルバムでEricも取り上げたのでちょっと僕のランクのなかでは順位がアップ!?  アルバム「Give Me The Night」が発表されら直後くらいに、日本公演があって行った記憶があるけど、一番盛り上がった曲が「On Broadway」だったように記憶している。
 クインシーは、このジョージ・ベンソンのアルバムプロデュースの前年(1979)にマイケル「Off The Wall」、この翌年(1981)に自らの「The Dude」(愛のコリーダ)、そして(1982)にマイケルの「スリラー」と、プロデュースするアルバムが売れてましたね。

 「Give Me The Night」はギターも歌も聴かせてくれる曲ですね。「ドゥルトゥルトゥルルルー~」と口ずさみながらその旋律を弾くスタイルは彼の曲には多い。スキャット等、女性のバックボーカルはパティ・オースチン、ギターにリー・リトナーなど豪華なゲストミュージシャンも参加してます。

 8月末~9月初頭の来日公演。すみだトリフォニーホールが12,000円、まだこれは「そんなもんだな」と思うけど、9/1のBluenote TOKYOはディナー・ミュージックチャージ付きでなんと「42,000円」…!これどうなのかな?? 庶民だって、ベンさん(ジョージ・ベンソン)生で聴きたいよ~(*_*;

901George.jpg

ライブでの「Give Me The Night」。ストリングスやホーンセクションも入って豪華。ベンさん(ジョージ・ベンソン)のギターも熱が入ります。
↓↓↓↓


(このブログで取り上げた、他のジョージ・ベンソンの曲)
Nothing's Gonna Change My Love For You / 変わらぬ想い 1984

(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia Give Me The Night
ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

スキャット

George Benson…This Masquerade…この楽曲で…guitarのアドリブ・フレーズとスキャットをユニゾンしてるとこなんて…最高に素敵ですよね♪…哀愁のあるメロディーだな~と感じていたら…Superstarの作者♪レオン・ラッセルでした(^-^)v

ミスター"メロウ"

ベンさん(僕の呼び方です)は"メロウ"という形容詞がつけられてましたね~。弾くと同時にスキャットするのも"メロウ"な感じでした。子どもの頃は、ちょっと大人の恋を歌ってくれてる感じがして聴いていましたよ。

ミスターメロウ

ベンさん♪…ライナ-ノーツに…「無名だった頃からヴォーカルを得意にしていてくつろいだセッションではそういった歌声も披露。」とありました。伸びやかでソウルフルな感じは…とても魅力的ですね♪(^-^)☆