Come Undone / カム・アンダーン (Duran Duran / デュラン・デュラン)1993



Mine, immaculate dream made breath and skin
I've been waiting for you
Signed, with a home tattoo,
Happy birthday to you was created for you

僕の純粋無垢な夢が生み出した息と肌
きみをずっと待っていたのさ
僕の誓いはこのタトゥー
"誕生日おめでとう"
それはきみのための言葉だったのさ

can not forgive from falling apart at the seams
can not believe you're taking my heart to pieces

裂け目から落ちていくなんてイヤなの
私の心を奪ってくあなたを信じるなんてできない


Oh, it'll take a little time,
Might take a little crime
To come undone now

ああ 少し時間がかかるんだ
少し危ない橋を渡る必要もあるのかも
いま きみの心の扉を開けるには…

We'll try to stay blind
To the hope and fear outside
Hey child, stay wilder than the wind
And blow me in to cry

そんなの聞かなくていいんだ
他人がアレコレ言うことなんて
ねえ きみらしくしていればいいのさ
泣きたいときは僕を呼びつければいい

Who do you need, who do you love
When you come undone?
Who do you need, who do you love
When you come undone?

きみには誰が必要? 誰を愛するの?
きみの心がほどけたときに
きみには誰が必要? 誰を愛するの?
きみの心が開かれたときに…

Words, playing me deja vu
Like a radio tune I swear I've heard before
Chill, is it something real
Or the magic I'm feeding off your fingers?

きみの言葉 前にも聞いた気がする
ラジオから流れる歌みたい
僕は前にも聞いたことがあるんだ
冷静になるんだ きみの言葉は真実なのか
それとも
きみの指が繰り出す魔法にかかっているのか

can not forgive from falling apart at the seams
Can not believe you're taking my heart to pieces

心の裂け目から落ちていきたくないわ
私の心を奪ってくあなたを信じることもできない


Lost, in a snow filled sky,
we'll make it alright
To come undone now

恋に落ちて 雪が空を埋め尽くす
僕らはやっていけるさ
もう きみの心の糸はほどけたんだから

We'll try to stay blind
To the hope and fear outside
Hey child, stay wilder than the wind
And blow me into cry

そんなの聞かなくていいんだ
他人がアレコレ言うことなんて
ねえ きみらしくしていればいいのさ
泣きたいときは僕を呼びつければいい

Who do you need, who do you love
When you come undone?
Who do you need, who do you love
When you come undone?

きみには誰が必要? 誰を愛するの?
きみの心がほどけたときに
きみには誰が必要? 誰を愛するの?
きみの心が開かれたときに…

(can not forgive from falling apart)
Who do you need, who do you love
When you come undone?
(can not forgive from falling apart)
Who do you need, who do you love?
(can not forgive from falling apart)
Who do you love
When you come undone?
(can not forgive from falling apart)

Writer(s): Simon John Charles le Bon, Warren Cuccurullo, John Nigel Taylor, Nick Rhodes

immaculate=よごれていない,しみひとつない
cf.come apart at the seams=縫い目がほころびる

Released in 1993
US Billboard Hot100#7
From The Album“Duran Duran (1993 album)"

1200x630bb.jpg

通称「ウェディング・アルバム」からのナンバー、先んじて訳した「Ordinary World」とこの曲「Come Undone」はどちらもスローなバラードナンバー。今回のツアーのなかでも途中アクセントに入るようです。彼らの長いキャリアのなかで、落ち着いた大人の楽曲であると思います。

◆この曲ができたときのことがwikipediaに書かれていました。

ニック・ローズは2013年にアルバム(Duran Duran 1993 album)の20周年の際にこの曲についてコメントしています。
僕とウォーレン(当時、DDのギタリスト)が何人かのスタッフと演奏してたときに、サイモンが入ってきたんだ。僕らの音を聴いて"ワオ、いいねえ!"と彼は言ったよ。そうしてこの曲はデュラン・デュランの1曲になった。サイモンはとてもいいメロディを作り上げたよ。



51hHI3dBRZLX355_.jpg

◆それにしてもこの曲も手ごわかった(^▽^;)。歌詞もいろんな意味に取れるので、「こう」と視点を決めて、無理くりそっちの解釈に持っていかないと、意味不明の歌詞になってしまったりします。

この曲のタイトルでもある"come undone"は「(謎、紐などが)ほどけた、解けた、失敗した、破滅した」という意味のイディオム。ビデオの一番最初にはぎゅっと結ばれた紐が出てくるし、海中の彼女は鎖につながれているのをほどこうとしています。ビデオは水族館の生き物たちが沢山登場します(ロンドン水族館での撮影らしい)。
 
 この曲、和訳するまでは、二人(男女)の関係が"すでに崩壊した"ものを元に戻すことはできないんだ…なんて意味なんじゃないかと勝手に思い込んでいましたが、この曲の物語はむしろ逆!

彼女は以前の恋愛(結婚)に傷ついていて殻に閉じこもっている。そんななか主人公は彼女の心の扉を開けようと奮闘。彼女の心が自分に向いてきたと感じているところ。"come undone"は、彼女の閉じこもっていた心が開く、殻を破る、ほつれた糸がほどける…=彼の愛を受け入れてくれる、という意味なんじゃないかと思いました。

途中の女性ボーカルが入る場面(=彼女の心)

can not forgive from falling apart at the seams
can not believe you're taking my heart to pieces

については、"彼を好きになり自分が自分でなくなる=バラバラになる(falling apart at the seams)"のに身を任すことはできない(許せない=can't forgive)。"もう人なんて好きにならない"って決めて、意思の力で恋愛感情を乗り越えようとしている姿が浮かびます。だから、彼女の心をバラバラにするあなたを信じることもできない…と言っているんです。

彼女の心(空)は僕の愛(雪)で埋められた。風がどんなに強く吹いたって、きみはゆっくり落ち着いていればいい。そして泣きたいときは僕を呼びつければいいんだ。

◆一点付け加えますと…男女の関係だけじゃないかもしれませんね。ビデオのなかに、女装をしてお化粧をした男性が出てきます。はい、"ジェンダーフリー"という立場で解釈した方がいいのかもしれませんね。

◆ウェンブリーでの"Come Undone".1998年のものです。
↓↓↓↓↓


◆今年(2017年)の3月ブラジル、サン・パウロでのライヴより。屋外のステージですね。
↓↓↓↓↓



関連記事

コメント

非公開コメント

un➕過去分詞、ホール&オーツの曲にあった時に覚えましたが、comeにつくなんてどんな雰囲気だろうと調べましたが、そもそもの訳の内容が頭に入らなくて解釈を諦めました(笑)。

なるほど、これじゃわからないわけだ。めった様はこれを毎日アップなさってるんですよね、ため息しか出ません。

このペースで上げてたら、演奏曲より多くなったりして(笑)。今回、前座が長すぎて、本編が少なくなるのは本当に勘弁してほしいですよね〜(´Д` )。みんなで祈りましょう(^O^)/!

No title

DDの曲は和訳に取り組む前は「できるかなあ…」と不安なのですが、海外のファンの方のあれこれsongmeaningを語り合っているページを眺めているとヒントがたくさんでてきます。ネイティヴの人の肌身に感じるフィーリングっていうのもあるんでしょうね。この曲もそんな意見がなければ手も足も出ない直訳をするしかありませんでしたので、とても達成感があります(^▽^;)。

(PS)ホール&オーツの曲で Un+過去分詞、ということでは、この曲が浮かびました。「Big Ban Boom」のなかでも結構好きな曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=Emp0vkKczBI