In My World / イン・マイ・ワールド (Lindsey Buckingham & Christine McVie/ リンジー・バッキンガム&クリスティン・マクヴィ―)2017



Fare
Farewell, heart of gold
Maybe we're lost without a cost
Of stories that we've told

旅に出よう
サヨナラするんだ 愛しいきみ
もしかして僕ら見失ってしまったのか
心痛めることなく
自分たち自身が語ってきた物語を

In my world everybody stays
Nobody wishes for words they couldn't say
Bless my soul
Let the night unfurl
Dancin' spinnin' dreamin'
Singing in my world

僕の世界では 誰もがここにいる
言えなかった言葉など誰も望まない
我が魂に祝福あれ
夜を広げよう
踊って まわって 夢を見て
歌を歌うんだ 僕自身の世界のなかで

Fare
Farewell, liberty
Maybe we're lost without the cost
Of who we used to be
Related

旅に出よう
サヨナラするんだ 自由を求めて
もしかして僕ら見失ってしまったのか
心痛めることなく
かつて二人が関係していた人達から

In my world everybody stays
Nobody wishes for words they couldn't say
Bless my soul
Let the night unfurl
Dancin' spinnin' dreamin'
Singing in my world

僕の世界では 誰も出て行かない
言えなかった言葉など誰も望まないのさ
我が魂に祝福あれ
夜を広げるんだ
踊って まわって 夢を見て
歌を歌うんだ 僕自身の世界のなかで

In my world everybody stays
Nobody wishes for words they couldn't say
Bless my soul
Let the night unfurl
Dancin' spinnin' dreamin'
Singing in my world


僕の世界では 誰も出て行かない
言えなかった言葉など誰も望まないのさ
我が魂に祝福あれ
夜を広げるんだ
踊って まわって 夢を見て
歌を歌うんだ 僕自身の世界のなかで

Lay
Lay down
For a bout
Take your time, to cross the line
All without a doubt

横になれよ
横になるがいいさ
立ち上がるときが来るまで
一線を越えるまで時間をかけていいさ
何の疑いも持たずにね

In my world everybody stays
Nobody wishes for words they couldn't say
Bless my soul
Let the night unfurl
Dancin' spinnin' dreamin'
Singing in my world

僕の世界では 誰も出て行かない
言えなかった言葉など誰も望まないのさ
我が魂に祝福あれ
夜を広げるんだ
踊って まわって 夢を見て
歌を歌うんだ 僕自身の世界のなかで

In my world everybody stays
Nobody wishes for words they couldn't say
Bless my soul
Let the night unfurl
Dancin' spinnin' dreamin'
Singing in my world

僕の世界では 誰も出て行かない
言えなかった言葉など誰も望まないのさ
我が魂に祝福あれ
夜を広げるんだ
踊って まわって 夢を見て
歌を歌うんだ 僕自身の世界のなかで

(Buckingham)

Fare=旅をする 旅に出る
unfurl=〈傘・帆・旗などを〉広げる,張る,揚げる
bout=ボクシングなどの一勝負、一仕事

Released in 2017
From The Album“Lindsey Buckingham/Christine McVie”

713FqzSz7sX355_.jpg

今月の月イチ・マック。リンジーとクリスティンの現在=いま!の曲を和訳してお届けできるのが嬉しいね!
新しくリリースされたアルバム"Lindsey Buckingham/Christine McVie"。ミックとジョンも演奏で参加していますが、歌姫スティ―ヴィーが友情出演も含め参加されておらず残念ではありますが、それでも嬉しいじゃないですか!

buckingham-mcvie-review-1ab5c05a-5545-418c-ac54-60f343c470da.jpg

◆シングルにもなったこの曲"In My World"はシンプルで抽象的な歌詞。名曲"ビッグ・ラヴ"を想い出しました。(ビッグ・ラヴほどスピード感はないけれど) マックのときのリンジーの曲を訳すときは、そのほとんどがスティーヴィーへの"恨み節"のような前提で歌詞を見ると、すぐに理解できた(笑)のですが、今回はリンジーの心境などはよくわからない歌詞であります。でも、愛がうまくいかなくなってしまった男が、自分自身を"Fare"(旅立つんだ)と励ましながらも、実際にサヨナラはするけれど、僕の世界のなかでは誰もが去ったりはしないんだ=想い出を背負って生きていけばいい?というような意味かなと思いました。

lindseychris.jpg

◆アルバム“Lindsey Buckingham/Christine McVie”は全10曲で、オープニング曲の"Sleeping Around the Corner"はリンジー曲でリンジーがヴォーカルを取ります。2曲目が"Feel About You"でクリスティンがヴォーカル。そして3曲目がこの曲"In My World"となっています。そうなんです!全10曲のリード・ヴォーカルはリンジー→クリスティン→リンジー→クリスティン...と1曲ずつ交代していくんですね。これはこれでいいんだけど、でもマックだったら、この2人だけではないもう1人のヴォーカルの曲がいい味を出してくれていました。(シングル向きの曲でした)そこがマックのニューアルバムではない、淋しい感じがちょっとします(-_-;)…。

来月はクリスティン曲をお届けします。お楽しみに。←おい、言い切っていいのか(^▽^;)

◆つい先月のライヴ映像ですね!- Love is Here To Stay June 23 2017 Nashville。ギターを爪弾きながら歌うリンジーにクリスティンの声がコーラスでかぶってきます!"マック"っぽいなあと思った楽曲。(でもマックだと、ここにハスキーな女性の声がもう1枚絡んでくるんだよなあ)
↓↓↓↓↓


◆リンジーのフィンガーピッキングが聴けます。"トラブル"はリンジーのシングルでしたね。アレンジはシングルのほうが好きだけど…。
↓↓↓↓↓


◆そしてこの曲"Go Your Own Way"! 日本にも来てくれよぉ~!


(この曲を購入)
リンジー・バッキンガム/クリスティン・マクヴィー Limited Edition

713FqzSz7sX355_.jpg
こちらamazon.co.jp



関連記事

コメント

非公開コメント

No title

2017年になってもMACのtasteが満喫できるとは予想もしていなかったです。Stevieがいないのは残念ですが、これに思いきり嫉妬してすごい曲を引っ提げてまた登場してほしいなあと。Dreamsを上回るような。

No title

すちーむみらーさん、同感です。スティーヴィーの新曲、期待したいですね。リンジーとクリスティンのこのアルバム、聴けば聴くほど味が出てきますよ~。スルメみたいだ~。

ご無沙汰しております。

ニューアルバムが気になって輸入盤、日本盤両方を購入してしまいました笑
いまだ現役で凄いですよね!
スティーヴィー込みでもう1枚アルバムを…なんて思う日々。笑

個人的にはこのアルバムでFeel about youが気に入ってます。

No title

みぎおさん、やっぱりマックの新曲で嬉しいーと思って聴くのだけど、スティーヴィーのコーラスやメインの曲がないとマックじゃないって思えてしまうのは仕方ない(^_^;)ですかねー。いい曲は多い、だけど、、、。贅沢な悩みです。