My Side Of The Bed / ふたりのベッド・サイド・ラヴ(Susanna Hoffs / スザンナ・ホフス)1991



I want to show you the picture I drew
When I was on the phone talking to you
I made a heart and I colored it red
'Cause I want you here
On my side of the bed

わたしが描いた絵をあなたに見せたいの
あなたと電話で話してるときに
ハートのマークを赤い色で塗った
だってここに来てほしいから
ベッドのわたし側のほうへ

Oh woe, oh woe
Oh woe, oh woe

I've been dreaming since I was born
And in my dreams I see eyes like yours
I'll be the pillow where you lay your head,
lay your head
If you'll come and sleep
On my side of the bed

生まれたときからずっと夢見てる
夢のなかであなたによく似た瞳を見るわ
あなたが頭を降ろすときはわたしが枕になる
どうぞ降ろしてちょうだい
もしもあなたが来てくれるなら
ベッドのわたし側のほうでお眠りなさい

Lay down
The sheets are white like the moon, my love
Dream with me in my room
Lay down

横になっていいわ
シーツは月のように真っ白 マイ・ラヴ
わたしの部屋で一緒に夢見ましょう
横になって

Lay down
The sheets are white like the moon, my love
Dream with me in my room
Lay down

I know you hurt, I feel the pain
Take my hand and come out of the rain
We all need to be comforted
You can get yours
On my side of the bed

傷ついたのね 痛みが伝わってくる
わたしの手を取って
雨の降る場所から抜け出すの
ひとは誰でも安らぎが必要なの
あなたも安らいでいいのよ
ベッドのわたし側のほうで

On my side of the bed

Lay down on my side of the bed
Come lay down

横になって わたしの隣りへ
ベッドにいるわたしの隣りで
お休みなさい

Tra-la-la-la-la
Sha-la-la-la-la
Lay down (ooh ooh ooh ooh) lay down
Sha-la-la-la-la (I made a heart)
Sha-la-la-la-la (I colored it red)
Lay down (I colored it red) lay down

Sha-la-la-la-la (lay down)
Sha-la-la-la-la (lay down)
Lay down (ooh ooh ooh ooh) lay down
Sha-la-la-la-la (oooh)
Sha-la-la-la-la (oooh)
Lay down (ooh ooh ooooh) lay down

Sha-la-la-la-la (I made a heart)
Sha-la-la-la-la (I colored it red)
Lay down (I colored it red) lay down
Sha-la-la-la-la (lay down)
Sha-la-la-la-la (lay down)
Lay down, lay down (on my side of the bed)

横になって
ベッドのわたし側のほうへ

Released in1991
From The Album“When You're A Boy”

4110Q4YZ2HL.jpg

シャラララ…レイ・ダウン…。終盤のコーラスがなかなかいいです。

バングルスのスザンナ・ホフスの初めてのソロ・アルバム「ボーイの誘惑」(原題:When You're A Boy)。1991年にリリースとなりました。オープニングを飾るのが、この曲"My Side Of The Bed"。スザンナが"ベッドにいる私の隣りにいらっしゃい。くつろいでいいのよ"と、"ベッド"="スザンナのアルバム"ってことで楽しんでね!と言っているように感じます。でも邦題は「ふたりのベッド・サイド・ラヴ」(^▽^;)。この邦題はイマイチ、いやイマサンくらいかなあ。"マイ・サイド・オブ・ザ・ベッド"のままの方が、スザンナのメッセージが伝わったように思います。

hutarinobed.jpg

◆高校生くらいの僕でしたら、ベッド=あっちの方をすぐ想像してしまったでしょう(笑)。もう今になっては「安眠」とかそっちの方を考えるようになりましたね(^▽^;)。でもこの曲もそう、あんまりエッチな感じはしない。(PVがちょっとそんな作りになっていますけどね)

 和訳してて、「添い寝屋」...を思い浮かべました。利用させてもらったことはありません(^▽^;)。
誰かにそばにいてもらわないとぐっずり眠れない人が、頼んだりするみたいで、職業としてあるみたいですね。(ネット検索をしてみたら、男性にたいして女の人が添い寝してくれるのではなく、イケメン男性が添い寝してくれる女性へのサービスの方が充実しているようですね)

◆バングルスのオフィシャルサイトの「History」をクリックしてみたら、ジョン・レノンの写真が出てきてびっくりしました。

bangles john

ジョンの死をきっかけに21歳だったスザンナは自分の人生をかけて音楽を作っていくことを決意したようです。(History Of The Bangles) アイドルのようにもてはやされたりしてきたバングルス&スザンナですが、音楽への想いはマジ(真剣)なことを改めて思いました。

◆スザンナのソロアルバムが発売されました。My Side Of the Bed - Live on Late Night with David Letterman
↓↓↓↓↓


◆バングルス、音楽ビジネス。ソロアルバム""When You're A Boy"などについて語るスザンナ
↓↓↓↓↓


◆バングルズ時代を彷彿とされるポップな曲"That's Why Girls Cry"。女の子が泣く理由がわからないひとへ!?
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
ボーイの誘惑 / スザンナ・ホフス
ムムム…amazon中古で\38円から…(-_-;)

51bB9Sq4Ed425_.jpg
こちらamazon.co.jp
関連記事

コメント

非公開コメント