Living Inside Myself / リヴィング・インサイド・マイセルフ (Gino Vannelli / ジノ・ヴァネリ)1981



In my life
I've felt so self assured
But suddenly it's all changed

これまで僕は人生を
自信を持って生きてきた
でも突然 すべてが変わったのさ

She's a cloud, that hangs above my world
And I find myself wond'ring in the rain
And now I can't go on

彼女は雲 僕の世界を覆ってしまった
そして僕は
気が付くと 雨の中さまよう自分がいた
このままじゃやってはいけないよ…

'Cause I am lost
Living inside myself
Living inside this shell
Living outside your love

だって僕は迷ってしまったんだ
自分のなかに入り込み
この貝がらに閉じこもることに
きみの愛なしで生きていくことに

I am lost,
somewhere inside my own dreams
Afraid of what life really means
Living without your love

迷ってしまってる
僕自身の夢のなかのどこかで
人生が意味するものを恐れてる
きみの愛のない人生なんて

I need a guiding light
To shine on my darkest days

I was young, and time was on my side
But like a fool I let it slip away
And now those days are gone

導いてくれる灯りが必要なんだ
僕の暗かった日々を輝かせる灯りを

僕は若くて 時も味方をしてくれてたのに
バカだよね 取り逃してしまったのさ
そしていま そんな日々は過ぎて行った

And I am lost
Living inside myself
Living inside this shell
Living outside your love

I am lost,
somewhere inside my own dreams
Afraid of what life really means
Living without your love

だって迷っているんだ
自分のなかに入り込み
この貝がらに閉じこもることに
きみの愛なしじゃ生きられない

迷ってしまってる
僕自身の夢のなかのどこかで
人生が意味するものを恐れてる
きみの愛のない人生なんて

In my life
I've felt so self-assured
But oh how all the seasons change
And now I'm not that strong

これまで僕は人生を
自信を持って生きてきたと感じてた
でも突然 すべてが変わったのさ
もう僕は強くない...

'Cause I am lost
Living inside myself
Living inside this hell
Living outside your love

I am lost,
somewhere inside my own dreams
Afraid of what life really means
Living without your love
I am lost
Living inside myself

だって僕は迷ってるんだ
自分のなかに入り込み
この貝がらに閉じこもることに
きみの愛なしじゃ生きられない
迷ってしまってる
僕自身の夢のなかのどこかで
人生が意味するものを恐れてる
きみの愛のない人生なんて...

Songwriter(s) Gino Vannelli

self-assured=自信のある、物怖じしない、気兼ねしない

Released in 1981
US Billboard Hot100#6
From The Album“Night Walker”

8855220jpg.jpg

「全米トップ40」でラジオで聴いたチャートをノートにつけていたときは"ジノ・バネリ"と書いていましたが、いつからか「Va」は「ヴァ」と表記するようになりましたね。いまは「ジノ・ヴァネリ」と表記するようです。
 モントリオールの夜を想い出すよ…という歌詞から始まるロマンティックな印象の"I Just Wanna Stop"(めった和訳) 。"アイジャスワーナ、ストップ!"とジノが歌うと、演奏も一回止まって(ブレイクを挟む)、"フォ~ヨ~ラ~(ヴ)♪"。音楽に合わせてよく歌いました。

◆そんなジノの久しぶりのヒット。トップ10にも入り最高位6位という成績を収めたのがこの曲"Living Inside Myself"でした。"I Just Wanna Stop"が収録されたアルバム「Brother To Brother」が1978年でしたから、次作のアルバム「Night Walker」完成まで3年かかったということですね。(レコード会社をA&Mからアリスタに移籍ということもあった)アルバム作成に3年と聞くと、それくらい普通と思いますが、1枚のアルバムから多数シングルカットされないと、お久しぶり!ってやっぱり思いますね。

31365602.jpg

◆"殻に閉じこもった自分"を歌った歌なんだなあと歌詞の物語を想像していましたが、そんな状況から決別したいと思いながらまだ迷ってる、って気持ちなんでしょうか。どうなんだろう、殻を破って、彼女のことを追いかければまだ間に合うぞ!と声をかけてやりたいです(^▽^;)。

◆ジノのアルバムに参加したミュージシャンの名前などを見ると、もう1人の"ヴァネリ"さんがいることに気が付きました。"ジョー・ヴァネリ"さんはジノの1歳上のお兄さんのようですね。ジノのウィキペディアを見たら、"キーボーディスト兼アレンジャーの兄・ジョー・ヴァネリが作るボサノヴァ、フュージョン色が濃いサウンドとの取り合わせは独特の世界観を持ち、時にはプログレッシブ・ロック的なコンセプト・アルバムも発表した"とありました。ボーカリストのジノをフューチャリングして兄弟で音楽を作っていったんですね。

GinoMyself.jpg

◆ジノのオフィシャルサイトをのぞいたら、は今年の後半はカナダ、L.Aとライヴの予定があるようです。まだまだ元気で歌い続けてほしいですね。(下は彼のFacebookから。最新のライヴ映像です)

18920586_1512280378791140_1027327797771859956_n.jpg

◆“Living Inside Myself”が最高位7位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending May 30, 1981

"ベティ・デイヴィスの瞳"が1位、"ビーイング・ウィズ・ユー"が2位(残念ながら2位どまりの運命)。3位には"ショッキング・ビートルズ!"がランクインしてます。ジノ・ヴァネリは7位を3週キープが最高位でした。

-1 1 BETTE DAVIS EYES ??? Kim Carnes
-2 2 BEING WITH YOU ??? Smokey Robinson
-3 5 MEDLEY: INTRO VENUS/SUGAR SUGAR/NO REPLY/I’LL BE BACK/DRIVE MY CAR/
DO YOU WANT TO KNOW A SECRET/WE CAN WORK IT OUT/I SHOULD HAVE KNOWN
BETTER/NOWHERE MAN/YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL/STARS ON 45 ??? Stars On 45
-4 8 SUKIYAKI ??? A Taste Of Honey
-5 6 TAKE IT ON THE RUN ??? REO Speedwagon
-6 7 LIVING INSIDE MYSELF ??? Gino Vannelli
-7 3 JUST THE TWO OF US ??? Grover Washington Jr.
-8 11 A WOMAN NEEDS LOVE (Just Like You Do) ??? Ray Parker Jr. and Raydio
-9 9 TOO MUCH TIME ON MY HANDS ??? Styx
10 10 WATCHING THE WHEELS ??? John Lennon

◆ジノのライヴから"Living Inside Myself"。メキシコでの模様。
↓↓↓↓↓


◆この曲が初のトップ40ヒット"People Gotta Move"。(1974年全米22位のヒット)なかなかソウルフルな歌声!
↓↓↓↓↓


◆ジノの語り...映像は都会の夜の風景から劇場へ。アルバムタイトルになった"Night Waker"...。ジノの代表曲の1曲にもなっています。(チャート的には全米41位でトップ40にもう一歩で残念でした)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)
Best of Gino Vannelli-Millennium Collection Import
ジノ・バネリ

71AayhRgo5L1084_.jpg
こちらamazon.co.jp


(今日のお弁当)牛丼+α弁当…「α」は"寄せ集め"と呼びます(^▽^;)

DSC_0025-800x600.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント