Missing / ミッシング (Everything But The Girl / エヴリシング・バット・ザ・ガール)1995



I step off the train
I'm walking down your street again
And past your door
But you don't live there anymore

私は電車を降りる
あなたの街をまた歩いて
あなたの家の脇を通り過ぎる
でもあなたはもうそこに住んではいない

It's years since you've been there
Now you've disappeared somewhere
Like outer space
You've found some better place

あなたがそこにいた時から何年か経つ
いまあなたはどこかに姿を消してしまった
どこか宇宙空間にでも
いい場所を見つけたんでしょう

And I miss you
Like the deserts miss the rain
And I miss you
Like the deserts miss the rain

あなたが恋しいの
砂漠が雨を恋しがるように
あなたに会いたい
砂漠が雨を欲しくてたまらないように

Could you be dead?
You always were two steps ahead
Of everyone
We'd walk behind while you would run

死んでしまってるなんてことある?
あなたはいつも誰もの2歩先を歩いてた
あなたが走ってるとき
私たちはあなたの後を 歩いてついてった

I look up at your house
And I can almost hear you shout
Down to me
Where I always used to be

私はあなたの家を見上げる
あなたが私に叫んでいるのが
今でも聞こえるみたい
そこは私がいつだっていた場所

And I miss you -
Like the deserts miss the rain
And I miss you -
Like the deserts miss the rain

そして私は あなたを恋しがってる
砂漠が雨を恋しがるように
あなたに会いたい
砂漠が雨を欲しくてたまらないように

Back on the train
I ask why did I come again
Can I confess
I've been hanging around your old address?

帰ろうと電車に乗る
なぜまた来ちゃったの?って自分に問いかける
告白できるかしら?
“私あなたの前の住所のまわりを
うろつきまわってたわ“なんて

And the years have proved
To offer nothing since you moved
You're long gone
But I can't move on

年月が経ったけど
あなたがいなくなって何も変わらない
あなたはずっといなくなったまま
でも私は前に進めないでいる

And I miss you -
Like the deserts miss the rain
And I miss you -
Like the deserts miss the rain

あなたが恋しいの
砂漠が雨を恋しがるように
あなたに会いたい
砂漠が雨を欲しくてたまらないように

I step off the train
I'm walking down your street again
And past your door
I guess you don't live there anymore

私は電車を降りてしまう
あなたの街をまた歩いているの
あなたの家を通り過ぎ
やっぱりもういないってことがわかるのよ

It's years since you've been there
Now you've disappeared somewhere
Like outer space
You've found some better place

あなたがそこにいてから何年か経つ
いまあなたはどこか宇宙空間かどこかに
消えてしまったの
どこかいい場所を見つけたのね

And I miss you -
Like the deserts miss the rain

あなたが恋しい
砂漠が雨を恋しがるように

And I miss you -
Like the deserts miss the rain

あなたに会いたい
砂漠が雨に恋い焦がれるように

Writer(s): Tracey Thorn, Ben Watt

outer space=宇宙空間

Released in 1995
US Billboard Hot100#2
From The Album“Amplified Heart”

Missing_(EBTG_song).jpg

以前自分がよく訪れていた彼の家のそばに…また来てしまった…。昔の想い出から前に進めなくなっている彼女。あなたが恋しい…。
砂漠はどんなにか雨を待ち望んでいるのでしょうか。喉がからから…水が欲しい…生命に関わる事態です。…それくらいあなたに会いたくてたまらない。

◆この曲のコーラス部分でも歌われる“I Miss You”という言葉。この言葉に込められた感情について、こちらのサイトに詳しく解説がされています。

ネイティブが「I miss you」に込める感情

9b2a35be2e15fab3ed53f7c328e07795_620x387x1.jpg

◆英国の男女デュオグループ“Everything But That Girl”=ベン・ワットとトレイシー・ソーン。米国でチャートイン(2位)した曲はこの“Missing”1曲だけなんですね。

2人はフル(Hull)大学で出会いました。トレイシーは女性のデュオグループ“Marine Girl”で歌っていて、ベンは彼女たちの1stアルバムのアートワークの写真を撮っています。

m8fcw994wup88p4.jpg

もともとは短期間のユニットとしての活動の予定だったらしい2人ですが、思わぬ評判となり、活動は継続しました。グループ結成というと1982年ですね。グループ名“Everything But The Girl”は大学のそばにあった有名な家具屋さん“Turner's Furniture”の広告からいただいたようです。(女の子以外は何でも売ってるお店です!ってことなんでしょうね)

130219_Evrything_Included_girl_2.jpg

僕はこれまで“EBTG”をグループ名は知ってたのですが、ほとんど聴いたことがありませんでした。ウィキペディア情報では、““デビュー当時はアコースティックを基調としたシンプルなサウンドでしたが、キャリア中期からエレクトリックサウンドを大々的に取り入れ、クラブシーンでも知られるようになる。“と紹介されています。
(プライベート情報ですが、2人は1998年と2001年に3人の子をもうけ、2009年に入籍しています)。

415150XECWL.jpg

◆“Missing”は2人の8枚目のアルバム“Amplified Heart”からのシングル。ベン・ワットが難病から復帰しての第1作でもありました。“Missing“はシングル用に、Todd Terryの手によるリミックス盤が作成され、これが米国で2位、各国でも大ヒットとなりました。これも、ウィキペディア情報ですが、もともとトレイシーは“Missing”をダンス音楽の方向に仕上げたいとは思っていたと、トレイシーがRolling Stone誌に語っていたようです。

頭の中にそう考えてあの曲を書いたの・・全体として…その代わりに ゆったりくつろげるようなハウス グルーヴのような感じにしたの。それからトッドにあの曲を渡したわ。彼はあの曲は本当に激しいニューヨークのハウス音楽の方向に持っていったわ。とてもシンプルな感じだけど、とっても病みつきになるような感じだったわ。



時代の音、なんでしょうね。今聴くと…やっぱり僕にはうるさすぎるな(^_^;) オリジナルの方がいいです。
彼らは2000年に解散。その後は家庭活動、音楽活動を続けているようですね。

◆1995年 Top Of The Popsのステージです。
↓↓↓↓


◆2000年のモントルー・ジャズ・フェスティヴァルより。
↓↓↓↓


◆トレイシーがいた女性3人組グループ「Marine Girls」の“Lazy Ways”
↓↓↓↓


(この曲を買いたい)
Best of Everything But The Girl 1984-1995 CD, Import
エブリシング・バット・ザ・ガール

81SrWAhTMuSX425_.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント