【追悼】Ramblin' Man / ランブリン・マン (The Allman Brothers Band / オールマン・ブラザーズ・バンド)1973



Lord, I was born a ramblin' man,
Tryin' to make a livin' and doin' the best I can.
And when it's time for leavin',
I hope you'll understand,
That I was born a ramblin' man.

ああ 俺は生まれつきの放浪者
なんとか食いつなごうと精一杯なのさ
旅立つときが来たんだよ
おまえにわかってほしいんだ
俺が"ランブリン・マン"に生まれついたこと

My father was a gambler down in Georgia,
And he wound up on the wrong end of a gun.
And I was born in the back seat
of a Greyhound bus
Rollin' down highway 41.

オヤジはジョージアのばくち打ち
銃の間違った先で生命を落としたんだ
俺はグレイハウンドバスの後部座席で
生まれたんだ
41号線を転がしてる時だったとさ

Lord, I was born a ramblin' man,
Tryin' to make a livin'
and doin' the best I can.
And when it's time for leavin',
I hope you'll understand,
That I was born a ramblin' man.

ああ 俺は生まれつきの放浪者
なんとか食いつなごうと精一杯なんだ
旅立つときが来たんだよ
おまえにはわかってほしい
俺は"ランブリン・マン"に生まれついたのさ

I'm on my way to New Orleans this mornin',
Leaving out of Nashville, Tennessee,
They're always having a good time
down on the bayou, Lord
Them Delta women think the world of me.

今朝はニューオーリンズに行く途中
テネシー、ナッシュビルを離れたところ
バイユー辺りに下ったとこじゃ
みんないつも楽しくやってるんだ
デルタの女にゃ俺もモテまくったよ

Lord, I was born a ramblin' man,
Tryin' to make a livin'
and doin' the best I can.
And when it's time for leavin',
I hope you'll understand,
That I was born a ramblin' man.

ああ 俺は生まれつきの放浪者
なんとか食いつなごうと精一杯なんだ
旅立つときが来たんだよ
おまえにはわかってほしいんだ
俺が"ランブリン・マン"に生まれついたこと

Lord, I was born a ramblin' man...

ああ 俺は"ランブリン・マン"なんだ…

Writer(s): Forrest Richard Betts

wound up=終える、整理する
think the world of=…をひどく尊敬する, すばらしいと思う.

Released in1972
US Billboard Hot100#2
From The Album“Brothers & Sisters”

ramblinman allman

オールマン・ブラザーズ・バンド(以下、ABBと表記)のグレッグ・オールマンが69歳の生涯を閉じました…。(Barks.jp) 
南部ジョージア州サバンナの自宅で…とのこと。死因は肝臓ガンの合併症とも不明とも…。

7312e948cbdb83ee15a8f2893f955cc3.jpg

◆サザン・ロックの代表と言われるグループだったABB。バンドの初めは、兄デュアンと弟グレッグの"オールマン兄弟"でした。ウィキペディアから、バンドの歴史を簡単に見て行きます。
 1969年に結成され、レコードデビュー。人気が爆発したのは1971年のライヴ盤『At Fillmore East』でした。デュアンのスライド・ギターが豪快に聴けるこのレコードは、ライブ盤の金字塔として知られるようになりました。

 このライヴ盤の成功から間もない1971年10月29日、デュアン・オールマンがオートバイでトラックに追突し、24歳で死去…。バンドはさらに1972年11月11日にベリー・オークリーもオートバイ事故により亡くなってしまいます。なんとデュアンの事故現場から僅か3ブロックしか離れていないところでの事故であったそうです。バンドメンバーのオートバイに乗る率も高かったのかな…(-_-;)。
 度重なるメンバーの死にも関わらず、残ったメンバーでバンド活動を続行。1973年8月1日、『Brothers And Sisters』をリリース。このレコードがビルボード全米アルバム・チャートNo.1の大ヒットを記録し、アメリカの国民的バンドとしての地位を確立します。そして同アルバムからのシングルカットされた "Ramblin' Man" がHot100の2位を記録しました。

ABBはその後、活動停止、再結成など繰り返し2014年まで息長く活動していましたね。グレッグ・オールマンはABBの一員として、1995年にロックの殿堂入りし、2012年にグラミー賞特別功労賞を受賞しています。

グレッグ、兄貴のデュアンが天国で待っていて「頑張ったな!」と言ってくれるでしょう。ご冥福をお祈りいたします…。

0edca2b655faa8fb78cd76a5b5bd5d9f.jpg

◆"ランブリン・マン"は彼らの最大のヒット曲。ビルボードチャートでは最高位2位でした。

“Ramblin' Man”が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 13th October, 1973

シェール「ハーフ・ブリード」が1位。「ランブリン・マン」は7→2位のジャンプ・アップ。通常は翌週1位になるようなチャートアクションなのですが、翌週は、この週5位のストーンズ「悲しみのアンジー」が首位に。1位獲得は夢と終わってしまいます…(キャッシュ・ボックスチャートでは1位になります)

-1 1 HALF-BREED ??? Cher
-2 7 RAMBLIN’ MAN ??? The Allman Brothers Band
-3 3 LET’S GET IT ON ??? Marvin Gaye
-4 5 HIGHER GROUND ??? Stevie Wonder
-5 8 ANGIE ??? The Rolling Stones
-6 6 THAT LADY (Part 1) ??? The Isley Brothers
-7 2 LOVES ME LIKE A ROCK ??? Paul Simon
-8 11 MIDNIGHT TRAIN TO GEORGIA ??? Gladys Knight and the Pips
-9 10 KEEP ON TRUCKIN’ (Part 1) ??? Eddie Kendricks
10 4 WE’RE AN AMERICAN BAND ??? Grand Funk

the-allman-brothers-band-ramblin-man-1973-5.jpg

◆"ランブリン・マン"="ぶらぶら歩く男"。フーテン、放浪者…。まあとにかく結婚もしない、定住もしない…自分の好きなように生きていく、そんな人生を送ってる人ですね。この曲はオールマン・ブラザーズ・バンドのギタリスト"ディッキー・ベッツ"が作詞・作曲、自らが歌っています。
軽快なギターで始まるこの曲。人生をカラッと明るく歌い上げます。後半のスライドギターの音がさらに盛り上げ、"ランブリン・マン"は最後までスピードを落とさずに人生を送ってくんだな~って思わせます。
カントリーシンガー"ハンク・ウィリアムズ"が1951年に歌った「ランブリン・マン(Ramblin' Man)」という歌がありますが、ベッツはこの曲にインスパイアされて、同名異曲の"ランブリン・マン"を書いた、とのこと。そちらの"ランブリン・マン"の和訳もお届けします。

◆Allman Brothers Band - Ramblin' Man
↓↓↓↓↓


◆Hank Williams - Ramblin' Man (1951)
↓↓↓↓↓


◆オールマン・ブラザーズ…じゃなかった、大事MANブラザーズバンド「それが大事」。なんでこのバンド"MAN"が付くのかな?と思っていたひと、ABBのグループ名のパロディでしょうね。「それが大事」あるある…カラオケで歌うと、息が切れます。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)
ブラザーズ&シスターズ
オールマン・ブラザース・バンド
Brotherandsister.jpg
こちらamazon.co.jp

関連記事

コメント

非公開コメント

歌いやすいですよ

ぼくにとっては高校受験の思い出の曲です。実は。
とにかくめちゃくちゃ好きな曲でした。
ディッキーベッツのソロアルバムもなかなかよかったです。
大事MANブラザースは歌ったことありませんが、この曲はカラオケで歌うとなかなか歌いやすいですよ。
中学生の頃から気になっていたのは
Delta Women Think The World Of Me
の一節。ここの部分は意味深ですね。

No title

demaさん!“俺はランブリンマン!”歌ったら気持ちいいでしょうね!“think the world on me”を僕は“モテまくった”と、訳しましたが、面白い表現ですよね。“Delta woman”には他に意味あるのかな?何かありそうな気がしますが(^_^;)。