Where You Lead / 地の果てまでも (Carole King / キャロル・キング)1971



Wanting you the way I do
I only want to be with you
And I would go to the ends of the earth
'Cause, darling,
to me that's what you're worth

あなたが欲しくて私が何するっていったら
ただあなたと一緒にいたいだけ
地球のはずれだって行ける
だって ダーリン 私にとって
価値あるものはあなたなんだから

Where you lead, I will follow
Anywhere that you tell me to
If you need
you need me to be with you
I will follow where you lead

あなたが連れてってくれるなら
私ついていくわ
あなたが言うならどこへでも行く
もしあなたが私にいて欲しいなら
私ついていく
あなたが連れて行ってくれるなら

If you're out on the road
Feeling lonely and so cold
All you have to do is call my name
And I'll be there on the next train

もしあなたが旅に出て
孤独を感じて寒さでこごえているのなら
あなたは私の名前を呼べばいい
私はすぐに駈けつける すぐ次の列車に乗って

Where you lead, I will follow
Anywhere that you tell me to
If you need,
you need me to be with you
I will follow where you lead

あなたが連れてってくれるなら
私ついていくわ
あなたが言うならどこへでも行く
もしあなたが私にいて欲しいなら
私ついていく
あなたが連れて行ってくれるなら

I always wanted a real home
with flowers on the window sill
But if you want to live in New York City,
honey, you know I will
I never thought
I could get satisfaction from just one man
But, if anyone could keep me happy,
you're the one who can

私はいつも 本当の家が欲しかった
そこは窓枠に沢山の花がある家
でももし あなたが
ニューヨーク・シティに住みたいなら
ねえ 私 ついていくわ
思ってなかったのよ
ただ一人の男の人で自分が満足できるなんて
でも 誰かが私を幸せにできるなら
それはあなた あなただけなの

And where you lead, I will follow
Anywhere that you tell me to
If you need,
you need me to be with you
I will follow where you lead

あなたが連れてってくれるなら
私ついていくわ
あなたが言うならどこへでも行く
もしあなたが私にいて欲しいなら
私ついていく
あなたが連れて行ってくれるなら

(Toni Stern,Carole King)

out on the road=旅行に出かけて、出張中で
sill=棚・家

Released in 1971
From The Album“Tapestry”

71-8jlrkGtL1014_.jpg

キャロルの半生を描くミュージカル「ビューティフル」。帝国劇場で7・8月に上演されます!チケットは一般発売は5月13日(土)からですが先行販売がもう始まっています!平原綾香さんと水樹奈々さん、うーん、どっちか…選べない…!←多分行かないけど、行くとしたら想像して苦しんでマス、、。(^_^;)。

(チケットぴあ)
↓↓↓↓↓


 キャロルのアルバム"つづれおり"を通して聴いたとき…明るいトーンのこの曲が割と記憶に残ります。一緒に歌いたくなる曲ですね。邦題"地の果てまでも"…ってすごいタイトルだなあ。歌詞の"I would go to the ends of the earth"からきてるんだな(^▽^;)。
ちなみに、ミュージカル"ビューティフル"でこの曲は取り上げられてないみたい(-_-;)

◆この曲の作者クレジットは(Lyrics by Toni Stern)となっており、キャロルとToniの共作となっています。アルバム「つづれおり」のなかでは、全米No1になった「It's Too Late」と「Where You Lead」の2曲が「Toni / Carole」の共作ですね。ちなみにToni Sternはキャロルの次のアルバム「Music」でも全米9位のヒットになった「Sweet Season」や、後にカーペンターズにカバーされる「It's Going Take Some Time」の2曲も共作してます。

Toni_Stern_250.jpg

この曲のSongfactによると、キャロルが"私 この曲のブリッジは書けないわ。あなたがブリッジ書いてくれたら共作に名前をクレジットさせてね"と言って、トニーに書いてもらったようですよ(^▽^;)。

また、"Where You Lead"の歌詞には、"All you have to do is call my name"と、"You've Got A Friend"にも出てくる歌詞フレーズが出てきます。これはどういうことなのかなあ。アルバム「つづれおり」でもB面1曲前の"You've Got A Friend"とそれに続くB面2曲めの歌詞に同じにフレーズが出てくるのも面白いですね。この部分の歌詞はキャロルが書いたもののようですので、わざとなのかしら?

◆「つづれおり」がリリースされて、すぐその年の秋にはバーバラ・ストライサンドのアルバム「Barbra Joan Streisand」に、「つづれおり」から"Beautiful"、"It's Too Late"、そして"Where You Lead"の3曲がカバーされています。

220px-Barbra_Joan_Streisand_(album_cover).jpg

"Where You Lead"はバックコーラスを女性だけの"Fanny"というバンドを起用し、印象的なオルガン奏者はビリー・プレストン、プロデューサーにはリチャード・ペリーを起用しています。

↓↓↓↓↓



◆これは僕は知らなかったな。「家族愛」をテーマにした、アメリカのテレビシリーズ「ギルモア・ガールズ」(2000-2007)の主題歌としてこの曲が取り上げられ、キャロルと娘さんのルイーズ・ゴーフィンがデュエットをした、とのことです。

51IcScG7pCL.jpg

テーマがテーマだけに母娘に歌ってもらった、ってのがあるんでしょうね!(^▽^)

↓↓↓↓↓


(2016年 ハイド・パークでのライヴ。デュエットしたときからもうルイーズちゃんも大きくなりました。全米でのドラマは英国でも放映されたかな)

◆屋外でのライヴは楽しそうです。Today Show, 2002.
↓↓↓↓↓


◆Carole King sings "Where You Lead I Will Follow" Live in HD HQ.
↓↓↓↓↓


(Carole King)
So Far Away / 去り行く恋人 1971
(You Make Feel Like)A Natural Woman / ナチュラル・ウーマン 1971
Way Over Yonder / 幸福な人生 1971
Beautiful / ビューティフル 1971 (和訳)
Music / ミュージック 1971 (和訳)
Where You Lead / 地の果てまでも 1971 (和訳)
Carry Your Load / 夢見る世界 1971
Sweet Seasons / スウィート・シーズンズ~夢多き年ごろ 1972
Hard Rock Cafe / ハード・ロック・カフェ 1977
One Fine Day / ワン・ファイン・デイ 1980
Thinking About You / 想い焦がれて 1989
Anyone At All / エニイワン・アット・オール 1998
Monday Without You / マンデー・ウィズアウト・ユー 2001

(今日のお弁当)タンドリーチキン弁当
*シラスとピーマンを軽く炒めたものをご飯の上にのせました。

DSC_4932.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント