The Fool On The Hill / フール・オン・ザ・ヒル (The Beatles / ビートルズ)1967



Day after day alone on the hill,
The man with the foolish grin
is keeping perfectly still,
But nobody wants to know him,
They can see that he's just a fool,
And he never gives an answer,

来る日も 丘の上でひとりぼっち
男は馬鹿みたいに薄ら笑いを浮かべて
じっとたたずんだままなんだ
でも誰も彼のことなど知りたくもない
みんな彼をただの愚か者だと見て
彼も決して答えたりしない

But the fool on the hill
Sees the sun going down,
And the eyes in his head,
See the world spinning around.

でも丘の上の愚か者は
日が沈むのを見てるのさ
そして頭のなかの瞳で見てるのは
ぐるぐる回る世界なんだ...

Well on the way his head in a cloud,
The man of a thousand voices
talking percetly loud
But nobody ever hears him,
Or the sound he appears to make,
And he never seems to notice,

そして行く手では 頭は雲のなか
千の声を持つ男が
大声でしゃべってるんだ
でも誰も彼の声など聞いてない
彼がたてる音すらもね
彼もそれに気づこうともしないんだ

But the fool on the hill
Sees the sun going down,
And the eyes in his head,
See the world spinning around.

でも丘の上の愚か者は
日が沈むのを見てるのさ
そして頭のなかの瞳で見てるのは
ぐるぐる回る世界なんだ

Nobody seems to like him
They can tell what he wants to do.
And he never shows his feelings,

だれも彼を好んでない
彼が何をしたいかなんて
みんなわかってるのさ
だけど彼も決して感情を表さない

But the fool on the hill . . .
Sees the sun going down
And the eyes in his head
See the world spinning around

それでも愚か者は丘の上に立ち
太陽が沈むのをじっと見てる
頭の両目で見てるんだ
まわっているのは
この地球なんだということを

Round、round、round...

回ってる 回ってるんだ…

He never listens to them
He knows that they're the fools
They don't like him

彼もまわりの忠告など聞きやしない
まわりのヤツらほど愚か者だと思ってる
彼はみんなの嫌われ者さ

The fool on the hill
Sees the sun going down
And the eyes in his head
See the world spinning around

丘の上の愚か者
太陽が沈みゆくのを見てるんだ
その頭の瞳で見てるのは
この地球が自転してるということなんだ

(Lennon / McCartney)

grin=歯を見せて笑う

Released in 1967
From The Album“Magical Mystery Tour”

imagePaulFool.jpg

今回の"One On One"ツアーではこの曲"The Fool On The Hill"も演ってくれていますね。(4/25 武道館公演ではなし。4/27、29の東京ドームにて演奏)。今日も期待してます。

◆僕が初めてこの曲を聴いたのは友達に借りた?ビートルズの2枚組ベスト"青盤"(1967年〜1970年)だったな。"The Fool On The Hill"というタイトルは中学生の英語力でもわかりますよね。"丘の上の馬鹿(愚か者)"って。のどかな感じ、でも淋しそうに歌うポールの声、リコーダーやフルートなどの楽器、"Round,round,round..."、世界が回っている...。目をつぶってもなんか一枚の絵が浮かんできますよね。ビートルズの"才能"を感じた一曲でした。その後、この曲が"マジカル・ミステリー・ツアー"の挿入歌だったと知りました。

image2paul.jpg

和訳は、最後は「丘の上の愚か者」は地動説を唱え、馬鹿呼ばわりされたというガリレオ・ガリレイ風?になっております。ハイ、この曲はガリレオ・ガリレイと、ポールが飼っていたオールド・イングリッシュ・シープドッグのマーサがヒントで作られたと言われておりますね。
 ポールの公演でもフルートやリコーダーは登場するのでしょうか?

◆ポールは自分で「The Fool On The Hill」を演じてるんですね。
↓↓↓↓↓



◆ポールの歌う"The Fool On The Hill"("Put It There" DVDのボーナストラック)
↓↓↓↓↓


◆"Back To The 60's..."Paul McCartney "The Long And Winding Road/Fool On The Hill/Sgt.Pepper" Live-1989/90
↓↓↓↓↓




imagePAulfoolw.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント