Takin' It To The Streets / ドゥービー・ストリート (The Doobie Brothers / ドゥービー・ブラザーズ)1976



You don't know me
but I'm your brother
I was raised here in this living hell
You don't know my kind in your world
Fairly soon the time will tell

おまえは俺のこと知らないだろうが
俺はおまえの兄弟なんだ
この生き地獄のなかで俺は育ったのさ
おまえの世界にゃ
俺みたいなヤツは知らないかもな
でもすぐに 時間が教えてくれる

You, telling me the things
you're gonna do for me
I ain't blind
and I don't like what I think I see

おまえ 俺のために
いろいろやってくれるって言うけれど
俺の目は節穴じゃない
俺は頭で考えるってのは嫌いなんだ
そうさ

Takin' it to the streets
Takin' it to the streets
Takin' it to the streets
Takin' it to the streets

通りに飛び出そうぜ
通りに出てみて 考えりゃいい
通りにこそ真実があるんだ
通りに飛び出してみろよ

Take this message to my brother
You will find him everywhere
Wherever people live together
Tied in poverty's despair

You, telling me the things
you're gonna do for me
I ain't blind
and I don't like what I think I see

このメッセージを俺の兄弟に伝えるよ
兄弟はどこにだっているんだぜ
貧しくて絶望することばかりだけど
人々はみんなともに生きてるのさ

おまえ 俺のために
いろいろやってくれるって言うけれど
俺の目は節穴じゃない
俺は頭で考えるってのは嫌いなんだ

Takin' it to the streets
Takin' it to the streets
Takin' it to the streets
Takin' it to the streets

通りに飛び出そうぜ
通りに出てみて 考えりゃいい
通りにこそ真実があるんだ
通りに飛び出してみろよ

(Michael McCdonald)

fairly soon=かなり早く

Released in 1976
US Billboard Hot100#13
From The Album“Takin' It to the Streets”

41GLuHHk3vL.jpg

トム・ジョンストンの病気、マイケル・マクドナルドの正式加入。マイケルの存在感が広がったのがこのアルバム、そしてこのタイトル曲。マイケルはほんと特徴的な声をしていますよね。アルバム"スタンピード"の次のアルバムがこの"Takin'It To The Streets"。この変わりようといったら…!

◆この曲の構想...この曲のSongfactによるとマイケル・マクドナルドのお姉さんが書いたエッセイから得たそうですよ。そのエッセイのタイトルは"Take this message to my brother"。ふむふむ、2nd verseの歌詞ですね。"私の弟へこのメッセージを伝える...兄弟(のように近しい人)への呼びかけ、がこの曲の趣旨なのかな。

英辞郎On The Webでは、"take to the streets"というイディオムについて、

通りに出る[飛び出す]、街頭演説をする、街頭でデモを繰り広げる、街頭で抗議をする


と和訳されていました。

"うじうじしたりしてんじゃないぞ。頭ん中で考えてばかりじゃだめさ。通りに飛び出してみろよ。まずは行動することだ。そしたら見えてくるものがある…!

兄弟へのメッセージはこんな内容なんじゃないかな。

◆最後に...この曲の邦題について触れなくてはいけません。"Takin'It To The Streets"は確かに日本語にはなかなかしにくいものがあるってのはわかります。でも…邦題"ドゥービー・ストリート"っていうのはないんじゃない(^▽^;)。バンド名を入れりゃいいってもんじゃないでしょ(笑)

Doobie streets

◆“Takin' It To The Streets”が最高位13位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 26th June, 1976

来日しましたポール。この曲は演ってくれないかな。6位 アンドレア・トゥルー、お色気全開"モア・モア・モア"。12位エリック。"もう二度と恋に落ちたりしない"="恋にノータッチ"ってすごい邦題。

-1 1 SILLY LOVE SONGS –•– Wings
-2 2 GET UP AND BOOGIE (That’s Right) –•– Silver Convention
-3 3 MISTY BLUE –•– Dorothy Moore
-4 5 SARA SMILE –•– Daryl Hall and John Oates
-5 7 SHOP AROUND –•– The Captain and Tennille
-6 8 MORE, MORE, MORE (Part 1) –•– The Andrea True Connection
-7 9 AFTERNOON DELIGHT –•– The Starland Vocal Band
-8 4 LOVE HANGOVER –•– Diana Ross
-9 10 I’LL BE GOOD TO YOU –•– The Brothers Johnson
10 12 KISS AND SAY GOODBYE –•– The Manhattans
11 13 LOVE IS ALIVE –•– Gary Wright
12 17 NEVER GONNA FALL IN LOVE AGAIN –•– Eric Carmen
13 14 TAKIN’ IT TO THE STREETS –•– The Doobie Brothers

◆こちらキーボードはマイケル・マクドナルド。彼がリードボーカルです。(1982年 サンタ・バーバラでのライヴ)
↓↓↓↓↓


◆マイケル・マクドナルドがいないメンバーでどうやって歌うのかな…?と思ってました。こちらは2009年のライヴです。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)
The Doobie Brothers Original Album Series Box set, CD, Import
ザ・ドゥービー・ブラザーズ

91TZK8qXL1500_.jpg
こちらamazon.co.jp


(今日のお弁当)カレーカツレツ弁当
スーパーにいいお惣菜がありました。ご飯の上にレタスを敷いて...。
マスカットグミがおまけ。

DSC_4835.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント