South City Midnight Lady / サウス・シティ・ミッドナイト・レディー (The Doobie Brothers / ドゥービー・ブラザーズ)1973



Up all night I could not sleep
The whiskey that I drank was cheap
With shakin' hands I went
and I lit up my last cigarette

一晩じゅう 眠れなかったんだ
俺が飲む酒は安物のウイスキー
仲間と握手した帰り道
俺は最後の一本に火を点ける

Well the sun came, the night had fled
And sleepy eyed I reached my bed
I saw you sleepy dreamin'
there all covered and warm

ああ太陽が顔を出し夜は逃げてった
眠い目の俺はやっとベッドに就くのさ
おまえはぐっすり夢見てる
毛布に包まれ あったかく

South City midnight lady
I'm much obliged indeed
You sure have saved this man
whose soul was in need

南部の街のミッドナイトレディー
ほんとに感謝しているよ
おまえが救ってくれたんだ
魂の救いを求めてた この俺を

I thought there was no reason
For all these things I do
But the smile that I sent out
returned with you

俺のすることはどれもこれも
何の意味も持たないけれど
おまえと一緒なら
俺は笑顔で帰れるんだ

When day has left the night behind
And shadows roll across my mind
I sometimes find myself alone
out walkin' the streets

夜が過ぎ去り陽がのぼると
影が俺の心を覆いつくしてしまう
ときどきふっと気が付くと
通りをひとりで歩いてる俺

Yes,
and when I'm feelin' down and blue
Then all I do is think of you
And all my foolish problems
seem to fade away

そう
気分がふさいで憂うつなとき
俺はおまえのことだけ考える
すると俺の馬鹿げた悩みなんて
消え失せていくみたいなんだ

South City midnight lady
I'm much obliged indeed
You sure have saved this man
whose soul was in need

南部の街のミッドナイトレディー
ほんとに感謝しているよ
おまえが救ってくれたんだ
魂の救いを求めてた この俺を

I thought there was no reason
For all these things I do
But the smile that I sent out
returned with you

俺のすることはどれもこれも
何の意味も持たないけれど
おまえと一緒なら
俺は笑顔で帰れるんだ

Writer(s): Pat Simmons

fled=逃げた(→fleeの過去形・過去分詞)
much obliged=とても感謝しています
send out=放つ、送り出す
return with=~を持って家に帰る

Released in 1973
From The Album“The Captain and Me”

91b6NKJZFZLSX425_.jpg

 ドゥービー・ブラザーズの人気曲、代表曲と言えば、"Listen To The Music"、"Long Train Runnnin’"、"China Grove"などのロック・ナンバーであることに異論はありませんが、パット・シモンズが書くカントリー・バラード、南部の泥臭いゆっくりした曲も隠れた魅力になります。

◆アルバム"The Captain And Me"はちょうどそれがバランス良く聴ける名アルバムです。パット・シモンズ作のこの曲"South City Midnight Lady"、そして"Clear As The Driving Snow"は単品でもいい曲ではありますが、アルバムで聴くとなおその良さがじわっとくる感じです。

81lb6VpqthLL1244_.jpg

◆"Midnight Lady"って…ハイ、やっぱ職業は娼婦さんでしょうか。いや、バーのママさんかも?いずれにしても、主人公の心のなかにいる女性は南の街のミッドナイト・レディー。好きとか愛してるとか言う表現ではなく、"心から感謝してる"相手。魂を救ってくれた相手。そんな深い感情を歌ってる気持ちをアコーステッィクギターやスチールギターの演奏も盛り上げます。
 この曲もライヴで注目ですね!

◆ライヴでの"South Midnight Lady"
↓↓↓↓↓


◆アルバム"The Captain And Me"からパット・シモンズのカントリーバラードをもう1曲。"Clear As The Driving Snow"。後半の展開もカッコいい。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)
The Very Best Of The Doobie Brothers CD, Original recording remastered, Import
ザ・ドゥービー・ブラザーズ

51vHqOEZQdLX425_.jpg
こちらamazon.co.jp
関連記事

コメント

非公開コメント