Adventure Of A Lifetime / アドヴェンチャー・オブ・ア・ライフタイム (Coldplay / コールドプレイ)2015



Turn your magic on
Umi she'd say
Everything you want's a dream away
And we are legends every day
That's what she told me

魔法をかけてみて!
彼女はよく言ってたよ
きみがしたいのは夢を追いかけること
だって"毎日生きることが伝説なんだよ"
そう僕に言ってたんだ

Turn your magic on,
To me she'd say
Everything you want's a dream away
Under this pressure, under this weight
We are diamonds

魔法をかけてよ!
彼女はこの僕にそう言ったのさ
きみがしたいのは夢を追いかけることだね
押しつぶされそうになっても
この重みに耐えるんだ
だって僕たちみんながダイヤモンドだから

Now I feel my heart beating
I feel my heart underneath my skin
And I feel my heart beating
Oh, you make me feel
Like I'm alive again
Alive again
Oh, you make me feel
Like I'm alive again

ああ今 胸の高鳴りを感じてる
この肌の下に胸がドクドクいってる
ああ今 胸の高鳴りを感じるよ
ああ きみが僕を
生き返った気持ちにさせてくれる
僕は生き返った
ああ きみが僕を
再び生き返らせてくれるんだ

Said I can't go on,
Not in this way
I'm a dream that died by light of day
Gonna hold up half the sky and say
Only I own me

僕は言った 続けられないよ
こんな風にはね って
死ぬときはお日様の下で死にたいし
僕は空の半分を持ち上げて言うんだ
僕は僕だけのものだ って

And I feel my heart beating
I feel my heart underneath my skin
Oh, I can feel my heart beating
'Cause you make me feel
Like I'm alive again
Alive again
Oh, you make me feel
Like I'm alive again

ああ今 胸の高鳴りを感じてる
この肌の下に胸がドクドクいってる
ああ今 胸の高鳴りを感じるよ
だって きみが僕を
生き返った気持ちにさせてくれる
僕は生き返った
ああ きみが僕を
再び生き返らせてくれるんだ

Turn your magic on,
Umi she'd say
Everything you want's a dream away
Under this pressure under this weight
We are diamonds taking shape
We are diamonds taking shape

魔法をかけてみてよ
彼女はよく言ってたんだ
きみがしたいのは夢を追いかけること
重圧に耐え この重さに耐えていく
僕らはなりかけのダイヤモンドさ
僕らはいまダイヤモンドになるところ

If we've only got this life
This adventure, oh, then I
And if we've only got this life
You get me through

僕らの人生 一度きりならば
この冒険が一度きりならば そう僕は
人生が一度きりならば
きみが僕を助けてくれるんだ

And if we've only got this life
In this adventure, oh, then I
Want to share it with you
With you
With you
Yeah I do
Woohoo
Woohoo
Woohoo

僕らの人生 一度きりならば
この冒険が一度きりなら そう僕は
きみと一緒に分け合いたいんだ
きみと一緒に
きみと行こう
ああ そうさ
Woohoo
Woohoo
Woohoo

Writer(s): Mikkel Storleer Eriksen, Guy Rupert Berryman, Christopher Anthony John Martin, William Champion, Tor Erik Hermansmen, Jonahthan Mark Buckland

Released in 2015
US Billboard Hot100#13
From The Album“A Head Full Of Dreams”

Coldplay,_Adventure_Of_A_Lifetime,_Artwork

まさに今が旬、世界一のバンドのライヴを魅せてもらった…そんな感じでした。
光で彩られ、音楽に合わせて変化。何といっても、僕の手首につけられるLEDライトによって、僕自身がライヴの演出に参加できます。そして、次から次へと歌われるヒット曲に会場に集まったファンがみなシンガロング。Coldplayのメンバーも、メインステージでの演奏から、静かなナンバーでは中央のミニステージでアンプラグドでの演奏、そして場内を暗くして…さらにもう一か所場所を変えて3つめのステージでさらに数曲。高いチケットではありましたが、その元はじゅうぶん取れた気がします。堪能しました。行けてよかった…!

◆僕がよく行っているライヴとは違う客層だったな~、若い。高校生、欧米やアジアの外人さんが沢山。僕の隣りの席も学生服の高校生でした。始まってから終わりまでの間に菓子パン5個は食べてたな(^▽^;) お小遣い貯めてチケット買ったのかな。バイトで稼いだのかな←つい心配になってしまう。
 欧米とみられる外人さんたちは、始まる前にビール買いまくるね~。取っ手の付のカップホルダーっていうのかなあれは。コップに入ったビール(6個)をみんな持って席まで運んでスタンバイって感じでしたね。

◆前座に出てくれた日本の人気バンド"Radwimps"。もちろんなかなかいいステージでしたよ。敢えて「きみの名は」の主題歌「前前前世」は封印。今度ドラマの主題歌?になる「棒人間」~僕は人間じゃないんです。ほんとうにごめんなさい~♪は歌ってくれましたね。

◆この曲"Adventure Of A Lifetime"は踊れる曲、まさにライヴのハイライト。"Fix You"~"Viva La Vida"と来て間髪入れずにこの曲の演奏が始まると、サウンドとスクリーンに映る映像に会場は大盛り上がりでした! ハンドクリップで"パンパン"!、そしてクリスが"Everybody get down…get down…"と立ちっぱなしのオーディエンス全員をいったん座らせて…One,Two Three... "Everybody Let's JUMP!"

◆この曲の歌詞、冒頭に出てくる"umi"はアラビア語では"mother"=母、という意味だそうです。そうは言うものの"母さんが言ったよ"という意味ではなく、"女友だちが言ってた"って意味くらいかなと思いました。
Coldplay...この曲も"人生に前向き"な歌だなあ。そんな世界に悲観せず、前を向いていく曲だから、国や世代を越えて人気があるんだね。

Coldplay ありがとう。これからも聴いていきます。

~プロ仕様ではないカメラであれば静止画、動画はOKだったこともあり、沢山の人が自分で撮ったものをYoutubeなどでアップしているので、ご覧ください。

↓↓↓↓↓ 僕が撮った写真3枚

①入口で配られたLEDバンド。これが音楽に合わせて色んな色に光るんです。

DSC_4815.jpg

②1曲目"A Head Full Of Dreams"では会場が赤一色に。

DSC_4824.jpg

③2曲目"Yellow"、文字通り会場は黄金になりました。

DSC_4826.jpg


◆この曲のPVです。踊るお猿たち。
↓↓↓↓↓


◆このPVがどうやってできたかと言うと…メイキング映像です。
↓↓↓↓↓


◆Radwimps"棒人間"が主題歌に。日テレ系ドラマ「フランケンシュタインの恋」。
↓↓↓↓↓

関連記事

コメント

非公開コメント