Smoky Mountain Rain / スモーキー・マウンテン・レイン (Ronnie Milsap / ロニー・ミルサップ)1980



I thumb my way from L.A. back to Knoxville.
I found out those bright lights ain't where I belong
From a phone booth in the rain I called to tell her
I've had a change of dreams I'm coming home
But the tears filled my eyes
when I found out she was gone.

L.Aからヒッチハイクでノックスビルに帰る
あんな輝くライトの都会は僕のいる場所じゃない
雨の電話ボックスのなかで彼女に電話したんだ
"夢は変わったんだ 僕は故郷に帰るよ"って
だけど僕の目には涙があふれたよ
あの娘がいなくなったと知ったんだ…

Smoky Mountain rain keeps on falling,
I'll keep on calling her name.
Smoky Mountain rain, I'll keep on searching,
I can't go on hurting this way.
She's somewhere in this Smoky Mountain rain.

スモーキー・マウンテンの雨が降り続く
僕は呼び続ける 彼女の名前をね
スモーキー・マウンテンの雨に打たれても
僕は探し続ける 彼女の姿を
もうこんな風に
人を傷つけ続けたりすることはできないよ
あの娘はどこかにいるんだ
このスモーキー・マウンテンの雨のなかに

I waved a diesel down outside a cafe
He said he was going as far as Gatlinburg
I climbed up in the cab all wet and cold lonely
I wiped my eyes and told him about her
I've got to find her
can you make these big wheels burn

カフェの外でディーゼルに手を振った
彼はガトリンバーグまで行くと言う
助手席によじ登ったけど
そこは湿ってて冷たく淋しい場所だった
僕はあふれる涙をぬぐい
彼に彼女のことを話したんだ
"絶対に彼女を見つけなきゃ !
このでっかいタイヤで
ぶっ飛ばしてくれないか?"って

Smoky Mountain rain keeps on falling
I'll keep on calling her name.
Smoky Mountain rain,I'll keep on searching,
I can't go on hurting this way.
She's somewhere in this Smoky Mountain rain.

スモーキー・マウンテンの雨が降り続く
僕は彼女の名前を呼び続けるんだ
スモーキー・マウンテンの雨に打たれても
僕は彼女を探し続ける
もうこんな風に
人を傷つけ続けたりすることはできないよ
あの娘はどこかにいるんだ
このスモーキー・マウンテンの雨のなか

I can't blame her for letting go,
a woman needs someone warm to hold.
Feel the rain running down my face,
I'll find her no matter what it takes.

出ていった彼女を責めることはできないよ
女の人は
あったかく抱き締めてくれる誰かが必要なのさ
雨が僕の顔に降り注いでくる
何があろうと僕は彼女を見つけるんだ

Smoky Mountain rain keeps on falling
I'll keep on calling her name.
Smoky Mountain rain,I'll keep on searching,
I can't go on hurting this way.
She's somewhere in this Smoky Mountain rain.

スモーキー・マウンテンの雨が降り続く
僕は彼女の名前を呼び続けるんだ
スモーキー・マウンテンの雨に打たれても
僕は彼女を探し続ける
こんな風に傷つけあうのはごめんだよ
あの娘はどこかにいるんだ
このスモーキー・マウンテンの雨のなか

(Kye Fleming, Dennis Morgan)

cf.thumb a ride=ヒッチハイクする
Knoxville(ノックスビル)=テネシー州東部、アパラチア山脈の西麓のノックス郡の工業都市
Gatlinburg(ガットリンバーグ)=テネシー州の山のあるリゾート都市

Released in 1980
US Billboard Hot100#24
From The Album“Greatest Hits”

51wU_jEp0vL.jpg

盲目のシンガー、ロニー・ミルサップ。僕のブログでは"It was Almost Like A Song"(愛は歌のように)に続いて2曲目。前回よりだいぶ年月が経ちました(^▽^;)。
(PS)めったさん、僕の1982年のヒット「Any Day Now」(和訳) もすでに和訳してますよ!忘れないでね。by ロニー。

◆"Smoky Mountain"って…? 調べると、"Great Smoky Mountain"というアメリカの山脈と、マニラ(フィリピン)のスラム街の2つが出てきます。この曲は"ノックスビル""ガットリンバーグ"という都市名が出てくることからも、アメリカの方でしょうね。

◆"Great Smoky Mountain"はノースカロライナとテネシーの間のアパラチア山脈の一部。ウィキペディアによると、標高の多様性、豊富な雨量、原生林の存在があり、約1万種の動植物が住んでいて、さらに知られていない生物が9万種住んでいると見積もられています。そんなことからも国立公園とされ、世界遺産にも認定されています。また、公園は通常極めて湿度が高く、降水量も多い。平均すると、谷間では年間 1,400mm(55インチ) 、山では年間 2,200mm(85インチ)の雨が降るとのことです。

gr0-1000x664.jpg

World Travel
[アメリカで最も自然が残るエリア!グレートスモーキー山脈国立公園を訪れて]

(こちらをクリック) 

◆雨の多く靄のかかったGreat Smoky Mountainがよく見えるノックスビルに住んでいた主人公。夢を実現しようと、彼女を残して都会(L.A)に行ったんだけど何年かして夢破れて「今から帰るよ」と電話をしたら...すでに彼女はノックスビルにはいなかった…。

カフェから外に出てヒッチハイク。ディーゼル車が止まってくれた。運転手はガットリンバーグに行くという、ノックスビルと同じ方面で都合がよかった。助手席に座ったら涙がこぼれたよ。思わず運転手さんに語ってしまった。"あの娘を早く見つけたいんだ。このでっかい車輪を焼き付くほど回転させて速く僕を運んでくれよ!"

さて、彼女を見つけることができるんでしょうか…。

◆この主人公の男、男のくせに(こういう言い方はよくないですけど)ボロボロ泣くみたいです。でもこれはおそらく雨のよく降る"Smoky Mountain"、その地方の男だから、よく涙も流す、というキャラクター設定にしてるように思います。この地方は雨は降るけど、それはそれで住んでいる人や出身の方にとっては、とても馴染んだ、懐かしい雨、なんでしょうね。その意味ではご当地ソング。はい、案の定、2010年にこの曲はテネシー州の8番目の州歌に選ばれたようですよ(^^)。
 ロニーのFacebookやWebサイトを見ました。まだまだライヴ活動、やっているようですよ!超人ですね。

1d3485e6e5187a034b3545f1b31f2911.jpg

◆ロニーの全米トップ40ヒットは下の全6曲。一方、BillboardのカントリーチャートではNo1ヒットがなんと35曲もあります!

(1977)
It Was Almost Like A Song#16(めった和訳)
(1980)
Smoky Mountain Rain#24
(1981)
(There's)No Gettin'Over Me#20
I Wouldn't Have Missed It For The World#20
(1982)
Any Day Now#14
(1983)
Stranger In My House#23

(Ronnie Milsap discography) 

◆“Smoky Mountain Rain”が最高位24位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending February 28, 1981

この週、エディ・ラビットがドリー・パートンから首位を奪うのですが、エディが2週間1位を続けた後、ドリーが奪い返します!
そして次に首位に立つのがこの週5位のREOスピードワゴンでした。スティクス、ダン・フォーゲルバーグの名曲も入ってるトップ10ですね。
ロニーは24位を2週間続けますが、これが最高位でした。

-1 2 I LOVE A RAINY NIGHT –•– Eddie Rabbitt
-2 1 9 TO 5 –•– Dolly Parton
-3 4 WOMAN –•– John Lennon
-4 3 CELEBRATION –•– Kool and the Gang
-5 6 KEEP ON LOVING YOU –•– REO Speedwagon
-6 7 THE BEST OF TIMES –•– Styx
-7 5 THE TIDE IS HIGH –•– Blondie
-8 8 GIVING IT UP FOR YOUR LOVE –•– Delbert McClinton
-9 9 SAME OLD LANG SYNE –•– Dan Fogelberg
10 12 THE WINNER TAKES IT ALL –•– Abba

24 25 SMOKY MOUNTAIN RAIN –•– Ronnie Milsap

◆これはちょうどヒットしていた頃のステージだね。
↓↓↓↓↓


◆ロニー、エンタティナーだね!
↓↓↓↓↓


◆ロニー最大のヒットはこの曲。"(There's)No Gettin' Over Me"。邦題は"許してダーリン"だったかな。
↓↓↓↓↓



(この曲を購入)
Essential Ronnie Milsap Original recording remastered, Import
Ronnie Milsap

81ZqqyB50VLSL1500_.jpg
こちらamazon.co.jp
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

ロニー・ミルサップですが、地味な曲が多くって、ヒット曲も大ヒットがなかったので、Top40ヒットが6曲もあったとは意外でした。
アメリカでは根強い人気がありますね。
なんといっても彼の特徴のある心地よい声がいいですね。
ポップスカントリー系の曲にぴったりです。

No title

この曲は訳してて楽しかったです。好きな彼女に会いたい一心で捜し続ける彼。そこに降るスモーキーマウンテンの雨。なかなか絵になります。
でも彼からすると純愛でも、相手からすると恐怖だったりするのかも(^_^;)←名曲ぶち壊しですね!

'80sの年間TOP100集めてた時に

Hot100の最高位が24位なのに81年年間チャートで88位…Sheena Eastenの「For Your Eyes Only(92位)」より上…。当然、集計期間の関係とかありますから一概には言えませんが、すげーなーって思います。長期間エントリーとかラジオの放送回数とかレコード屋の売り上げレポートとか…が当時は加味されてたから、地方での地味で絶大な人気があったんでしょうね。

それにしても「雨」の歌なのに「雨」感を感じさせない「(一聴)元気ソング」ですね。めったさんの訳で意味判明しました!「見つめていたい」みたいなテーマなんでしょうね…つきまといの気合入れる曲…ゴメンナサイ。

いやー良い時代に生まれて良かった

めったさん。リクエストに応えていただきありがとうございました。(笑)やはりこの曲はいい曲ですね。しかし,詩がこんなにも女々しいとは。地味JAM尊さんも言われるように「元気ソング」のはずでしたが・・・当時のtop10の曲もみんな明るい曲調のものが多く本当に良い時代に生まれて良かったなと思っています。(当時は大学1年生でした。)先日もテレビで80年代の邦楽/洋楽を紹介する番組がありましたがそこで紹介された有名なバンドよりこの曲のようにアメリカでのみヒットしていた曲の方にやはり強い思い入れがありますね。

No title

“smoky mountain”に僕は行ったことがありませんが、世界遺産にも登録されてる自然の残る山地であり、よく雨の降る場所であるとのこと。米国の人はこのタイトルを聴いてイメージするものがあるんでしょうね。もちろん、すべての人に物語はあるものの、舞台設定が特別な歌なのでしょうね。いろんなストーリーを描ける風景なのだろうと思います。和訳してみたら。歌詞のカテゴリーはストーカーソング!?なのですが、そのことはさして意味のないことなのかも知れません。歌の大意に沿った和訳をする力があるといいのに!と思っております、、、。

No title

someoneさん、ホントそう思います。“めったpops”も年月を重ね、さらに埋もれた名曲を取り上げられるようになってきました(笑)。同世代の皆さんとは、懐かしい曲を聴く中で、楽しくせつなかった思い出を蘇らせたりしてほしいと思いますし、若い世代の方には、心に響く名曲と出会うきっかけになると良いなあと思ってます。それがお世話になった曲たちへの感謝として僕のできることかな、←なんてカッコつけてんじゃねーヨ!