Theme From The Big Wave / ビッグ・ウェイブのテーマ (Tatsuro Yamashita / 山下達郎)1984


THEME FROM BIG WAVE 投稿者 f100001930776541

Out there in the ocean that's my silhouette
Out there waiting where the mountains move
I'm all alone, but I'm at home
Livin' with nothing left to prove

海の向こうに見える あれは僕の影
大きな山のような波が動きだすのを
僕はあそこ待つんだ
僕はひとり波に揺られてる
だけど淋しくない むしろ落ち着くんだ
波に乗るためだけに生きてるんだよ

We've got summer right here in our hearts
And we move with the tide
We just float in the sun
'til the big wave comes
Then we ride ride ride

僕ら心の真ん中に 夏がある
潮の流れに沿って動いていくんだ
お日様の光を浴びて漂いながら
でっかい波がくるだろ そしたら
僕らはそいつに乗る
ビッグウェイブに乗っかってやるんだ!

Looking for the pieces of a shattered dream
Running out of places to be free
No where to go, I only know
I hear the thunder calling me

バラバラに壊れた夢たちを探して
自由になれる場所をなくしてしまった
どこにも行く場所はないけど
わかってるんだ
心の中で雷鳴が僕を呼んでいる

We've got summer right here in our hearts
And we move with the tide
We just float in the sun 'til the big wave comes
Then we ride ride ride

僕らは心の真ん中にいつも夏を感じてる
潮の流れに沿って動いていこう
お日様のもと波にぷかぷか浮いてるのは
でっかい波を待ってるからなのさ
そいつが来たら
僕らはそいつに乗っかってやる
ビッグウェイブに乗っかってやるんだ!

There was this girl, another world
But I hear the thunder calling me

素敵な彼女がいたけど
別な世界にいっちゃったんだ
でも
僕には彼女の声が聞こえてくるんだ

We've got summer right here in our hearts
And we move with the tide
We just float in the sun
'til the big wave comes
Then we ride ride ride

私たちにとって夏はイチバンの季節
潮の流れを見てスポットを決めるの
ビッグウェイブが来るまで
お日様の光を浴びて波に浮いてましょう
でも そいつが来たら
乗りこなしてみせて!

ビッグウェイブに一緒に乗っかっていこう
ビッグウェイブに乗っかろう!

Released in 1984
From The Album
“Theme From The Big Wave”

317E60E5K0L__SL500_AA300_.jpg

*「夏」曲特集です。過去に掲載した記事のリバイバルです。

 梅雨明け!夏の洋楽と言えば・・・この曲が真っ先に浮かびます!正しくは洋楽ではなく、英語詞の歌ですけど(笑)! 僕自身はサーフィンはやりませんが、日差しや潮の香り、波の音など、視覚・嗅覚・聴覚まで浮かんでくる曲ってなかなかないと思いますが、この曲を聴くと、そのイメージが浮かんできませんか?
 BIG WAVEの映画は観ていませんが、この曲の入っている山下達郎のアルバム「BIG WAVE」(全曲、英語)は達郎のアルバムだと1番聴いたかな。(次が「For You」、「Ride On Time」)

 歌詞を書いたのがAlan O'day(アラン・オディ)と聞いて、全米トップ40ファンだった方は注目したことでしょう。アラン・オディは、ライチャス・ブラザースの「ロックンロール天国」、ヘレン・レディの「アンジー・ベイビー」の作者。自らも「アンダーカバー・エンジェル」(この曲もPOPで楽しくて好きです)を1976年に全米1位にしたソングライターです。
 でも、実はこの曲は、元歌がある。FM番組のなかで、大貫妙子が作詞、山下達郎が作曲と、その場で歌を作ってみた作品であるとのこと。「Theme From Big Wave」はこの曲の歌詞を、サーフィンをテーマにしてアランが英語詞を書いたものです。
 (アルバム「BIG WAVE」にはゴキゲンな曲、素敵な曲が沢山入ってます。「Your Eyes」はそのなかでも…名曲ですね)
 
 さいごに歌詞ですが、3番に出てくる「This Girl」は誰なのでしょう。彼女は「Another World」にいる人。そして僕の耳元には「Thunder(雷鳴)」が鳴り響いてる。
 ベタなストーリー、勝手な解釈ですが、彼女はサーフィンで知り合った仲間。ただ事故か何かの不幸で亡くなってしまった。僕はそれでも彼女のことを忘れない。海に入れる季節になると、彼女が「ねえ、またビッグ・ウェイブに乗りに行こうよ!」って声が聞こえてくる。まるで雷鳴がとどろくように・・・。

 ◆1984CM MOON RECORDS Big Wave 山下達郎
↓↓↓↓↓


◆アルバム収録「Magic Eyes」もアランが歌詞を書いてます。
↓↓↓↓↓


◆「BIG WAVE」鹿児島で活動する山下達郎コピーバンド「KOSHABAND」さん。2013.4.23LIVEより
↓↓↓↓↓


(この記事は以下を参考にしました)
・Wikipedia BIG WAVE
・Wikipedia アラン・オディ
・Amazon.co.jp BIG WAVE
・ジャケット写真もここからいただきました。
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんんちは~このアルバムは私も大好きでして、夏のドライブにぴったりですよね。

特に2曲目のJODYは、テンション上がります~

何歳になっても、たまに聴きたくなるんです^^

ジョ~ディ~♪

"ビッグ・ウェイヴのテーマ"でテンションが"海""太陽"!ってなったところで、タツローさんの高音で、"ジョ~ディ~♪"がたまらない!ですよね。このアルバムはアラン・オディ作詞のオリジナル曲だけじゃなく、ビーチボーイズの曲"ガールズ・オン・ザ・ビーチ""ダーリン"なども教えてくれたし、"ディス・クッド・ビー・ザ・ナイト"などの名曲とも出会わせてくれました。夏が来ると聴きたくなりますね。