Walking In Memphis / ウォーキング・イン・メンフィス (Marc Cohn / マーク・コーン)1992



Put on my blue suede shoes
And I boarded the plane
Touched down in the land of the Delta Blues
In the middle of the pouring rain

ブルー・スウェード・シューズを履いて
飛行機に乗り込んだのさ
デルタ・ブルースの地に足を降ろすんだ
降りしきる雨のなかでね

W.C. Handy, won't you look down over me
Yeah I got a first class ticket
But I'm as blue as a boy can be

W.C.ハンディよ 僕を見下さないでくれ
そう 僕はファーストクラスの
チケットを持ってるのさ
でも僕の心は少年のように憂うつなんだ

Then I'm walking in Memphis
Walking with my feet ten feet off of Beale
Walking in Memphis
But do I really feel the way I feel

そして僕はメンフィスを歩いてる
ビール通りから10フィートのところさ
僕はメンフィスを歩いてる
でもこの感じ 僕は本当に感じてるんだろうか

Saw the ghost of Elvis
On Union Avenue
Followed him up to the gates of Graceland
Then I watched him walk right through

エルヴィスの亡霊を見たんだ
ユニオン・アヴェニューでね
グレイスランドの門まで彼に付いていった
そのとき彼が入っていくのを僕は見たのさ

Now security they did not see him
They just hovered 'round his tomb
But there's a pretty little thing
Waiting for the King
Down in the Jungle Room

警備員はエルヴィスを見てないんだ
彼のお墓のまわりをうろつくだけさ
そこにはとても可愛い女の子がいて
キング・エルヴィスを
「ジャングル・ルーム」あたりで待ってたのさ

Then I'm walking in Memphis
Walking with my feet ten feet off of Beale
Walking in Memphis
But do I really feel the way I feel

そして僕はメンフィスを歩いてる
ビール通りから10フィートのところさ
僕はメンフィスを歩いてる
でもこの感じ 僕は本当に感じてるんだろうか

They've got catfish on the table
They've got gospel in the air
And Reverend Green be glad to see you
When you haven't got a prayer
But boy you've got a prayer in Memphis

テーブルの上にはナマズ料理
あちこちでゴスペルの調べが聞こえてくる
グリーン牧師が歓迎しているよ
祈ることなんて何もなくたって
ボーイ きみは祈っているんだよ...
ここメンフィスでは

Now Muriel plays piano
Every Friday at the Hollywood
And they brought me down to see her
And they asked me if I would

Do a little number
And I sang with all my might
And she said
"Tell me are you a Christian child?"
And I said "Ma'am I am tonight"

そしてミュリエルはピアノを弾く
金曜日の度にハリウッドカフェでね
僕はみんなに連れられてきたんだ
みんな僕を彼女に会わせようとして
そして僕にせがんできたのさ

何かちょっと一曲演ってくれないかって
それで僕は精一杯歌ったのさ
そしたら彼女がこう言った
"あなたはキリストの子供なの?"って
すると僕
"はいママ、今夜はそういうことで"って

Then I'm walking in Memphis
Walking with my feet ten feet off of Beale
Walking in Memphis
But do I really feel the way I feel

そして僕はメンフィスを歩いてる
ビール通りから10フィートのところ
僕はメンフィスを歩いてる
でもこの感じが本物なんだろうか?

Then I'm walking in Memphis
Walking with my feet ten feet off of Beale
Walking in Memphis
But do I really feel the way I feel

そして僕はメンフィスを歩いてる
ビール通りから10フィートのところ
僕はメンフィスを歩いてる
でもこの感じが本物なんだろうか?

Put on my blue suede shoes
And I boarded the plane
Touched down in the land of the Delta Blues
In the middle of the pouring rain

ブルー・スウェード・シューズを履いて
飛行機に乗ったのさ
デルタ・ブルースの聖地に降り立ったんだ
降りしきる雨のなかで

Touched down in the land of the Delta Blues
In the middle of the pouring rain

デルタ・ブルースの聖地にたどり着いたのさ
雨が降っていたそのなかで...

Writer/s: MARC COHN
Sony/ATV Music Publishing LLC

W. C. Handy
=(本名:William Christopher Handy)
="ブルースの父"と言われる
Beale=ビール・ストリート(メンフィスの街の中心にある、ブルース発祥の地と言われる)
Graceland=エルヴィスの邸宅だった建物を含む、その敷地。
hover around=うろつく 付け回る, つけ回す
The Jungle Room=メンフィスにあるエルヴィスの豪邸、グレイスランドにある居間のこと
Reverend=牧師

Released in 1992
US Billboard Hot100#13
From The Album“Marc Cohn”

71TfZ9EBMyLSL1425_.jpg

マーク・コーンの全米トップ40内ヒットはこの"Walking In Memphis"1曲だけです。チャート的には一発屋(One Hit Wonder)ですが、でもマークは第34thグラミーの新人賞も獲りましたので、でっかい一発でしたね。(Boyz Ⅱ Men、C&C Music Factory、Color Me Baddなど大ヒットを飛ばしたボーカル・グループらを押さえての受賞でした)

◆はい、マークがこの曲"Walking In Memphis"を携えてグラミー賞を獲ったのは、やっぱりチャートの成績以上に、この曲にアメリカ人の心を打つものがあったからなんだろうと思います。

"メンフィスを歩く"…テネシー州メンフィスは"ブルースの聖地"と言われている場所です。この曲はマークが"ブルースの聖地=メンフィス"を訪れて感じたことを歌ってるんですね。

220px-Marccohnwalking.jpg
マークは次のようなコメントをしています。

何かしらの精神的な目覚めを導くものがその地にはあると思った。そういえば、ずっと前にジェイムス・テイラーが、歌がそこで待っているような場所があるものだ、と言っていたのを想い出したよ。(彼のデビューアルバム「マーク・コーン」の日本語ライナーノーツより)


マークはこの曲について次のように説明しています。この曲はブルース音楽の世界の洗礼を浴びるための旅を歌ってるんだ。"精神の目覚め"(Spiritual Awakening)について歌っているんだよ。
(この曲のSongfactsページより)



◆はい、そんな場所に旅するのに、まずは"ブルー・スウェード・シューズ"を履いて…ってまずは形から入っていっているのもこじゃれた感じです。
ちなみに "Blue Suede Shoes"は1956年に発売されたカール・パーキンスのシングルです。ロカビリー、ロックンロールのスタンダード曲として、多数のアーティストにカバーされています。エルヴィスの歌った"Blue Suede Shoes"は1956年に全米20位になっています。

そしてエルヴィスの亡霊に会い、彼のグレイスランドやジャングル・ルームを見て…。でもマークは自分に問いかけます。"僕の感じているこの感じ、これが本物のブルースなんだろうか?"
そしてグリーン牧師とのやりとりと、ミュリエルとの共演。このなかで、彼はスピリチュアルに目覚めていく・・・んですね。

◆ところで歌詞のなかで"ハリウッドで毎金曜に歌う"という"ミュリエル"とは誰?また、なぜブルースの聖地であるメンフィスを歌っているこの歌でHollywoodが出てくるのでしょう?

このサイトに答えがありました。
Who is Muriel and What is the Hollywood?(こちらご参照)

・"Hollywood"とは、メンフィスの南にある小さなレストラン"The Hollywood Cafe"のこと。(今も実在)

hollywood-cafe.jpg

・1980年代にゴスペル・シンガーの"ミュリエル"さんが実在していて、"The Hollywood Cafe"で毎週金曜弾き語りをしていたようです。
1986年にマーク・コーンが"The Hollywood Cafe"を訪れて、ミュリエルさんと一緒に"Amazing Grace"を歌ったという記録があるようです。マークはこのことを歌にしたんでしょうね。

◆マークはメジャーなヒットはこれ以降ないものの、地道に音楽活動を続けていますよ。ちょっと落ち着いた感じで聴くのにいいアーティストですよね。

◆“Walking In Memphis”が最高位13位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week July 6, 1991

ポーラ・アブドゥルの名曲"Rush Rush"(めった和訳) が1位。エクストリームの"More Than Words"(めった和訳) 、REM"Losing My Religion"(めった和訳) もこの頃のヒットなんだな。

-1 1 RUSH RUSH –•– Paula Abdul
-2 3 UNBELIEVABLE –•– E.M.F.
-3 2 I WANNA SEX YOU UP –•– Color Me Badd
-4 4 POWER OF LOVE/LOVE POWER –•– Luther Vandross
-5 7 RIGHT HERE, RIGHT NOW –•– Jesus Jones
-6 6 MORE THAN WORDS –•– Extreme
-7 13 PLACE IN THIS WORLD –•– Michael W. Smith )
-8 11 GYPSY WOMAN (SHE’S HOMELESS) –•– Crystal Waters
-9 5 LOSING MY RELIGION –•– R.E.M.
10 12 HERE I AM (COME AND TAKE ME) –•– UB40
11 14 HOW CAN I EASE THE PAIN –•– Lisa Fischer
12 10 PLAYGROUND –•– Another Bad Creation
13 15 WALKING IN MEMPHIS –•– Marc Cohn

◆エルヴィスの歌う"Blue Suede Shoes"。カッコいい~!
↓↓↓↓↓


◆"ブルースの父"=W.C.Handyの"Memphis Blues"(1912)
↓↓↓↓↓


◆マーク・コーンのライヴから。
↓↓↓↓↓


◆シェールもこの曲を1995年にカバーしています(全英11位)。"メンフォス"って発音してるな。
↓↓↓↓↓


◆マークのアルバム"The Rainy Season"より"Walk Through The night"。(1993年 最高位全米121位)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
The Very Best Of Marc Cohn CD, Import
マーク・コーン

51dvy1qUFjL_SX425_.jpg
こちらamazon.co.jp



関連記事

コメント

非公開コメント