Houdini Said / フーディニー・セッド (Gilbert O'Sullivan / ギルバート・オサリヴァン) 1971



Doctor in love
who is above all others close to you
Is it the Queen is it obscene
Tell me I want you to

Oh I've often wondered
what it is that incites
So many young people
to take part in those riots
Whereby all men in blue are
the targets to destroy

恋する医者がいる
誰よりもきみに近い人は誰?
女王なのかい? それとも常識外れ?
教えておくれ 僕はきみに…

ああ ときどきわからなくなるよ
何が僕らの気持ちをかきたたせるんだろう?
沢山の若者たちが暴動に参加して
それによって
警官隊が攻撃の標的になってるんだ...

Lady be good
I wish you would
Meanwhile exclusively
Have I the right to print in spite
Of what your views would be

Concerning those matters of the utmost degree
The point being the question
and the question being he
Who laughs first has a thirst to laugh longest
Has he?

レイディ いい子にしなよ
きみにはそうあってほしいのさ
その間 もっぱら
きみの意見がどうであっても
僕が活字風に
はっきりと書いちゃってもいいかな

これらの事のなかで
一番の問題が何だかっていうと
要するに問題は彼のことさ
最初に笑ったヤツは
最後まで笑いたがるってことだ
彼はどうなんだろ?

Over there (over where)
Over there (over where)
On the wall (what wall)
The one in the hall (oh the hall)
I can see (we can see)
Well you could have fooled me

あそこだよ(どこだい?)
あそこにも(どこだい?)
壁に書かれてる(どこの壁?)
ホールに書かれてる(ああ ホールだよ)
僕には見える(見えるよね)
ああ そんなの嘘だよね

Some take the attitude that life is a drag
They say and I quote
"Man it just isn't our bag"
But if that's where it's at
why the hell don't they go

"人生なんて退屈だ"という態度をとる人たち
彼らはこう言う 引用すると
"ねえ 僕はこんな人生 嫌なんだ"
でもほんとにその通りだったら
一体どうして人生止めちゃわないんだろう?

Houdini said to get out of bed
Was the hardest thing he could do
Yet when he's tied strait-jacket plied
He's out at the count of two

フーディニーは言ったよ
"ベッドから抜け出すほど骨の折れることはない"
彼は何重も拘束服を着せられ縛られても
ふたつ数えるくらいで抜け出してみせた

It seems elementary my dear Watson I know
But think what would happen
if for instance this show
That we're in should begin not one hour but
Two late

初歩的なことじゃないか ねえ ワトソンくん
でも考えてみてよ
たとえば僕らがやってるこのショーが
遅れて始まったらどうなっちゃうんだろう?
1時間どころか2時間遅れで

Over there (over where)
Over there (over where)
On the wall (what wall)
The one in the hall (oh the hall)
I can see (we can see)
Well you could have fooled me

あそこだよ(どこだい?)
あそこにも(どこだい?)
壁に書かれてる(どこの壁?)
ホールに書かれてる(ああ ホールだよ)
僕には見える(見えるよね)
そんなこと嘘さ

Over there (over where)
Over there (over where)
On the wall (what wall)
The one in the hall (oh the hall)
I can see (we can see)
Well you could have fooled me

あそこだよ(どこだい?)
あそこにも(どこだい?)
壁に書かれてる(どこの壁?)
ホールに書かれてる(ああ ホールだよ)
僕には見える(見えるよね)
そんなこと嘘だよね

(Gilbert O'Sullivan)

above all others=全てを上回って、とりわけ、何にもまして、何よりも
obscene=わいせつな、節度を欠いた、常識から外れた
incite=〈怒り・好奇心などを〉起こさせる,かき立てる
riot=(集団による)暴動,騒動;
whereby=〔それによって・それに従って〕~する
the men in blue=(1)警官.(2)水夫.(3)アメリカ連邦軍隊
exclusively=独占的に、もっぱら、ただ~だけ
in spite of= …にもかかわらず
utmost degree=最大限度
cf.a thirst for=〔…を〕切に望んで,渇望して
point being that=《the ~》要するに
You could have fooled me!=そんなことうそだろう
to take an attitude=態度を取る
cf.Jazz isn't my bag.=ジャズはおれの好みじゃない
strait-jacket=
(狂暴な精神病者・囚人などに着せる)拘束服、拘束、束縛
tied=しっかりと縛られた
ply=ねじれ、機を織ること、または肩で作られることにより結合する
elementary=基本の,初歩の,初等の

Released in 1971
From The Album“Himself”

R-1425144-123369542peg.jpg

ギルバートの来日公演も来月に迫りました!3月の月イチ・ギルバートは、前回の来日公演で演ってくれた"フーディニー・セッド"。

彼の1st"ギルバートオサリヴァンの肖像(Himself)"に収録されている。"5分24秒"という彼の曲のなかでは長めの曲で歌詞も難解、曲の展開も複雑な曲です。

◆この曲について、ギルバートは次のように言っています。

Houdni Saidも大好きな曲です。曲中の変化もよくできており、ピアノが早くなっていったり、スイングル・シンガーズのようなコーラスも入ってます。当時は4~5分の曲を作るのは珍しいことだったのです。(オリジナルコレクション1971-1977ライナーノーツより)


はい、やっぱり気に入っているんでしょうね。2015年のBillboard Liveでも演ってくれました。今回の公演ではどうでしょう?

1461876280_000.jpg

◆また彼の「The No.1 Gilbert O'Sullivan Website」でこの曲についてギルバートは次のようにコメントしています。(僕のかなりの意訳です)

この曲はあなたが見るものであるし、書くものなんだ。今日の僕たちの暮らしにも絶対 関係があることだよね。でもこの曲は皮肉な表現に徹してるし、詞を深読みしてもよけいわからなくなっちゃうよ。


はい、あまりの深読みはわけわからなくなっちゃうんですね(笑)

いずれにしても"フーディーニ―が言ったよ"というタイトルのこの曲、"フーディーニ―"とは誰でしょう?

ウィキペディアより(一部略):

ハリー・フーディーニ(Harry Houdini、1874 - 1926年)は、「脱出王」の異名を取った、ハンガリー王国ブダペスト市出身のユダヤ人で、アメリカ合衆国で名を馳せた奇術師。
「現在でもアメリカで最も有名な奇術師」と呼ばれるほど認知度は高く、奇術師の代名詞ともなっている。超能力や心霊術のいかさまを暴露するサイキックハンターとしても知られる。


1409568838294_wps_6_Harry_Houdini_1874_1926_s.jpg

歌詞に"縛られても抜け出してみせた"とあるように、フーディーニ―は"脱出王"なんですね。そんな彼が本当に言ったのでしょうか?"ベッドから起き上がる(抜け出せる)ほど難しいことはない"という言葉。なかなかシャレてますね。(調べたのですが、本当に言ったことなのかどうかはわかりませんでした)
歌詞ではそのあと"ワトソン"が出てきます。この名前で想い出すのは名探偵シャーロック・ホームズ。ワトソンは名探偵の相棒ですね。フーディーニ―は「名探偵ホームズ」の著者であるコナン・ドイルと交流が深かったらしいので、ワトソンが登場してきたのかな?まあ、深読みはやめておこう。(でもそうしちゃうと歌詞の意味がまったくわからないですね)

いずれにしても、まだ若かりしギルバートが社会に対して何かしら醒めた目で皮肉を言ってる歌詞なのかなととらえています。それでもイントロや、メロディが何かしらもの淋し気だったり、途中の間奏の楽器やストリングスが悲しみを表しているように僕には思えます。

91M-FcUVq1SX425_.jpg

◆ところで、ポケモンをやる人、"フーディニー"は、ポケモンの"フーディン"のモデルですね。フーディンは、ポケモン「ケーシー」
が「ユンゲラー」に進化し、さらに進化したポケモンです。はい、ケーシーは予言者"エドガー・ケイシー"、ユンゲラーは日本でも有名"ユリ・ゲラー"が由来ですね。ポケモン"ユンゲラー"はスプーン1本を持っていますよ(笑) でもポケモン"フーディン"はスプーンを2本持っているけど、フーディン自身は超能力のいかさまを暴露する側だったようなので、そんな彼にスプーン持たせちゃいけないだろ!

10d7bf.jpg

◆これが"結婚"ってことさ!~おおっギルバートのようなカッコをした人がいっぱい!~アルバム「Himself」から"Matrimony"(めった和訳)
↓↓↓↓↓


◆アルバム"Himself"のエンディング。"Doing The Best I Can ~ Outro"。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)
Himself CD, Deluxe Edition, Import
Gilbert O'Sullivan
こちらamazon.co.jp

R-1425144-123369542peg.jpg


(今日のお弁当)
*今日は試合で軽くでよいとのこと…。大好物の焼きそばで。

やきそば


関連記事

コメント

非公開コメント