Teardrops On My Guitar / ティアドロップス・オン・マイ・ギター (Taylor Swift / テイラー・スウィフト)2007



(Spoken)
Drew:Hey ya, you gotta go to the game on friday?
Taylor:Oh, I would think about it, why?
Drew:Oh, I don't know, just asking
oh, I met this girl. gotta tell you about it later

(会話)
D:よお、金曜の試合、観に行く?
T:そうね、考えておくわ、どうして?
D:いや別に大したことないよ、ただ聞いてみただけ。
 そうだ。いい子見つけたんだ。あとできみに話すよ。

Drew looks at me
I fake a smile so he won't see

That I want and I'm needing
Everything that we should be

ドリューが私の方を見る
私は作り笑いをするの 
そしたら彼は気が付かないでしょ

私たち二人がこうなればいいって
私が望んでることを見ぬかれないよう

I'll bet she's beautiful,
that girl he talks about
And she's got everything
that I have to live without

そのコはきっと綺麗なのよ
彼が話してる女のコはね
そのコはすべて持ってるのよ
私には縁のない素敵なものをね

Drew talks to me,
I laugh cause it's just so funny

That I can't even see anyone
when he's with me

ドリューが私に話しかける
私 笑っちゃうのよ とても面白いから

私 誰も見えなくなっちゃうの
彼が私のそばにいると

He says he's so in love,
he's finally got it right,
I wonder if he knows
he's all I think about at night

彼は恋してるって言うの
やっとうまくいったみたいね
彼は知ってるのかしら
夜になると私
彼のことばかり考えてるって

He's the reason for
the teardrops on my guitar
The only thing that
keeps me wishing on a wishing star

He's the song in the car I keep singing,
don't know why I do

私のギターの涙の跡
それは彼のせいなのよ
たった一つだけなのよ
私が星に願いをかけるのは

私が車のなかで口づさむのは
彼を想う歌ばかり
どうしてかわからないのにそうしちゃうの…

Drew walks by me,
can he tell that I can't breathe?
And there he goes, so perfectly,
The kind of flawless I wish I could be

ドリューがそばを歩いてる
私が息ができないってわかちゃうかしら?
ほら彼が通っていくわ とっても素適
こんな風になれたらってほど彼は完璧なの

She'd better hold him tight,
give him all her love
Look in those beautiful eyes
and know she's lucky cause

そのコは彼をぎゅっと抱きしめて
愛のすべてを捧げるべきよ
きれいな瞳をのぞき込めば
自分がラッキーだって気付くはずよ
だって...

He's the reason for
the teardrops on my guitar
The only thing that
keeps me wishing on a wishing star

He's the song in the car I keep singing,
don't know why I do

私のギターの涙の跡
それは彼のせいなの
たったひとつだけよ
私が星に願いをかける願いごとは

私が車で口づさむのは彼を想う歌ばかり
どうしてかわからないわ そうしちゃうのよ

So I drive home alone,
as I turn out the light
I'll put his picture down and maybe
Get some sleep tonight

そして私はひとり家に車で帰る
部屋の明かりを消したら
彼の写真を倒しておこう
そしたら今夜は
少しは眠れるかもしれないから

He's the reason for
the teardrops on my guitar
The only one who's got enough of me
to break my heart

He's the song in the car
I keep singing,
don't know why
I do

私のギターの涙の跡
それは彼のせいなのよ
そんな男の子は彼だけよ
私の心を傷つけるのは

彼がその歌よ
私が車のなかで口づさむのは
どうしてかわからないのに
そうしちゃうの…

He's the time taken up,
but there's never enough
And he's all that I need to fall into..

彼のことを想ってばかり
時間が全然足りないの
私がのめり込みたい人は彼だけ...

Drew looks at me,
I fake a smile
so he won't see...

ドリューが私を見る
私はつくり笑いを浮かべるの
彼が気が付かないように...

(Taylor Swift, Liz Rose)

flawless=きずのない.完璧な

Released in 2007
US Billboard Hot100#13
From The Album“Taylor Swift”

Teardrops_on_My_Guitar.png

この曲を聴くと、テイラー・スウィフトがティーンの女子の人気を博したのもよく理解できますね!
男でオジサンの僕でも、セイシュンの甘酸っぱい恋で胸がきゅんとしますから(気持ち悪いって言わないで)。この曲を聴いて、しばし皆さん、セイシュン時代に戻りましょう!(^▽^)/

◆彼女のデビューアルバムからのセカンド・シングル。歌詞も彼女の実体験に基づいているようですね。
Wikipediaによると…

スウィフトは Drew Hardwick という名前の彼女が思いを寄せていたクラスメートとの経験に基づいて書かれています。Hardwichはその後しばらくして海軍に行くことになります。Hendersonvilleハイスクールの高校1年のとき、スウィフトとHardwichは毎日のようにクラスで毎日一緒にそばに座っていました。二人の間には友情が芽生えましたが、スウィフトは心のなかで密かにロマンティックな関係になりたいと思っていました。でもHardwickはそのことに気付かず、しばしばスウィフトにいいなと思った女のコのことを話したりしていたようです。


taylor-swift-teardrops-on-my-guitar16311.jpg

◆また、彼女のWebサイトではテイラーはこの曲について次のようにコメントしています。(taylorswift.com) 

私はその男の子にすごく夢中だったのよ。でも、彼は毎日のように私の横で話すのよ…ほかの女のコのことをね。どんなに彼女がきれいで、素敵で頭がよくって完璧なんだってことを。私は座ってただ聞いてるだけ。何度も"あなたの話を聞いて私もすごくハッピーよ"なんて思うわけないのにね。そこで思ったの。私が歌に自分の感情をどう入れ込むのか、いい例になるかなって。ときどきそうなっちゃうのよ。実名を出すことをためらったりはしないわ。この曲が好きなのよ。とっても誠実で傷つきやすい恋だったから。今、二人は今でも一緒にやってるわ、彼もこの曲について特に何も思ってないみたいよ。


Taylor Swift - Teardrops on my guitar (DVD rip)

◆相手の男の子のドリューって名前は実名なんですね!冒頭のPVでDrewの役を務めたのは米国のシンガーソングライター・俳優のタイラー・ヒルトン(Tyler James Hilton)。俳優としては、テレビドラマ「One Tree Hill」でクリス・ケラー役が出世作のようです。このPVに出演した頃は相手役のテイラー・スウィフトがこんなにビッグなアーティストになるとは思ってなかっただろうな…。

◆テイラーの最新のビデオは、ゼイン・マイクと共演した"I Don't Wanna Live Forever"。映画「フィフティ・シェイズ・ダーカー」のサントラからの曲です。最高位は全米2位かな?(Billboard Hot100の3/11付チャートで3位) *こちらをご参照 (星船さんビルボードチャート日記)

◆Taylor Swift - Teardrops On My Guitar Live at Revival
↓↓↓↓↓


◆みんなこの曲を大好きなんだな。大合唱です。2013年の"Red Tour"から。
↓↓↓↓↓


◆この曲のPVでドリュー役を務めたTyler Hiltonの歌う"Prince Of Nothing Charming".なかなか味わいのある曲。
↓↓↓↓↓


◆ZAYN, Taylor Swift - I Don’t Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)
Taylor Swift CD, Enhanced, Import
テイラー・スウィフト

TaylorSwiftdebue.jpg
こちらamazon.co.jp


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

テイラーのこの曲好きです。ロック調の軽快POPSで北京五輪米国代表の応援歌「チェンジ」などで完全脱皮した彼女ですが、元々はカントリー部門の歌手。デビュー曲「Tim McGrawや、次のヒット曲「Teardrops On My Guitar」あたりが古き良き時代を思わせるようなカントリーPOPSいいですね。(「アワーソング」や「You Belong with Me」あたりはまだカントリー調ですがPVを見ると完全に転機の予兆が窺えます。カントリー界では「テイラーから見捨てられた・・(泣)」と喪失感や恨み節も聞こえますが、人気大爆発の彼女にとってはそんなことはお構いなしだったんでしょうね。(笑)

No title

テイラー・スウィフト嬢は歌う歌に、彼女の成長過程が見られますね。女子もギターを弾くのは普通ですが、歌にはなかなかなかった気がします。その辺りも新鮮、ピュアな想いを歌った歌は共感を呼ぶんでしょうね。