Hello Again / ハロー・アゲイン (Neil Diamond / ニール・ダイヤモンド) 1981



Hello again, hello
Just called to say hello
I couldn't sleep at all tonight
And I know it's late
But I couldn't wait

もしもし 僕だよ もしもし…
ハローってそれだけを
言いたくて電話したのさ
今夜は一晩中 眠れなくて
もう遅いってわかってるけど
きみを待ちきれなかったんだ

Hello, my friend, hello
Just called to let you know
I think about you ev'ry night
When I'm here alone
And you're there at home, hello

ハロー やあ 元気かい
きみに知らせたくて電話したのさ
僕は毎晩きみのこと考えてる
いまこうして一人でいるときも
きみは家にいるのかい もしもし…

Maybe it's been crazy
And maybe I'm to blame
But I put my heart above my head
We've been through it all
And you loved me just the same
And when you're not there
I just need to hear

僕はずっとおかしかったかもしれない
そして悪いのは僕の方かもしれない
だけど考えるより心に従うことにするよ
僕らはずっと一緒にやってきたんだし
きみは変わらず僕を愛してくれた
きみは留守してるようだけど
話をただ聞いてほしいんだ

Hello, my friend, hello
It's good to need you so
It's good to love you like I do
And to feel this way
When I hear you say, hello

ハロー やあ 元気かい
きみを求める心が心地よいのさ
こうやってきみを愛することや
こんな風に感じるのが素敵なんだ
きみが"ハロー"って
答えてくれるのも素適だよ

Hello, my friend, hello
Just called to let you know
I think about you ev'ry night
And I know it's late
But I couldn't wait
Hello

ハロー 元気かい ハロー
僕は毎晩きみのこと考えてるって
きみに知ってほしくて電話したんだ
もう遅いってわかってる
でも僕は待ちきれなかったんだ
だから、ハロー…

(Neil Diamond , Alan Lindgren)

Released in 1981
US Billboard Hot100#6
From The Album
“The Jazz Singer Soundtrack”

220px-Neil_Diamond_Love_on_the_Rocks.jpg

ニール・ダイヤモンド主演の映画「ジャズ・シンガー」。この映画からのヒットは"Love On The Rocks"(めった和訳) 、そしてこの"Hello Again"も印象的なバラードでした。
 「ジャズ・シンガー」のDVDを購入してこの曲が使われている場面を確認してみると…なんと3か所に使用されていましたよ。

◆映画「ジャズ・シンガー」のあらすじはこちらのページをご参照のこと。(KINENOTE)

(1)ジェス(ニール)の才能を信じるモリ―。なかなか仕事のオファーが来ないなか、ちょっと演奏でもしようとして書きためていた曲の演奏を始めたモリ―に「もっと静かな曲がいい」とジェスが歌い出したのが"Hello Again"...。

Hello again Hello

モリ―「...なかなかいいじゃないの」
ジェス「いやたいしたことないよ」
モリ―「そんなことないわ、きれいな曲ね この歌完成させて」
ジェス「そのうちにね…」

Hellomy freind

(2)妻に去られたジェスはモリ―との恋に落ちていきます。そして二人は二人だけの結婚式を挙げ、愛を確認します。そこで流れてくるのが"Hello Again"...。フルコーラスの曲の最後には、この曲がオーケストラも加わったレコーディング風景に重なります。

Azzzsinger.jpg

(3)ユダヤ教の父親に「息子は死んだ」と言われ勘当されたジェス。それ以降、仲間やモリ―にも当たり散らし、放浪の旅に出てしまいます。それから1年。友人からモリ―が男の子を産んで育てているという話を聞いたジェスは、これまでの自分を反省し、海辺で待つモリ―の元に帰ってきた…。

Hello jess

◆歌詞だけだと、"Hello Again"の"Again"は、"また電話をかけてしまったよ"という意味だろうなと思っていたのですが、映画全体を通じてこの曲の使用されている場面を確認していくと、転んだり迷ったり試行錯誤しながらも愛を確認していく二人の状況が反映されてるように思います。"やあ、またきみと出逢ったね"...という言葉が素敵に感じます。

もし"Love On The Rocks"やこの曲"Hello Again"が気に入った方がいらっしゃったら、僕のように「ジャズ・シンガー」のDVDを買って観てみるのもおススメします(^-^)
(PS)来月はさらにもう1曲の全米トップ10ヒットになった「自由の国 アメリカ」も和訳するぞ...!(予告)

◆“Hello Again”が最高位6位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending March 28, 1981

REO"Keep on loving you"を蹴落して、6位から首位に立ったのはブロンディ!勢いがありましたね~。Styxの"The Best Of Times"は最高位3位で残念でした。ニールの"Hello Again"は6位を2週間続けますがこれが最高位でした。23位から8位と急上昇の曲は、グローヴァー・ワシントン・Jr"Just The Two Of Us"。大好きな曲なのですが、僕の想い出はちょっと...(^▽^;) こちら記事をご参照。(めった和訳)

-1 6 RAPTURE –•– Blondie
-2 2 WOMAN –•– John Lennon
-3 3 THE BEST OF TIMES –•– Styx
-4 1 KEEP ON LOVING YOU –•– REO Speedwagon
-5 5 CRYING –•– Don McLean
-6 7 HELLO AGAIN –•– Neil Diamond
-7 4 9 TO 5 –•– Dolly Parton
-8 23 JUST THE TWO OF US –•– Grover Washington Jr.
-9 12 KISS ON MY LIST –•– Daryl Hall and John Oates
10 10 WHAT KIND OF FOOL –•– Barbra Streisand and Barry Gibb

◆映画のシーンから。上の(1)と(2)の場面ですね。
↓↓↓↓↓


◆上の(3)の場面。放浪の旅に出て、ヒゲをはやしステージを続けていたジェスの元に、友人が訪ねてきます。そこでモリーが男の子を育ててることを知ったジェスは…。
↓↓↓↓↓


◆Hello Again (with lyrics) Year 1988 (Live performance at the Aquarius Theatre in Los Angeles)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入!)Amazon.co.jp
The Jazz Singer CD, Import
ニール・ダイアモンド

51FzVn4m1iL__SY355_.jpg


DSC_4684.jpg

<今日のお弁当>
ホイコーロー弁当 *ドキンちゃんおにぎり付です。
関連記事

コメント

非公開コメント