One More Night / ワン・モア・ナイト (Stephen Bishop / スティーヴン・ビショップ)1975



Everyone keeps telling me
I'm something I'm not
They fill me with questions
that tear me apart

誰もが僕に語り続ける
僕はどうしようもないヤツだって
僕を質問攻めにして
僕の心をを切り裂くんだ

But through it all
it was you who pulled me out
So please don't leave me now

だけどその間ずっと
僕を助け出してくれてたのはきみだった
だからお願いだ 僕を置いていかないで

Just give me one more night
to hold you
One more night
Give me one more night
to have you near

もう一晩だけ 僕にくれないか
きみを抱きしめたいんだ
もう一晩だけ
もう一晩だけ 僕にくれないか
きみをそばに感じていたい

There's a man at the train stop
with tears in his eyes
It reminds me of so long ago
when I was able to cry

電車の駅に一人の男がいた
その瞳には涙をためている
ずいぶん前のことを想い出したんだ
泣くことのできた頃の僕を

Now I'm strong
Slip away and laugh along
with anyone who needs someone blue

いま 僕は強くなった
笑いながら通り過ぎる誰にだって
悲しみを心に持つ誰かが必要なんだ

Just give me one more night
to hold you
One more night
Give me one more night
to have you near

もう一晩だけ 僕にくれないか
きみを抱きしめたいんだ
もう一晩だけ
もう一晩だけ 僕にくれないか
きみをそばに感じていたい

What can I say
to make you stay?
I'd do anything
I'd give everything
to have just one more night...

何て言えばいいんだ?
きみにいてもらうために
何だってするよ
何だってあげる
もう一晩だけきみといられるために…

(Stephen Bishop)

Released in 1975
From The Album“Careless”

61Z0oHZ3CjLL1111_.jpg

スティーヴン・ビショップの1st AlbumのB面に収録された"One More Night"。とても彼のファルセットが心に響く印象的なバラードナンバーです。1978年のバーブラ・ストライサンドのアルバム"Songbird"でも取り上げられカバーされていますね。

◆"もう一晩だけ僕にくれないか..."とかなり感傷的な歌詞なのですが、途中一節でガラッと雰囲気も歌詞も変わりますね。
駅、停車場?でたたずむボロ泣きをしている男の風景が頭のなかに浮かびます…それは、昔の僕の姿。おおっ彼は前にフラれて涙を流していたんだ。
でも今の彼は強くなった。涙を流したりしない。誰の心にも人の悲しみがある。悲しいのは自分だけじゃない。でも悲しみを悲しみとしか認識できなくて涙を流しその世界に溺れていってしまってはダメなんだ。前の失恋で、彼はそのことがわかった。だから今回は涙を流すようなことはしない。でも…だからこそ…もう一夜だけきみを抱きしめていたいんだ…。

 こんな勝手な解釈です。(が、本当に心から涙を流さないことがいいことなのかは、僕にはわかりません…)

◆バーブラ・ストライサンドが1978年のアルバム"Songbird"でカバーしています。
↓↓↓↓↓


◆スティーヴンの1stアルバムのB面トップはこの曲"リトル・イタリー(Little Italy)"。みんなが通りで歌い踊るイタリアの風景"がなかなか楽しくて素敵な曲です。(ほんとにみんな踊ってるのか、僕には知らないけど)
↓↓↓↓↓


◆この曲もスティーヴンの1stアルバムから"マッジ(Madge)"。Billboard Liveのステージではアンコールで演ってくれました。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)
ケアレス
スティーブン・ビショップ

61Z0oHZ3CjLL1111_.jpg
こちらamazon.co.jp

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

めったさん、こんにちわ。スティーブン・ビショップのライブ聴きに行かれたんですね。

なつかしい~ ケアレス、水色の手帖よく聴きました。

今、ふと思ったのですが、平井堅さんに声や雰囲が似ているような?

No title

のり子さん、コメントありがとうございます!はい、歌の間にユーモアのトーク…英語なので僕の理解度は半分以下でしたが(^▽^;)をはさんで、なかなか楽しいものでした。スティーヴンは、ものすごく歌詞とメロディを大切にした歌を持っていますね。見た目は違いますが、言われてみると、平井堅さんに確かに似ているようにも思います。この曲"One More Night"なんかは特にそうですね。