The Other Woman / ジ・アザー・ウーマン (Ray Palker Jr. / レイ・パーカー・ジュニア) 1982



Oh yeah
I'm in love with the other woman
My life was fine (Yes it was)
Till she blew my mind

Oh yeah
僕は恋してるんだ ほかの女のひとにね
僕の人生 何も問題なかったんだ(そうさ)
彼女が僕の心を吹き飛ばすまでは

Aw shucks, I'm just the average guy
I fooled around a little on the side
Never thought it would amount to much
Never met a girl who's love was so tough
Who'd a thought a one night stand
Could turn into such a hot romance
Mm, when she did it to me
I slipped and fell in love

ああ 僕はただの平均的な男だよ
そりゃあナイショでちょっとは
女の子にちょっかいかけたりするけどね
こんなに大事になるなんて思いもしなかった
こんな手ごわい女の子にあったことなかったんだ
一夜限りの相手と思っていたんだよ
それがホットなロマンスになっちゃった
うーん 彼女がそんな風に僕にしてきたから
僕は滑って恋に落ちちゃったんだ

I'm in love with the other woman
My life was fine (Yes it was)
Till she blew my mind

僕は恋してる ほかの女の人にね
人生 今まで問題なかったのに(そうさ)
彼女に目を覚まされたのさ

Now I know the rules of the games
You hit it once then break away clean
I should have never gone back, I know
But I had to have just a little bit more
My friends laugh but that's alright
I may be a fool but I know what I like
Now I hate to have to cheat
But it feels better when I sneak

ああ知ってるよ 恋のゲームのルールはね
一度手を出しても すぐにきれいに元通りにするんだよ
僕はなんで引き返さなかったんだろうね
でももうちょっとだけ欲しくなっちゃったんだ
友だちに笑われるけど 構わないよ
馬鹿者かもしれないけど 自分のことはわかってる
嘘ついたりしたくはないんだけど
隠れてするのが気持ちがいいんだよ

I'm in love with the other woman
My life was fine (Yes it was)
Till she blew my mind
Somebody help me
I'm in love with the other woman
My life was fine (Yes it was)
Till she blew my mind

ほかの女のひとに恋してるんだ
人生これまでずっと平穏だったのに(ああそうさ)
彼女に目を覚まされたんだ
誰か助けてくれよ
他の女の子を好きになっちゃった
人生に不満はなかったけど(その通り)
それも彼女に会う前までのことさ

Oh this affair is unique
All my life I never met such a freak
She keeps me goin' strong for so long
When I get home it's all gone
Makes me wanna grab my guitar
And play with it all night long

ああ この恋はほかにはない恋さ
僕の人生のなかで
あんな変わった女に会ったことなんてなかった
僕の強さを永遠のように持続させてくれるのに
家に帰ると もうバタンキューさ
だから僕はギターを握りたくなって
一晩中 そいつを弾いたりするのさ

I'm in love with the other woman
My life was fine (Yes it was)
Till she blew my mind

僕は恋してる ほかの女の人をね
人生に問題なかったけど(ああそうさ)
それも彼女に会うまでの話さ

Tell me, has anybody else out there
Ever fell in love with the other woman
Oh with the other woman
Say I'm in love with the other woman
With the other woman, with the other woman
I'm in love, sure 'nough in love

教えてくれよ 誰か そこらへんにいるかい?
“ほかの女”と恋しちゃってる男は?
ああ “ほかの女”なんだ
告白するよ 僕はほかの女を好きになっちゃった
“愛人”っていうのかな “ほかの女”なんだ
恋してるのさ もちろん 本気の恋さ

(Ray Parker Jr.)

aw-shucks=あぁ(恥ずかしいときに用いる)
on the side=アルバイトに, 副業として. ひそかに, ないしょで.
amount to much=to be as good as something; to be any good.

Released in 1982
US Billboard Hot100#4
From The Album“The Other Woman”

R-8911073-1471293698-4541_jpeg.jpg

みなさん、“ゴーストバスターズ!”を歌う“にやけ男”レイ・パーカー・ジュニアは、ギタリストなんですよ~!(笑)

◆この曲“The Other Woman”は“Raydio”を解散したレイが出した1stソロアルバムのタイトルトラック。曲のはじまりと間奏で、レイのギター、聴けますね~。
レイも最初は少しギター持って歌おうとしてたのかな。それがだんだんとポップスの世界では「にやけ顏」ばかり注目されて…この写真が悪いな。

51vTMAfPYSL__SX355_.jpg

 70年代中盤頃までのスティーヴィー・ワンダーやチャカ・カーンのバックのギターはたいていはレイでしたね。もとはセッション・ミュージシャンだったレイは70年代中盤からは“Raydio(レイのバンド、とラジオを組み合わせた造語”を結成、数々のヒットを出します。

◆“The Other Woman”(ほかの女)というからには、“本命”がいるってことですよね。ということは“本妻(カノジョ)”に対しての“浮気相手”“愛人”ってことですよね。ネットで“The Other Woman”を検索したら、キャメロン・ディアスの映画(2014年 恋愛コメディ:日本では未公開)のタイトルが出てきます。

film-page-feature-image-front-main-stage.jpg

この映画、邦題は付いていてその邦題は「ダメ男に復讐する方法」…!キャメロンは女性弁護士カーリー役、ある日付き合っている相手の家にサプライズで訪れたところ、そこには本妻が…!その本妻と一緒に彼の日常を探ってみたら…さらに女が!その3人で男に復讐しちゃう!という話らしい。そうだ、行け行け!そんな男、やっつけろ!(^.^)/ (僕は知らんぞ~)。
ハイ、“The Other Woman”というタイトルですでに、こんなようなタダじゃ済まない恋愛関係(-_-;)。

しかし、“Raydio”以降の彼の作品をいくつか訳してきましたが、お気楽な“Ghostbusters”などを除いては、“浮気”“不倫”のような歌が目立つなあ(^_^;)?
・“Jack And Jill”(1978年 全米8位)(めった和訳)
・“Two Places At The Same Time”(1980年 全米30位)
・“A Woman Needs Love”’(1981年 全米4位)(めった和訳)
そしてこの“The Other Woman”…こういうのは作者の思想・行動がふつー反映するよなあ(-_-;)。

おっミュージック・カセット。そんな時代ですね。

simtheother woman

◆レイはこの3月に来日、クリストファー・クロス、との共演もあるぞ。
80’s Dream 90’s Magic PREMIUM CONCERT

2017/3/4(土) ~ 5(日) 東京国際フォーラムホールA
出演アーティスト(順不同)
3/4(土) クリストファー・クロス/ナビゲーティングシンガー:石井竜也/レイ・パーカーJr.&レイディオ/稲垣潤一
3/5(日) クリストファー・クロス/ナビゲーティングシンガー:石井竜也/べリンダ・カーライル/NOKKO
3/4(土) 開場16:30/開演17:30(予定) 3/5(日)開場15:00/開演16:00(予定)

レイ単独のBillboard Liveは、大阪が2月28日、東京が3月2-3日
頭(ヘア)も丸めてサッパリ。

Raypalk.jpg

◆“The Other Woman”が最高位4位を記録した全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending June 12, 1982

ポール&マイケルの1位が続きます。2位は変わらずリック。3位が大きくジャンプしてきたヒューマン・リーグ。エイジアのHeat Of The Momentも6位に入ってきています。R.I.P カール・パーマー&ジョン・ウェットン…。

-1 1 EBONY AND IVORY –•– Paul McCartney with Stevie Wonder
-2 2 DON’T TALK TO STRANGERS –•– Rick Springfield
-3 6 DON’T YOU WANT ME –•– The Human League
-4 5 THE OTHER WOMAN –•– Ray Parker Jr.
-5 7 ALWAYS ON MY MIND –•– Willie Nelson
-6 8 HEAT OF THE MOMENT –•– Asia
-7 10 ROSANNA –•– Toto
-8 11 CRIMSON AND CLOVER –•– Joan Jett and the Blackhearts
-9 4 867-5309/JENNY –•– Tommy Tutone
10 12 IT’S GONNA TAKE A MIRACLE –•– Denise Williams

◆レイディオ時代から"You Can't Change That"です。
↓↓↓↓↓


◆レイディオ時代から"Two places at the same time"(誓いのセイム・タイム)です。
↓↓↓↓↓


(この曲を買いたい)
グレイテスト・ヒッツ(期間生産限定盤) Limited Edition
レイパーカーJr.

こちらamazon.co.jp

71lAAWeloaL1500_.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント