Long Away / ロング・アウェイ (Queen / クイーン) 1978



You might believe in heaven
I would not care to say
For every star in heaven
There's a sad soul here today

きみは天国を信じてるのかもね
それには何か言おうとは思わない
だって天国に星は輝いてるかもしれないけど
いまこの世界には
悲しい魂が沢山あるんだよ...

Wake up in the morning with a good face
Stare at the moon all day
Lonely as a whisper on a star chase
Does anyone care anyway
For all the prayers in heaven
So much of life's this way

朝に幸せな表情で目覚めても
一日中 月を眺めてる
星を追いかけるときの囁きのように孤独なんだ
気にかけてくれる人なんているのかい?
天国には祈りを捧げる人は沢山いるけど
人は誰しもこんな感じで人生を過ごしてる

Did we leave our way behind us
Such a long long way behind us
Who knows when now who knows where
Where the light of day will find us
Look for the day

僕らは何か道しるべを残してる?
とても長い道のりを歩いてきたんだよ
いつ? どこで? そんなこと誰が知ってる?
陽の光は いつ僕らを照らしてくれるんだい?
その日を探し求めて進もうよ

Take heart my friend we love you
Though it seems like you're alone
A million light's above you
Smile down upon your home

友よ この想いを受け止めてほしい
みんなきみを愛してるんだ
一人ぼっちに思うかもしれないけど
数えきれないほどの光が照らしてる
きみのいる場所に微笑みかけているんだ

Hurry put your troubles in a suitcase
Come let the new child play
Lonely as a whisper on a star chase
I'm leaving here,I'm long away
For all the stars in heaven
I would not live I could not live this way

急いで! 悩み事なんて
スーツケースにしまっちゃおう
生まれたての子どものように楽しむんだ
一人きりで 星を追いかけては囁いて
僕はここから旅立つよ
たとえ 長い道のりだったとしても
天国に星が沢山あったとしても
僕はそんなの嫌だよ
こんな風には生きていたくない

Did we leave our way behind us
Such a long long way behind us
Leave it for some hopeless lane

僕らは辿ってきた道しるべを残してるかな?
僕らはとても長い道のりを歩いてきたんだ
希望のない道を歩いてる人のために
足どりを残しておこう

Such a long long way
Such a long long way
Such a long long way I'm looking for
Still looking for that day

とても長い長い道
とても長い長い道のり
僕が探しているのはそんな長い道なんだ
僕はその日がくるのを
今も待ち続けてるんだ…

Songwriters: May, Brian Harold
Long Away lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC

care〔+to do〕=〈…し〉たいと思う.
so much of=~の多くが・ほとんどが

Released in 1979
From The Album“A Day At The Races”

uicy-75019_LRw_extralargpg.png

 アルバム「華麗なるレース」を発売日当日の買った僕。A面のブライアンの歌うこの「ロング・アウェイ」はすぐに気に入りました!前作「オペラ座の夜」の中に収録されていたブライアンがボーカルの「'39」(めった和訳) を気に入っていたので、次の作品ではブライアンはどんな曲を作って歌ってくれるだろうと思っていましたので、華麗な曲にせつないメロディとコーラス、ストーリーテラーのように語りかけてくるボーカル。まさに"待ってました"とばかりドンピシャ!の作品でした。

659479.jpg

◆この曲"Long Away"はブライアンがお手製のギター"レッド・スペシャル"以外のギターを使用している数少ない曲の1つ(中間の2番目のギターソロでは使用)。

RedSpecialBryan.png

リズム・ギターには、12弦ギターを使用しています。フレディはコーラスのみでの参加。ロジャーはドラムとコーラス、"Look for the day!"で高音パートを取るので存在感がわかりますね(^▽^;)。ジョンは…コーラスしないのでわからないのですが、きっと参加してますよね。

◆僕の持っているシンコー・ミュージック「全曲解説シリーズ」クイーン(マーティン・パワー著)でこの曲"Long Away"については、以下のような解説がありました。

メイ自身も個人的に気に入っているという「ロング・アウェイ」の歌詞は再び辛いテーマを取り上げており、ブライアン扮する主人公は、仲良しの友人たちや生まれたばかりの赤ん坊がいるにも関わらず、"I'm leaving here…I could not live this way(僕はここを出て行くよ…こんな風には生きられないんだ)"という結論に達する。

とあります。
2006年に発売されたこの書籍を購入してからというものの、この解説がどうも気になっていました。

「華麗なるレース」を購入し「Long Away」を初めて聴いたときから、僕はこの解説に書かれているような"後ろ向き"な主人公の姿を感じたことはなく、"これからも長い道は続いていく、それでも僕は天国をただ待つのではなく前に進んでいこう"という歌だと思っていました。和訳してみても…その解釈には変わりありません。

"天国を信じてる人も多いけど、僕はその人の人生については何も言わない。でもこの世には悲しい救われない魂が沢山あるじゃないか。天国を願う、星を追いかけるだけの人生ってあまりにも多い。"希望のない道"を歩いているだけだ。僕はそんなの嫌だ。そんな生き方はしたくない。僕はここを出て行くよ。そして長い道であっても僕は求めていく。本当にこの世の人々が幸せに生きられる道を…"

ブライアンはそんな風に歌っていると思っています。

imagesV9DH19I0.jpg

(PS)一時期、ブライアンは"'39"の続編、または前日譚を書いたんじゃないかな~と思っていた時期があります。

(続編の解釈)…長い道のり(Long Away)から灰色になった地球に戻ってきた主人公。地球も復興を遂げるなか、幸せに暮らそうとしていた主人公だが、やっぱり彼の人生は"旅"。旅が彼を呼んでいる。そして彼はまた出て行くのだ…。

(前日譚の解釈)…大陸がまだ地球に多くなかった頃、それでも幸せに生きていた主人公。ただ地球には救われない魂がたくさんある。そんななか宇宙からあるメッセージが…それは"私たちの持っている科学技術=コスモクリーナーで地球を救うことができます"というもの。時は"'39"年、彼は地球を救うため、船で空へ飛び立っていった…(ここで"'39"のアコースティックギターのイントロが始まります)。

まあ、どちらも解釈に無理がありますね(笑)。
(というか、前日譚は完全パクリだろ)

◆"Long Away"は米国でシングルカットされましたがチャートにランクインせず…。「華麗なるレース」からのシングルは成績は振るわなかったですね…。日本では"愛にすべてを(Somebody To Love)"(めった和訳) と"手をとりあって"(めった和訳) が大ヒットしました!

Longaway.jpg

"Somebody To Love" 英2 米13
"Tie Your Mother Down" 英31 米49
"Good Old-Fashioned Lover Boy" 英17 米なし

◆Queen + Paul Rodgers Long Away Live In Japan
↓↓↓↓↓


◆"Long Away"...ギターだけの演奏です。歌詞を見て歌いましょう!
↓↓↓↓↓


◆"Long Away"...こちらはブライアンのボーカル+コーラスのみ。演奏は入っていません!
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)
華麗なるレース(リミテッド・エディション) Limited Edition
クイーン
こちらamazon.co.jp


関連記事

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして。「華麗なるレース」は「オペラ座の夜」とは双子のような作品でそれはジャケットから見ても明らかですよね。
私個人としては’39よりもLongAwayの方がブライアンの哀愁漂う世界観が心に沁みて好きです。
Jazzの「去りがたき家」もLongAwayに似たものを感じます。70年代のブライアン曲は名作揃いですよね

No title

りかさん、コメントありがとうございます!フレディの影には隠れてますが、ブライアン、良い曲を作ってますよね。有名曲とともに隠れた名作の和訳にもじっくり取り組んでいこうと思ってます。これからもよろしくお願いします!