Stop Draggin' My Heart Around / 嘆きの天使 (Stevie Nicks with Tom Petty & Heartbreakers /スティーヴィー・ニックス)1983



Baby
You'll come knocking on my front door
Same old line you used to use before
I said ya, well
What am I supposed to do
I didn't know what I was getting into

ベイビー あなた
私の玄関のドアをノックしに来るんだわ
前にあなたが言ったセリフと同じね
私はこう言った
“そうね どうしたらいいかしら?”
自分が何に嵌まってしまったか わからなかったの

So you've had a little trouble in town
Now you're keeping some demons down
Stop draggin' my
Stop draggin' my
Stop draggin' my heart around

町でちょっと揉めちまったってあなたは言った
そうよ あなたは心に悪魔を飼ってるのね
もうやめて
もうやめてよ
もう私の心を引きずり回さないでよ

It's hard to think about what you've wanted
It's hard to think about what you've lost
This doesn't have to be the big get even
This doesn't have to be anything at all

あなたが求めたものなんてわからない
あなたが失したものなんて考えるのも難しい
これでおあいこなんかじゃないわ
こんなの何でもないことよ

(I know you really want to tell me good-bye)
(I know you really want to be your own girl)

(きみはほんとにサヨナラを言いたいんだね)
(きみはほんとに誰よりも自分でありたいんだ)


Baby, you could never look me in the eye
Yeah, you buckle with the weight of the words
Stop draggin' my
Stop draggin' my
Stop draggin' my heart around

ベイビー
あなたは決してその目で私を見ようとしない
言葉の重さで自分が身動き取れなくなってるのよ
もうやめて
もうやめてったら
私の心をもて遊ばないでよ

[Instrumental Interlude]

People running 'round loose in the world
Ain't got nothin' better to do
Than make a meal of some bright eyed kid
You need someone looking after you

世の中にはふらふらして回る人もいるわ
目を輝かせた子どもにご飯を作ってあげるより
大切なことなんて 何もないのよ
あなたは世話してくれる誰かが必要なのね

(I know you really want to tell me goodbye)
(I know you really want to be your own girl)

(きみはほんとにサヨナラを言いたいんだね)
(きみはほんとに誰よりも自分でありたいんだ)


Baby, you could never look me in the eye
Yeah, you buckle with the weight of the words
Stop draggin' my
Stop draggin' my
Stop draggin' my heart around

ベイビー
あなたは決してその目で私を見ようとしない
言葉の重さで自分が身動き取れなくなってるのよ
もうやめて
もうやめてったら
私の心を引きずり回さないで

Stop draggin' my heart around

私の心をもて遊ぶのはやめてよ

(Written by Tom Petty and Mike Campbell)

drag around=引きずり回す, 引っ張り回す
get even=借りがなくなる、あいこになる、五分五分になる
buckle=締め金で留める.〔圧力・熱などが物を〕曲げる

Released in 1981
US Billboard Hot100#3
From The Album"Bella Donna"

Stevie nageki

1月の月イチ・マック。今月はスティーヴィーちゃんの番です。
フリートウッド・マックが2枚組大作“牙(Tusk)”を発表した後、メンバーのソロ活動が活発になりました。1981年に発売となったスティーヴィーの1stソロ・アルバム“麗しのベラ・ドンナ(Bella Donna)”から“Stop Draggin' My Heart Around”(邦題は“嘆きの天使”)をお届けします。

◆「Bella Donna」は、ソングライターでありシンガーであるスティーヴィーがよく表現されている、なかなか聴きどころのあるアルバムでした。スティーヴィー自身のソロがもちろんいいのですが、そのほかに何と言ってもイーグルスのドン・ヘンリーとのデュエット“Leather And Lace”(めった和訳はこちら)と、この曲“嘆きの天使”でのトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズとのデュエットが収録されていたのが良かった! 当時、だいぶ聴きこんだアルバムでしたね。

Belladonnna.jpg

◆“Stop Draggin' My Heart Around”を曲をトムとギタリストのマイク・キャンベルが書いたときのことが、この曲のSongfactsに書いてありました。

 トムとスティーヴィーが出会ったのはハートブレイカーズのアルバム「破壊(Damn The Torpedoes)」のレコーディングの最中でした。スティーヴィーは半ば冗談で“曲を書いてくれたら、私のソロアルバムのなかで歌うのに…”と言いました。トムは最初はこのリクエストについて真剣にとらえたりはしませんでした。
 その1年後、トムのアルバム「ハード・プロミス」(1981)にスティーヴィーが参加したとき、スティーヴィーは再度、曲をリクエストしました。

 トムはバラードで“Insider”という曲を書き、ハートブレイカーズと演奏したデモをステーヴィーに送りました。スティーヴィーはこの“Insider”という曲を聴いてスティーヴィーはトムのレコーディングスタジオに行き、トムとハートブレイカーズと“Insider”を録音しました。スティーヴィーは“この曲をだいぶ気に入ったようね。だったらこの曲はあなたの方で取っておきなさいよ”とトムに言いました。そこでこの曲はアルバム「Hard Promise」に収録されることになりました。

この話があって、トムはすぐさま、バンドのギタリストのマイク・キャンベルが1年前にアレンジした“Stop Draggin' My Heart Around”を録音し、スティーヴィーに贈りました。スティーヴィーは“こんな曲を求めてたのよ”と大変気に入った様子でした。最終的にはトムとスティーヴィーはインストゥルメンタルの曲に、デュエットで声をかぶせました。


*トムのアルバム「Hard Promise」にはスティーヴィーが"Insider"ではハーモニーを、"You Can Still Change Your Mind"ではバッキング・ヴォーカルで参加しています。

220px-PettyHardPromises.jpg

◆月イチ・マックをだいぶやってきましたが、リンジーやクリスティンの曲はそろそろ尽きてきた感じ?がしていますが、スティーヴィー曲はソロも含めてまだ取り上げてない曲が結構あるように思っています。そんなわけで、2017年も月イチ・マックは続けていきますが、リンジー、クリスティンなどの順番は次月からは止めたいと思っておりますぅ...リンジー、クリスティンファンの皆様ゆるして(^_^;)。

◆"Stop Draggin'My Heart Around"が最高位3位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending September 5, 1981

この曲は「エンドレス・ラヴ」の長期政権のもと、なんと6週連続No3となっています。2位のポインター姉妹もこの陰で泣きました(*_*)。5位のロニー・ミルサップは邦題“ごめんねダーリン”だったかな。

1 1 ENDLESS LOVE - Diana Ross and Lionel Richie
2 2 SLOW HAND -The Pointer Sisters
3 4 STOP DRAGGIN’ MY HEART AROUND - Stevie Nicks (with Tom Petty and the Heartbreakers)
4 8 URGENT - Foreigner
5 7 (There’s) NO GETTIN’ OVER ME - Ronnie Milsap
6 6 QUEEN OF HEARTS - Juice Newton
7 10 WHO’S CRYING NOW - Journey
8 9 LADY (You Bring Me Up) -The Commodores
9 5 JESSIE’S GIRL -Rick Springfield
10 3 THEME FROM “GREATEST AMERICAN HERO”-Joey Scarbury

◆ Stevie Nicks - Stop Draggin My Heart Around (Live '83)
↓↓↓↓


◆歌うトムにスティーヴィーがハーモニーをかぶせます。“Insider”です。
↓↓↓↓


◆こちらもトムの「Hard Promise」から“You Can Still Change Your Mind”。スティーヴィーがバックボーカルで参加しています。
↓↓↓↓



(この曲を購入)
Crystal Visions: Very Best of Stevie Nicks (W/Dvd) CD, Import

41olj8WG87SX466_.jpg
*DVDもついておりますぞ!

★めったPOPS Facebookはこちら★
https://www.facebook.com/mettapops/

関連記事

コメント

非公開コメント

Bella Donna

アルバム「Bella Donna」私もよく聞きました。いい曲満載でしたね。
スティービー・ニックスとトム・ペティは、両方とも気だるいボーカルで、相性ピッタリではないでしょうか。
"Stop Draggin' My Heart Around"も実に良い曲でしたし、収録曲の"Edge Of Seventeen"大好きだったです。

No title

気だる感満載のカップルデュオ(笑)。スティーヴィーが声が低くて、トムは高い。こんなところも相性合うところなのでしょう。ヒットしてる時は映像見れずに聴いてましたが、今はyoutubeで見れますね。はい、気だるいカンジでイイカンジです!