Take A Bow / テイク・ア・バウ (Madonna / マドンナ)1995



Take a bow,
The night is over
This masquerade is getting older
Light are low, the curtains down
There's no one here
(There's no one here,
there's no one in the crowd)

深々とお辞儀をするあなた
夜はもう終わる
仮面舞踏会ももうおしまいね
ライトも暗くなり カーテンも降りたわ
もう誰もここにはいないのよ
(誰もいない 観客は誰も…)

Say your lines but do you feel them
Do you mean what you say
when there's no one around (no one around)
Watching you, watching me, one lonely star
(One lonely star you don't know who you are)

セリフを口にするけど あなたは感じてるの?
何を言ってるかわかってる?
誰も周りにはいないけど(誰もいない)
あなたを見てるの 私も見られてる
ひとりの孤独なスターだわ
(孤独なスター あなたは自分を知らない)

I've always been in love with you
(always with you)
I guess you've always known it's true
(you know it's true)
You took my love for granted, why oh why
The show is over, say good-bye

いつもあなたに恋してたの
(いつもあなたに)
本物だっていつもあなたはわかってたのね
(本物だってこと)
私の愛を当たり前のように思ってたのね なぜ?
ショウは終わりよ さよならね

Say good-bye (bye bye),
Say good-bye

さよならと言って (バイバイ)
サヨナラ…

Make them laugh, it comes so easy
When you get to the part
Where you're breaking my heart
(breaking my heart)
Hide behind your smile,
all the world loves a clown
(Just make 'em smile
the whole world loves a clown)

みんなを笑わせるの それはたやすいこと
あなたがその役をやると
そのことが私の心を傷つける
(私の心は傷つくの)
あなたの笑顔の陰にあるもの
世間はみんな道化師が好きなの
(ただ笑わせるのよ
世間はピエロが好きだから)

Wish you well, I cannot stay
You deserve an award
for the role that you played
(role that you played)
No more masquerade,
You're one lonely star
(One lonely star
and you don't know who you are)

元気でいてね 私はもういられない
あなたが演じた役割は
受賞するにふさわしい演技だわ
(あなたの演じた役は)
仮面舞踏会はもうないわ
あなたは孤独なスターなの
(ひとりの孤独なスター
あなたは自分が誰だかわからないのね)

I've always been in love with you
(always with you)
I guess you've always known it's true
(you know it's true)
You took my love for granted, why oh why
The show is over, say good-bye

いつもあなたに恋してたの
(いつもあなたに)
本物だっていつもあなたはわかってたのね
(本物だってこと)
私の愛を当たり前のように思ってたのね なぜ?
ショウは終わりよ さよならね

Say good-bye (bye bye),
Say good-bye

さよならと言って (バイバイ)
サヨナラ…

All the world is a stage
(world is a stage)
And everyone has their part
(has their part)
But how was I to know
which way the story'd go
How was I to know you'd break
(You'd break, you'd break, you'd break)
You'd break my heart

世界のすべてはステージなのよ
(世界はステージ)
誰だって役がついているもの
(自分の役があるものよ)
でも物語がどうなるかなんて
私に知るよしもなかったわ
あなたが私のハートを砕くなんて
(砕くなんて 砕くなんて)
私には思いもしなかった…

I've always been in love with you
(I've always been in love with you)
Guess you've always known
You took my love for granted, why oh why
The show is over, say good-bye

いつだって好きだったから…
あなただってわかってたでしょ?
私の愛を当たり前のものに思うなんて…
ショウは終わりよ さよならを言って…

I've always been in love with you
(I've always been in love with you)
Guess you've always known
You took my love for granted, why oh why
The show is over, say good-bye

いつだって好きだったから…
あなただってわかってたでしょ?
私の愛を当たり前のものに思うなんて…
ショウは終わりよ さよならを言って…

Say good-bye (bye bye), say good-bye
Say good-bye

さよなら(バイバイ) サヨナラ
さようなら…

(Madonna、Kenneth Edmonds)

Released in 1994
US Billboard Hot100#1(7)
From the Album“Bedtime Stories”

41NC8FYMT8L.jpg

マドンナの"Take a bow"、なかなかしっとり聴かせるいい曲でした。写真集「SEX」やアルバム「エロティカ」、映画「BODY/ボディ」など、セクシー、きわどい作品を連発していた頃で、僕も正直、"ここまでイッちゃうとな~"とむしろドン引きしていましたので、"えっ?なかなかいいじゃない?"と思ったものです。

◆作者クレジットにある"Kenneth Edmonds"は"ベイビーフェイス"のこと。ベイビー・フェイスはダンスビートの曲もありますが、バラードとしてはBoyz Ⅱ Menの「End Of The Road」(1993年13週連続)(めった和訳) 「I'll Make Love to You」(1994年14週連続)のNo1ヒットもありましたし、マドンナのイメージを"イッちゃったアーチスト"から"女性シンガー"にググッと戻すことに成功したなあと思います。

e6dda5622719410a69149d82d0b66ba2.jpg

Take_a_Bow_Madonna.png

◆"Take a bow"は一般的には"誓いを立てる"等の意味ですが、ショウなどの場においては"喝采に対してお辞儀をする"ということでも使われます。この曲は恋愛の別れを歌っていますが、ショウ、スター、ライト、観客、舞踏会、演者、ピエロ…など演劇用語を使って例えています。立っている位置は相手が舞台の上にいるのに対し、主人公は観客、でも「もう誰もいない」状態です。そんななかで、相手に対して"(拍手喝采に)お辞儀をしている"あなたってことなのだろう、と思います。悲しい歌詞ですがなかなか素敵な歌ですよね。

(PS)この演劇やステージに例えたのは、マドンナのお相手役だったウォーレン・ベイティに対しての別れの歌だから、という説があるようですね(^▽^;)

enhanced-buzz-23518-1378224581-36.jpg

◆“Take a bow”が1位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending February 25, 1995

TLCの"Creep"に代わってマドンナが首位に。ブラコンが強いチャートになっていましたね。
僕も半分以上、思い出せない曲だなあ(-_-;)。チャートに興味がなくなっていた頃だな…。

-1 2 TAKE A BOW –•– Madonna
-2 1 CREEP –•– TLC
-3 3 ON BENDED KNEE –•– Boyz II Men
-4 4 ANOTHER NIGHT –•– Real McCoy
-5 5 BABY –•– Brandy
-6 7 CANDY RAIN –•– Soul For Real
-7 6 YOU GOTTA BE –•– Des’ree
-8 11 IF YOU LOVE ME –•– Brownstone
-9 9 SUKIYAKI –•– 4 P.M.
10 10 HOLD MY HAND –•– Hootie & The Blowfish
11 8 ALWAYS –•– Bon Jovi

◆Madonna - Take A Bow (Wetten Dass Germany) HQ 1995
↓↓↓↓


◆アルバム"Bedtime Stories"からは"Secret"が1stシングルに。最高位は全米3位でした。初めて聴いたときはイントロのアコギにビックリしました。
↓↓↓↓↓


(この曲のCDを買いたい)
セレブレイション~マドンナ・オールタイム・ベスト Original recording remastered
マドンナ

61_NDX-eH-L.jpg
こちらamazon.co.jp

関連記事

コメント

非公開コメント

マドンナの最高週数NO.1ヒット!

でも、Take A Bowの意味が良く分からない状態でした。
(歌い出しでしか出てこないし・・・)
辞書では「喝采を浴びる」しか書いてなかったんで、「ステージで浴びるテープが弧を描いてくる様子」がBowかと思ってたんですが、それを受けてのお辞儀だったんですね。主客逆転だ~っ!!頭悪~い。

それにしても泣ける歌詞ですね・・・Crazy For Youの頃から歌詞の内容がドンドン大人になって来てる・・・
若くて思い入れたっぷりの歌から、酸いも甘いも分かった女性の歌へ・・・

でも、このちょっと前には鏡にまたがってる写真集出してたんですよね?女性はやっぱりわからん。

No title

マドンナファンは当然ご存じの名曲ですが、そうでもない人はこの曲が"Like a virgin"を上回る7週連続1位のマドンナ最大のヒットであるとはご存じないでしょう。"I've always be in love with you"のメロディがちょっとチャイナ風?なところも世界的大ヒットになったツボでしょうか!?

No title

いつも めったPOPSさんの和訳、参考にさせていただいています。
今回はマドンナのこの曲とりあげていただき、ありがとうございます。 マドンナのなかで一番好きな曲です。
プロモーションビデオはいただけないですが・・・
マドンナのバラードだけを集めたベストアルバム"Something to remember" はヘビロテです。どれも良い曲が多い。このあたりでこっちの路線にいったほうが、楽だったろうに、
あっちの方向でどこまで突っ走れるのか、頑張ってはいるけど、最近見ててつらいです。

No title

Voさん、コメントありがとうございます。"あの路線"のマドンナだからこそ、"Take A Bow"は彼女の本当の想いであったり、恋愛感情だったりがじわっと伝わってくる素敵なナンバーなんだなあと思います。"Something To Remember"は"The Other Side Of Madonna"とも言うべくバラードベストですよね。
Voさんはご自身も音楽を演られていらっしゃるんですね。ご自身を表現できる場や手段があるということ、そしてそのことを喜んでくれる誰かがいることは本当に素敵な、幸せなことですよね!頑張ってください!

No title

めったPOPSさん HP見ていただき、ありがとうございます。ライブ以来更新してなくてすみません。
プロみたいに演奏で魅せることなんてできないけど、来てくれた人たちに楽しんでもらうことはできる。
そんな思いでライブやっております。
70,80年代の洋楽のコピーをやっているので、めったPOPSがとりあげてくださる曲は本当にツボです。
これからも頼りにしております。個人的にはパットベネターをもうちょっと取り上げてほしいです。

No title

Voさん、コメントありがとうございます!もし自分がバンド活動をしてたらこの曲演るのになあー!など非現実的な空想(^_^;)をすることもありますよ。70,80年代の誰もが洋楽を聴いていた頃のあの曲たちをぜひ生き返らせてください!
パット姐さんの曲も久しく取り上げてませんね!承知しました。