【新年おめでとうございます!】Rock And Roll Never Forgets / ロックン・ロール (Bob Seger / ボブ・シーガー) 1976



So you're a little bit older
and a lot less bolder
Than you used to be
So you used to shake 'em down
But now you stop and think about your dignity

そうおまえも少しばかり年取って
昔おまえと比べると
大胆なことはしなくなったよな
そうおまえは他のヤツらを締め上げてたのに
今は立ち止って自分の立場ってもんを考えてる

So now sweet sixteens turned thirty-one
You get to feelin' weary when the work days done
Well all you got to do is get up and into your kicks
If you're in a fix

Come back baby
Rock and roll never forgets

今や スウィート・シックスティーンも31歳
仕事が終わればヘトヘトになっちまう年齢かい
なあ おまえのすべきことは立ち上がって楽しむことさ
もし そうもいってられないんなら

戻って来いよ ベイビー
ロックン・ロールは忘れちゃいないぜ

You better get yourself a partner
Go down to the concert or the local bar
Check the local newspapers
Chances are you won't have to go too far

相棒を見つけたらどうだい
ライヴや地元のバーに行くんだよ
地元の新聞をチェックすりゃいいんだ
そんなに遠くに行かなくたって
チャンスはそのへんにあるんだよ

Yeah the rafters will be ringing
cause the beat's so strong
The crowd will be swaying and singing along
And all you got to do is get in into the mix
If you need a fix

Come back baby
Rock and roll never forgets

屋根の木材が鳴っちまうんだ
だってビートが強すぎるから
人々がみんな体を揺すって大合唱
おまえがすべきなのは その連中に入ることさ
今の生活を変えたいんなら

戻って来いよ ベイビー
ロックン・ロールは忘れちゃいないぜ

Oh the bands still playing it loud and lean
Listen to the guitar player making it scream
All you got to do is just make that scene tonight
Hey tonight

ああ バンドは今でも
でっかい音でシンプルに演ってるよ
ギターが叫んでるのを聴いてみな
おまえがやることは今夜そんな場面を作ること
ああ 今夜だぜ

Well now sweet sixteens turned thirty-one
Feel a little tired feeling under the gun
Well all Chuck's children are out there playing his licks
Get into your kicks

Come back baby
Rock 'n Roll never forgets
Said you can come back baby
Rock 'n Roll never forgets

花の16歳も今じゃ31歳
ちょっとお疲れ ぎりぎりを生きてる
ああ チャックの子どもたちは
あそこでヤツのフレーズを弾いてるのさ
楽しむことだよ

戻って来いよ ベイビー
ロックン・ロールは忘れてないぜ
戻って来いよ ベイビー
ロックン・ロールは決して忘れないから

(Bob Seger)

dignity=品位、威厳、(かたい)高位,高官
Get your kicks =満足する、楽しめる
in a fix 《be ~》=まずいことになっている、苦しい羽目に陥っている
rafter=屋根の垂木(たるき)
lean=〔人や動物が〕ぜい肉の取れた、体が締まった、痩せた
under the gun=せっぱ詰まって,きりきり舞いをして,せき立てられて

Released in 1976
From the album"Night Moves"

BobSegerNightMoves.jpg

2017年も明けましておめでとうございます!
今年も“めったPOPS”頑張って続けてまいります。


いくつになっても“ロックン・ロールは決して忘れたりしないぜ!”

2017年の1曲目はボブ・シーガーのこの曲にしました。

◆この曲はボブの1976年の名盤“Night Moves”(邦題「炎の叫び」)のB面1曲め。彼のライヴでも「ど定番」の曲のようです。
この曲を書いたとき、ボブ・シーガーは31歳。とある想いでこの曲を書いたようです。
この曲のSongfactsに次のようにありました。

“俺はそのときの俺そのものを表す曲を書きたかっただけなんだ。31歳になってどうしようか考えたんだ”。

ボブ・シーガーはハイスクールの同窓会のあとでこの曲を書きました。ミドル・エイジになった“若者”に若かったときのことを想い出させる歌を書きたかったようです。ボブは自分と同じ年代のファンが彼のコンサートに来ないことを気にしていました。この曲は彼と同じ世代の人たちにもロックン・ロールが今でも楽しめることを歌ってる、とのことです。

1978 - LIVE IN CHICAGO 78

◆31歳のころ…仕事や子育てなど忙しくて…僕は“ロックン・ロールを忘れていた”ように思います。今はそれからもう20年経ちました。あのとき忘れていたロックン・ロール、思い出しましたよ。もういい年齢になりましたが、自分のロックン・ロールを演奏していきたい…そう思っています。みなさんも、どうぞ、ご一緒に!!

(PS)歌詞に出てくる“チャックの子どもたち”ですが、チャックはやっぱり“チャック・ベリー”でしょうね。

Bobseger.jpg

Rock2.jpg

◆ボブとKid Rockの共演。“Come back, Baby ♪”(と歌ってマイクを観客に)“Rock And Roll Never Foget!!”
↓↓↓↓


◆“Old Time Rock & Roll”。1983年の“The Distance Toue”から。
↓↓↓↓


◆この曲もBobのテーマ・ソングでしょう。“Against The Wind”...今でも彼は歌ってる“風に逆らって”。
↓↓↓↓


(この曲を購入)
アルティメイト・ヒッツ
ボブ・シーガー

c0e0df4d7c1bd2c947f130c14e0_prev.jpg
(amazon.co.jp)

(Bob Seger)
Mainstreet / メインストリート 1976
Still The Same / 裏切りのゲーム 1978
Old Time Rock And Roll / 忘れじのロックン・ロール 1979
We've Got Tonight / 世の果ての夢 1979
Fire Lake / ファイアー・レイク 1980
Against The Wind / アゲインスト・ザ・ウィンド 1980
You'll Accomp'ny Me / わかりあえる時 1980
Tryin To Live My Life Without You / 暴走マイ・ライフ 1981
Shame On The Moon / 月に吠える 1983
Like A Rock / ライク・ア・ロック 1986
Shakedown / シェイクダウン 1987

bob_seeger_10_2011.jpg



関連記事

コメント

非公開コメント

本年も頑張って

2017年やってきましたね!
めったさん本年もどうぞよろしくお願いします。
和訳により自分が余り聴かない曲もこのサイトにより知ることができ感謝してます。
頑張ってください。これからどんな曲が取り上げられるのか、ホント毎日楽しみにしてます。

今年もよろしくお願いします!

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
新年一発目、とっても元気の良いカッコいい曲ですね。
この曲はシングルカットされたようですが、最高41位ということで、全米Top40ファンの私にとってはなじみの無い曲でした、が、ボブ・シガーらしくストレートでカッコイイ、元気の出る良い曲ですねぇ。

今まで聞いていた曲がどんな歌詞なのか、めったさんのブログをいつも楽しみにしています。
今年もよろしくお願いします。

No title

Yazoo-bf109さん、明けましておめでとうございます。
僕の好きな曲の和訳でも、他の方の思い出や関連知識などをお聞きすると、また新たなその曲の魅力を発見できたりします。最初は自分の自己満足?で始めたブログを続ける楽しみ!が今はあります。どうぞこれからもよろしくお願いいたします!

No title

星船さん、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
僕のブログは気まぐれにあちこち年代が飛んでしまいますが、星船さんのブログは着々と年代を歩んでいってますね。あんな曲あったなあという再発見も沢山あります。現在1981年に入ったところですね。80年代洋楽について、星船さんのピックアップ、楽しみにしています!