Everything Your Heart Desires / エヴリシング・ユア・ハート・デザイヤーズ (Daryl Hall & John Oates / ホール&オーツ)1988



You say you can't stand to be
Tied so close to a lover
Ooh you feel like a prisoner
And you wanna find someone who will let you out
Can't you see the heartbeat that you know so well
Is better than some strange one you're looking for
Say you never know
that strange one just might be me

恋人同士だからってそんなに束縛されるのは
堪えられないときみは言う
ああ きみは囚人のような気分で
連れ出してくれる誰かを探したいんだろ
わからないのかい?
きみが探している誰かわからんヤツよりも
良く馴染んでるハートビートの方がいいんだよ
きみはちっとも気が付かないのさ
きみが探してる男はこの僕かもしれないんだ

Can't you see -
You Have Everything Your Heart Desires
So why d'you want more
If you had everything your heart desired
Would you still want more
You Have Everything Your Heart Desires
Why d'you wont more
If you Have Everything Your Heart Desires
Oh baby will you still want more

わからないのかいー
きみはお望みのものをすべて手に入れたんだ
なのにどうしてまだ欲しがるんだい?
望むものをすべて手に入れたのに
きみはまだ欲しがるのかい?
きみはお望みのものをすべて手に入れた
なのにどうしてまだ欲しがるの?
きみが望むものをすべて手に入れたのに
ベイビー まだ欲しがるのかい?

You tell me your best friend's world seems beautiful
but don't be fooled
It's nice work if you can get it
What goes on behind closed doors you don't know
Maybe she cries herself to sleep every nite
Sorry that the heartbeat that she knows so well
Ain't what she's looking for
Say you never know
that strange heart just might be me

仲のいい友達の言う世界が美しく見えるって?
騙されちゃいけないよ
うまく手に入れらればしめたものだけど
閉じたドアの向こうの出来事をきみは知らない
もしかして彼女は毎晩ひとりで泣いてるのかも
良く馴染んだハートビートが
求めてるものじゃないなんて可愛そうに
きみはちっとも気が付かないのさ
その見知らぬ男はこの僕かもしれないってことを

Can't you see -
You Have Everything Your Heart Desires
So why d'you want more
If you had everything your heart desired
Would you still wand more
You Have Everything Your Heart Desires
Why d'you want more
If you have Everything Your Heart Desires
Will you still want more

わからないの?ー
きみはお望みのものをすべて手に入れたんだ
なのにどうしてまだ欲しがるんだい?
望むものをすべて手に入れたのに
きみはまだ欲しがるのかい?
きみはお望みのものをすべて手に入れた
なのにどうしてまだ欲しがるの?
きみが望むものをすべて手に入れたのに
ベイビー まだ欲しがるのかい?

Maybe you'll confess
Girl you'll see
If you want.the world
Think of me
No words can help
Don't be sad
'Cause baby
what you want is what you have

きみは告白するだろう
ガール もうおわかりだね
世界が丸ごと欲しいなら
僕のことを思ってくれよ
言葉じゃ救うことはできないよ
悲しむことはないさ
だってベイビー
きみは望むものをもう手に入れてるのさ

(Daryl Hall)

220px-Everything_Your_Heart_Desires.jpg

Released in 1988
US Billboard Hot100#3
From The Album“Ooh Yeah!”

“Out Of Touch”の収録された「Big Bam Boom」のあと、Hall & Oatesの2人はライヴアルバム“Live at the Apollo”を発表。テンプテーションズのヒット曲のメドレーなど、なかなか楽しいカバーを演っていました。ちょうどこの頃(1985年7月)、Live Aidが開催され、ホール&オーツの2人はエディ・ケンドリックスやデヴィッド・ラフィンとともにステージを務めましたね。(下記の動画は“My Girl”)



220px-Hall_Oates_Live_at_Apollo.jpg

◆さらに3年後の1988年、次のオリジナル・アルバム「Ooh Yeah!」が発表になりました。("Ooh Yeah!"はダリルの口癖らしい)
 僕はHall& Oatesのオリジナルアルバムは「赤い断層」からずっと買っていたのですが…正直を言えば「Big Bam Boom」でマイ・ブームは終わっちゃった感(^_^;)があり、当時は買わなかったなあ。(今は持ってますけど)全米アルバムチャートでは、“Voices”が17位、“Private Eyes”が5位、“H2O”が3位、“Big Bam Boom”が6位という最高位を残していましたが、“Ooh Yeah!”は24位どまり、その2年後(1990年)の“Change Of Season”が60位、それから7年後(1997年)の“Marigold Sky”が95位と、やはり流行の音楽からはちょっと外れたのは事実だったかと思います。それでもシングルはこの曲が3位、“Missed Opportunity"が29位、"Downtown Life" が31位とかろうじてトップ40内にはランクインしていました。

◆この曲“Everything Your Heart Desires”はカッコいい曲なのですが、メロディが覚えづらく、鼻歌で歌えないという欠点がありました(僕にとってはね)。この主人公の女性、どこま欲しがるんだよ…と思っていましたが、ダリルがこの曲について次のようにコメントしています。

僕はサラのことを歌ったんだけど、サラと僕は似たようなところが多いから、僕自身のことを歌っていると思えるかもしれない。サラは何もかもうまくいっていると、わざとネガティヴなものに飛び込んでいったりするところがあるんだ。そういう彼女の気持ち、よくわかるんだけどね。この歌は相手を自分の所有物にするっていうことを歌っているんじゃなくて、感情的に満たされる…ということを書いているんだ。実は猫と一緒に納屋にいるときに書いたんだ。ジョンもいてね。まあ、一緒に曲を書いてたんだけど、歌詞がスラスラ書けたんだ。


雑誌「ミュージックライフ」1988年6月号 ホール&オーツインタビュー(林洋子さん)より *ムック本「THE DIG ホール&オーツ」シンコーミュージックエンターテインメント より転載させていただきました。

“感情的に満たされる”...か...。確かに、“Your heart desires”なんだよな。理性ではもういいでしょ、と思っても「心が」求めてしまう。そのことを歌にした、ってことなんですね。うーむ、でもそうすると、心が納得していないのに、彼女に対して最後に、“Don't be sad 'Cause baby what you want is what you have...”(悲しまないで だってきみは望むものをもう手にしているのだから)なんてかっこつけて言ったところで、彼女が妥協しないだろ!って思います。
“心”の問題って、正直いって何か別なものの価値が上位に来ない限りは、納得しようったって無理ですよ。ごまかしたっていずれボロが出るのでは...(難癖はこのへんでやめとけ)。

久しぶりのホール&オーツの和訳でした…!

DHall_JOates_1988_A_s.jpg

*1988年10月当時のHall&Oatesの来日のフライヤーです。Lola's ScraptさんWebサイトからいただきました。

◆“Everything Your Heart Desire”が最高位3位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending June 11, 1988

泣かせます。ジョージ・マイケルの“One More Try”が1位。リック・アストリー、“Never Gonna Give You Up”みたいな曲を作ったという“Together Forever”、ほんまそっくりやないか!(怒)。4位一度聴くとやみつきになる“Shattered Dreams”。“ジョニーはジャズが嫌い”ってバンド名です。

-1 1 ONE MORE TRY –•– George Michael
-2 5 TOGETHER FOREVER –•– Rick Astley
-3 4 EVERYTHING YOUR HEART DESIRES –•– Daryl Hall & John Oates
-4 2 SHATTERED DREAMS –•– Johnny Hates Jazz
-5 3 NAUGHTY GIRLS (NEED LOVE TOO) –•– Samantha Fox
-6 7 FOOLISH BEAT –•– Debbie Gibson
-7 9 MAKE IT REAL –•– The Jets
-8 12 DIRTY DIANA –•– Michael Jackson
-9 11 CIRCLE IN THE SAND –•– Belinda Carlisle
10 14 THE VALLEY ROAD –•– Bruce Hornsby & The Range

◆1988年の日本公演から“Everything Your Heart Desires”。ダリルの髪が一番長いころだね。
↓↓↓↓


◆これくらいリラックスして歌いのもいいね。
↓↓↓↓


◆“Ooh Yeah!”収録の“Realove”。サザンの桑田佳祐さんもバックで参加してます(ビデオにも出てきますよ)
↓↓↓↓


(この曲を購入)
Ooh Yeah!
Hall & Oates amazon.co.jp

220px-Hall_Oates_Ooh_Yeah.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント