Got To Be That Way / ガット・トゥ・ビー・ザット・ウェイ (Gilbert O'Sullivan / ギルバート・オサリバン)1982



Let me take you half way round the world
Better still out Into space
We may be drops upon the ocean
Something of so little importance

きみを連れて世界をぐるっと半周
宇宙に飛び出せればさらにいいよね
僕らは海に落っこちちゃうかもしれないけど
そんなことはたいして重要じゃないんだ

Yet in each other's arms,
It can be so great
Seeing something start and then escalate
To such dizzy heights
like of which I always knew with you
Just got to be that way

互いに抱き合っていれば
とても素敵じゃないか
何かが始まり そして大きくなっていくんだ
いつだってきみと経験したような
めまいのするほど高いところまで...
ただ そうなる運命だったのさ

If we'd only met the night before
If our paths had only crossed
How many times have people said this
When in their hearts they never meant it

僕ら前の晩に会ってればよかったね
歩いてる道が交差してるだけでよかったんだ
人は何度となく こんなこと口にしてきたんだろう
心のなかでは
ちっともそんなこと思ってもいないのに

You're like a breath of Spring on a Winter's day
Like the moon in June in the month of May
Can't believe my ears
when I say those words to you
But I do
Just got to be that way

"きみは冬の日の春の息吹のようさ
5月に輝く6月の月のような女性なんだ"
僕 何言ってるんだろうね?
きみにそんな言葉をかけてるなんてね
でもそう言わざるをえないんだ
ただそうなる運命だったんだ

(If only moments that we treasure)
(Could last for now until forever)

(この大切にしたい時間さえ)
(今から永遠に続いてくれさえすれば…)

How can I put In words what I mean to say
Without it sounding so like an old cliche
What's wrong with that you ask
And the answer I conclude with you
Just got to be that way

言いたいことをどうやって言葉にすればいい?
使い古された陳腐なセリフに聞こえないように
"一体どうしたの?"ってきみが尋ねるけど
答えは最後にきみと一緒に出したいのさ
こうなる運命にあったんだって…

Songwriters O'Sullivan, Gilbert
Lyrics c Sony/ATV Music Publishing LLC

better still=さらに良いのは
escalate=段階的に拡大する,エスカレートする
dizzy height=めまいのするような高さ
cliche=決まり文句.陳腐な表現
conclude with=終える,締めくくる

Released in 1982
From The Album“Life & Rhimes”

61bkZiFG0zLSX425_.jpg

今年の12月1日でギルバートは70歳になりました。
写真とメッセージが彼のオフィシャルWebサイトに出ていましたよ。

Thank-you to all of you for your very kind birthday messages.
A lovely day spent with family, and now off to Paris with my wife for a few days of relaxing.
70 today, with many more writing and singing years ahead...


70th-275x300.jpg

ギルバート、70歳の誕生日おめでとう!
まだまだ歌い続けてください。
そして来年はまた日本にぜひ来てください!


◆月イチ・ギルバートは“Got To Be That Way”。1993年の日本公演で歌ってくれました。演奏も素敵です。
↓↓↓↓↓


◆1992年の初来日公演の翌年の1993年の再来日公演のフライヤー、チケットも取ってあります!

DSC_0464.jpg

DSC_0465.jpg

◆主人公はとっても照れ屋なのかな。いや、この僕だって気の利いたようなセリフはやっぱり言えないなあ。バブル全盛時代のころだって、「きみの瞳にカンパイ!」なんて言えましたか?(^_^;)
ところで、"冬の日の春の息吹"はわかるけど、"5月に輝く6月の月"ってどうなのかな。あんまり変わらないような気がしますが。

◆今年の6月にギルバートの「Essential Collection」(2枚組CD)が発売されました!収録曲は最新アルバム「Latin ala G!」まで網羅してます。僕の持っていない曲も数曲入ってて、間違いなく「買い」!。でもその数曲のために買おうかどうか、どうしようかなあ…。ん?でもこれ、amazon.co.jpだとデジタルミュージックだけの発売なのかな? amazon.comやamazon.co.uk にはCDあるんだけど…(-_-;)。



Disc: 1
-1. No Way (2016 Radio Version)
-2. Nothing Rhymed
-3. Clair
-4. What’s In A Kiss
-5. I Guess I ll Always Love You (2016 Radio Version)
-6. You Are You
-7. Ooh-Wakka-Doo-Wakka-Day
-8. Get Down
-9. The Golden Rule
10. Out Of The Question
11. No Matter How I Try
12. Happiness Is Me And You
13. Why, Oh Why, Oh Why
14. Houdini Said
15. Can t Think Straight
16. Lost A Friend
17. Dear Dream
18. Doing What I Know
19. Thunder and Lightning
20. You Got Me Going
21. Made In Love (2015 Radio Version)
22. Matrimony

Disc: 2
-1. Alone Again (Naturally)
-2. We Will
-3. The Niceness Of It All
-4. Ooh Baby
-5. So What
-6. Answers On A Postcard (Please)
-7. Young At Heart (We’ll Always Remain)
-8. I Wish I Could Cry
-9. Miss My Love Today
10. All They Wanted To Say
11. Can’t Get Enough Of You
12. Where Would We Be (Without Tea)
13. Stick In The Mud
14. I Don t Love You (But I Think I Like You)
15. Missing You Already
16. Because Of You
17. At The Very Mention Of Your Name
18. Bear With Me
19. A Friend Of Mine
20. Mr Moody s Garden
21. End-vironmental Piece

gilbertosullivan-e1465328176802-480x513.jpg

(この曲を購入)
Life & Rhymes CD, Import
Gilbert O'Sullivan
こちらamazon.co.jp

関連記事

コメント

非公開コメント