To Feel The Fire / フィール・ザ・ファイア (Stevie Wonder / スティービー・ワンダー)1999



My outer self looks happy as can be
A perfect dream love as clear as all can see
But just like that, real, has hit me suddenly
My outer is a liar

外向きの僕自身は幸せそうに装ってる
理想的な夢のような恋 誰の目にもそう映る
でもね同時に 現実が突然僕を打ちのめす
外向きの僕は嘘つきなのだと

Cause when I look inside my heart
and I tell the truth to me
Loud and clear my soul
cries out with total honesty
I need the fire, fire ,
fire to keep me warm
I got to feel the fire

だって心の中をのぞいてみれば
本当のことがわかるんだ
大きく そしてはっきりと
魂が正直に叫んでる
炎がほしい 炎がほしい
僕を暖めてくれる炎がほしい
炎を心から感じたいんだ

My smiling face,
with laughter on the side
You'd say no doubt
I get passion every night
But if in our bed
your arms don't hold me tight
Means it leaves much to be desired

笑顔を作る僕
喜びは別のところにある
きみは疑ってもいないね
僕は毎晩 情熱をきみに注いでる
でもベッドのなかで
きみは僕を強く抱きしめたりはしない
それはきみが
満たされてないってことだよね

Cause when I look inside my heart
and I tell the truth to me
Loud and clear my soul
cries out with total honesty
I need the fire, fire,
fire to keep me warm
I got to feel the fire

だって自分自身の心の中をのぞいてみれば
僕の真実の声が聞こえるんだ
大きな声ではっきりと
僕の魂が正直に叫んでるのさ
炎がほしい 炎がほしい
僕を暖めてくれる炎がほしい
炎を心から感じたいんだ

And if you look into my eyes
and you told yourself the truth
You can't make a body hot
if you don't light the fuse
I need your fire,
fire to keep me warm
I got to feel the fire

僕の瞳をのぞいて
本当のことを話してごらんよ
導火線に点火しなければ
体を熱くすることはできないんだ
きみの炎がほしい
僕を暖めて続けてくれる炎がほしい
僕は炎を感じたいんだ

It don't take a rocket scientist to know
That if you don't fan the flame
then the fire will eventually go

ロケットの科学者じゃなくたってわかるよ
炎をあおることをしなければ
結局 炎は消えてなくなってしまうって

Cause when I look inside my heart
and I tell the truth to me
Loud and clear my soul.
Cries out with total honesty
I need the fire, fire,
fire to keep me warm
I got to feel the fire

だって心の中をのぞいてみれば
僕の本当の声が聞こえるんだ
大きな声ではっきりと
僕の魂が正直に叫んでるのさ
炎がほしい 炎がほしい
僕を暖めてくれる炎がほしい
炎を心から感じたいんだ

Cause when I look inside my heart
and I tell the truth to me
Loud and clear my soul
cries out with total honesty
I need your fire, fire,
fire to keep me warm
I got to feel the fire

炎がほしい 炎が必要なんだ
僕を暖め続けてくれる炎が…

I need the fire, fire,
fire to keep me warm
I got to feel the fire
To keep me warm,
I got to feel the fire.

炎がほしい 炎がほしいんだ
僕を暖めてくれる炎が
僕は炎を感じていたいんだ…

(Stevie Wonder)

outer=外側の、外面の
on the side=中心から離れた所に
leave much to be desired=物足りない、不十分な点が多い
fan=火をあおる、扇動する

Released in 1999
From The Album“Ballad Collection”

41NCH4Y0G2L.jpg

 まだ小型ペットボトルがこの世の中に出ていなかった時代、お店の主力商品は缶飲料でした。僕が現場で働いていた頃、缶コーヒーはコカ・コーラはGeorgia、サントリーはBOSS、
Asahiは「Jo」(そのあとWonda)、キリンはJiveでした。キリンさんのJiveは色んな種類を発売、小売店にスタッフジャンパーを配って着てもらう、など結構力入れてましたね。僕も着ていました!本当はデザイン的には"Boss"がよかったんだけど、サントリーさんは小売店にボスジャンを配布することはなかったな(^▽^;)。

JIVEdoripcan.jpg

 でも、割と早く…?"Jive"のジャンパーを着れなくなる時期が来ました。ブランド名の変更が大々的になされたのです。「Jive」は「FIRE」に変更とのこと!ルートマンの方が苦笑いしながらブランド変更を説明してくれて、炎が燃えているパッケージのサンプル缶を置いていきました。
 確かに「Jive」って名前はカッコいいし、“粗挽きネルドリップ”って製法も美味しそうに聞こえますが、商品名で味をイメージできませんよね。缶コーヒー市場の戦いに勝つためにブランド名をわかりやすい「FIRE」に変えたのも、製造方法で"直火焙煎"と聞いて、なるほど~と思ったのを覚えてます。

そしてビックリした(゚Д゚;)したことがもう一つ!なんと、CMはスティービー・ワンダーが歌うということ!洋楽好きでお店で自分編集MD(当時)を流していた僕は、KIRINの担当の方にCDを(ナイショで)くれないかとお願いしましたが、ダメでした(^▽^;)。

◆...そんな思い出話のあるスティービーの「フィール・ザ・ファイア」。原題は「To Feel The Fire」と先頭に「To」が付きますね。日本のこのCMのために書いたというこの曲は、イベント以外で手に入れるにはスティービーのベスト「バラード・コレクション」を買わなければいけませんでした。僕は…レンタルで借りた (^▽^;)。

◆「心の内面で温めてくれる愛」、それを「Fire」と表現しているんですね。なかなか素敵なバラードだと思います。普段気がつかない「温かさ」。目の見える僕にとっては視覚から得る温かさもあるのかな。盲目のスティービーにとってはなおさら“温かさ”というものをとても大切なものに感じるのかなと思ったりもします。彼の代表曲でもある「サンシャイン」を聴いた時もそう思いました。

sunshinekinn.jpg
「サンシャイン」って言ってもおまえじゃない! (キン肉マンより)

◆この曲の歌詞でいうと、

It don't take a rocket scientist to know
That if you don't fan the flame
then the fire will eventually go

のくだりはなかなか面白いな。ただ、この部分の最後の「fan the flame」「go」をどう訳すのかはちょっとムムっと思いました。
・「炎をあお」いだら…消える?いや、燃えあがる?
・「Go」って…消えてしまう、のか、燃えあがる?のか?
どちらの意味にも取れるかな?なんて迷ってしまいました。

でも「ロケット科学者じゃなくてもわかること」は「炎をあおいで燃え上らせなければ、やがて消えてしまう」ってことだろうな、と思いますし、歌詞の流れからいっても、主人公は「相手の本当の気持ちを問いて、行動に示してほしい」と願っているようですので、「fan the flame」は"あおいで燃え上らせる"、"go"は"火が消える"と和訳しました。

FeelFiretate.jpg

◆当時、缶コーヒー「Fire」を買ってシールを集めて応募すると、8人のシンガーが歌う「Fire CD」が当たるという企画がありました。8人のシンガーはスティーヴィーも含め、以下の皆様方。Youtubeには音源なかったけどnicovideoに載せている人がいたぞ。(ありがとう)
なんといっても五木さんのバージョン、最高です!(^^)/

To Feel the Fire / Stevie Wonder
To Feel the Fire / 八代亜紀
To Feel the Fire / Gackt
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1973417
To Feel the Fire / 井手麻理子
To Feel the Fire / 鈴木雅之
To Feel the Fire / 奥居香
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2096649
To Feel the Fire / Tina
To Feel the Fire / 五木ひろし
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2061954
*視聴するにはniconicoアカウント(無料)が必要です。

◆日本のロックバンド「One Ok Rock(ワンオク)」がカバーしてるんですね。若者たちにはこっちの方が有名!?
↓↓↓↓↓


◆こちらは「FIRE」の前身!? KIRIN「Jive」のコマーシャル。“粗挽きネルドリップ”って言葉は記憶にありますね。
↓↓↓↓


◆1999年のKIRIN「Fire」のコマーシャル。永瀬正敏さん(元キョンキョンの夫)主演。
↓↓↓↓↓


◆缶コーヒーの「Fire」は「焦がし焼き」「冷水重ね焼き」をしているそうだぞ。詳しくはこちら。

KIRIN「Fireの焼きとは?」のページ
FIRE(コーヒー」のウィキペディア

(この曲を購入)
フィール・ザ・ファイア~スティーヴィー・ワンダー・バラード・コレクション
amazon.co.jp

11Stevie.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

寒い日々が続いていますが、やはり暖かい缶コーヒーが恋しい季節になってきました。やはり缶コーヒーといえばスティービーワンダーですね~!ネスカフェと言えばロバータ・フラックですが・・(笑)

No title

インスタントコーヒーは、やっぱり“やさしく歌って”の感じが強いですよね~。缶コーヒーは“Georgia”も“あし~たがある”とかヒットしましたが、洋楽アーチストが歌うCMってことではやっぱ“FIRE”かな。ワンオクが歌ったことでこの曲は若い人にも聴かれるようになったでしょうね。