One / ワン(Three Dog Night / スリー・ドッグ・ナイト) 1968



One is the loneliest number
that you'll ever do
Two can be as bad as one
It's the loneliest number since the number one

“One”…それは一番孤独な数なんだ
“Two”…これも“One”と同じさ
“One”のあとの一番孤独な数が“Two”なんだよ

No is the saddest experience you'll ever know
Yes, it's the saddest experience you'll ever know

“No”…それは経験してきたなかで一番悲しい体験
そうさ 拒絶が一番悲しい体験なんだ

Cause one is the loneliest number
that you'll ever do
One is the loneliest number,
whoa-oh, worse than two

だって“一人ぼっち”は一番淋しい経験なんだ
“One”が一番淋しい数字なんだ
ああ “Twoよりも悪い数なんだ”

It's just no good anymore
since you went away
Now I spend my time
just making rhymes of yesterday

もう何もいいことがないんだ
きみが行ってしまってからというもの
いま僕はただ時を過ごしている
“昨日”の韻を踏むことだけを考えて

One is the loneliest number
One is the loneliest number
One is the loneliest number
that you'll ever do
One is the loneliest
One is the loneliest
One is the loneliest number
that you'll ever do

“One”が一番淋しい数
“One”は一番淋しい数字さ
これほど淋しい数字はないよ
“一人ぼっち”
いちばん“孤独”
こんな淋しい数字はほかにはないんだ

It's just no good anymore
since you went away (number)
One is the loneliest (number)
One is the loneliest (number)
One is the loneliest number
that you'll ever do (number)
One is the loneliest (number)
One is the loneliest (number)
One is the loneliest number
that you'll ever do (number)
One (one is the loneliest number
that you'll ever do)(number)
One is the loneliest number
that you'll ever do (number)
One is the loneliest number
that you'll ever do

きみが去ったあと いいことなんか何もない
僕は一人ぼっち
孤独をかみしめてるんだ

“One”なんだ
“一人きり”なんだ
一番悲しい数字
これより孤独な数なんて何もない

(Harry Nilson)

Released in 1969
US Billboard Hot100#5(3)
From The Album“Three Dog Night”

OneThreeDog.jpg

"One"という数字…"イチバン!"というと華々しいイメージもありますが、"一番孤独な数字"ということでもある…この曲はそう気づかせてくれました。一度聴いたらなかなか忘れることができない印象的な曲です。

◆作者は“Without You”のハリー・二ルソン(そういえば名曲“Without You”も訳してなかったなあ)。この曲のウィキペディアによると、二ルソンはこの曲を誰かに電話をしたときの話し中の音を聞いたときにひらめいたそうです。"beep, beep, beep, beep..."という音をただひたすら聞かせる経験が"孤独"を思い出させたのでしょう。曲のイントロの4つ打ちの音は、この「話し中音(Busy Signal)」をイメージしているそうです。

◆スリー・ドック・ナイトは3人のボーカルを擁したグループ。ダニー・ハットン、チャック・ネグロン、コリー・ウェルズと3者3様で個性的です。この3人は割と公平にリードボーカルを分け合っている?のですが、僕が好きな彼らのヒット曲はチャックがリードボーカルをする曲なんだよな。ワイルドな歌い方をするからなんだろうなあと思います。ちなみにこの「One」「Joy To The World」「Old Fashioned Love Song」「The Show Must Go On」など。

ChuckOne.jpg

 スリー・ドッグ・ナイトが1976年に解散したのは知っていたけど、その要因はウィキペディアによると「…1975年7月、チャック・ネグロンがコカイン不法所持の容疑で逮捕されており、告訴は後に取り下げられるが、これを機にバンド内の人間関係が悪化する。そして1976年にダニー・ハットンが脱退し、バンドは一旦解散した。」とある。チャック、ダメだろ。

◆引き続き、ウィキペディアを見ていくと…グループは1981年に再結成されますが、その後はメンバー・チェンジが相次いだようです。チャック・ネグロンは1985年にバンドを解雇され~やっぱり問題児はチャックか (-_-;)~、それ以後はダニー・ハットンとコニー・ウェルズの2人がリード・ボーカルを担当する編成で活動を続けていきます。2015年3月11日、ジミー・グリーンスプーンが死去。享年67。同年10月20日、コリー・ウェルズがニューヨーク州で死去。享年74歳とのこと、R.I.P。

oneAlbumThree.jpg

◆"One"はスリー・ドッグ・ナイトにとって初のトップ10シングル(ビルボードHot100の5位)になりました。この後、彼らの快進撃が続いていきます…!

◆“One”が最高位5位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles for the Week Ending 28th June, 1969

1位はビートルズ"Get Back"に代わって“ロミオとジュリエット”。6位の「スピニング・ウィールズ」もロックの名曲ですね。

-1 2 LOVE THEME FROM “ROMEO AND JULIET” –•– Henry Mancini and His Orchestra
-2 3 BAD MOON RISING –•– Creedence Clearwater Revival
-3 1 GET BACK –•– The Beatles
-4 5 TOO BUSY THINKING ABOUT MY BABY –•– Marvin Gaye
-5 6 ONE –•– Three Dog Night
-6 10 SPINNING WHEEL –•– Blood, Sweat and Tears
-7 4 IN THE GHETTO –•– Elvis Presley
-8 9 GOOD MORNING STARSHINE –•– Oliver
-9 12 ISRAELITES –•– Desmond Dekker and the Aces
10 8 GRAZING IN THE GRASS –•– The Friends Of Distinction

◆こちらはスタジオ・ヴァージョン。
↓↓↓↓


◆チャックのソロコンサートかな。“One”を歌います。(Dec.2008)
↓↓↓↓


◆こちらが作者ハリー・二ルソンによる“One”.きれいな曲です。静かななかに、アレンジに色んな楽器が入ってきます。
↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
ジョイ・トゥ・ザ・ワールド~ベスト・オブ・スリー・ドッグ・ナイト Limited Edition
スリー・ドッグ・ナイト
こちらamazon.co.jp

614gkqaSOgLX425_.jpg

(Three Dog Night)
Joy To The World / 喜びの世界 1971
Old Fashioned Love Song / オールド・ファッションド・ラブ・ソング 1971
Black And White / ブラック・アンド・ホワイト 1972

関連記事

コメント

非公開コメント