Making Love Out Of Nothing At All / 渚の誓い (Air Supply / エア・サプライ) 1983



I know just how to whisper
And I know just how to cry
I know just where to find the answers
And I know just how to lie

I know just how to fake it
And I know just how to scheme
I know just when to face the truth
And then I know just when to dream

耳元でどう囁くかは知っている
どう泣けばいいかもわかってる
答えがどこにあるかも知っている
そして嘘のつき方も知ってるんだ

ごまかし方もわかってる
計画の立て方も知っている
真実と向かい合うのかがいつなのか
そしていつ夢を見ればいいのかも...

And I know just where to touch you
And I know just what to prove
I know when to pull you closer
And I know when to let you loose

And I know the night is fading
And I know the time's gonna fly
And I'm never gonna tell you everything
I've gotta tell you
But I know I've gotta give it a try

きみのどこに触れているのか
何を証明したらいいのかわかってる
いつきみをそばに引き寄せるのか
いつきみを自由にさせればいいのかも

夜が過ぎていくのはわかってる
時間が飛ぶように過ぎていく
きみに伝えなきゃいけないことすべてを
きみに話せてはいないけど
そうしなきゃいけないのもわかってる

And I know the roads to riches
And I know the ways to fame
I know all the rules
and then I know how to break 'em
And I always know the name of the game

お金持ちになる方法も知ってるし
有名になる方法もわかってる
ルールはすべて知ってるし
その破り方もわかってる
いつだってゲームの名前はわかってる

But I don't know how to leave you
And I'll never let you fall
And I don't know how you do it
Making love out of nothing at all

でも きみの元から
どう去ればいいのかわからない
きみをがっかりさせたくもない...
僕はわからない きみが
何もないところから愛を生み出すその方法が...

Making love out of nothing at all
Out of nothing at all, out of nothing at all
Out of nothing at all, out of nothing at all
Out of nothing at all
Making love out of nothing at all

何もないのに愛を生み出すなんて
何もないところから 何もないところから
何もないところから 何もないところから
何もないところから
何もないのに愛を生み出すなんて

Everytime I see you all the rays of the sun are
Streaming through the waves in your hair
And every star in the sky is taking aim
at your eyes like a spotlight

きみを見ればいつだって 太陽の光はみんな
波うつ髪の間からさしてくるんだ
空に浮かぶ星はみんな きみの瞳を狙ってる
スポットライトが射すように

The beating of my heart is a drum,
and it's lost
and it's looking for a rhythm like you
You can take the darkness
from the pit of the night
And turn into a beacon
burning endlessly bright

I've gotta follow it
'cause everything I know
Well, it's nothing 'til I give it to you

僕の胸の鼓動はドラムのようさ
リズムを失っても
きみの胸の鼓動に合わせようと探してる
きみは夜のくぼみから暗闇を取り出して
永遠に光り
燃え続ける"かがり火"に変えられるんだ

僕はその灯りを追いかける
だって僕はすべてわかってるんだ
そう きみに捧げなくちゃ
何にもならないんだよ

I can make the runner stumble
I can make the final block
And I can make every tackle
at the sound of the whistle
I can make all the stadiums rock

走ってくる選手をつまずかせることもできるし
最後のブロックだって作れるさ
ホイッスルの音で何度もタックルを決められる
スタジアム全体を歓声で揺るがせられるんだ

I can make tonight forever
Or I can make it disappear by the dawn
And I can make you every promise
that has ever been made
And I can make all your demons be gone

今夜を永遠にすることもできるし
夜明けまでに消し去ることもできる
今まで交わしてきた約束を
すべて叶えることだってできる
きみの悪魔をすべて追い払うことだってできるんだ

But I'm never gonna make it without you
Do you really want to see me crawl
And I'm never gonna make it like you do
Making love out of nothing at all

でもきみなしじゃ 何もできやしない
僕が這いつくばるところを見たいかい?
僕はきみがするようにはできないよ
何もないのに愛を作り出すことができるなんて

Out of nothing at all
Out of nothing at all...

何もないところから
何もないところから…

Songwriters: JIM STEINMAN
Making Love Out Of Nothing At All lyrics © CARLIN AMERICA INC

pit=穴,くぼみ.
beacon=かがり火,のろし

Released in 1983
US Billboard Hot100#2
from the album Greatest Hits

998257.jpg

昨日(12/6)、ビルボードライブ東京から次のようなメールが来ました。

◇◆◇【号外】Billboard Live TOKYO 2016.12.6 ◇◆◇
【「エア・サプライ」公演中止のお知らせ】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
............

ハイトーンボイスで歌うラッセル・ヒッチコックが急病とのことで、
「ツアーの実施は困難」と医師から診断を受けたため、12月の公演は中止とのこと。

ええっ!(゚Д゚)ノ
毎年、ビルボードライブ公演に来てくれていたエア・サプライ。
楽しみにしていたファンの方もきっと多いことでしょう。
まあ今年で67歳ということですから、お体に気を付けてまた来年はぜひ日本に元気に来てほしいものです。
ということで急遽"エア・サプライ"激励!ラッセルの回復を願って彼らの「渚の誓い」お送りします!

220px-Making_Love_Out_of_Nothing_at_All.jpg

◆この曲「渚の誓い」は原題"Making Love Out Of Nothing At All"。おい!"渚"はどこにあるんだ!←日本ではエア・サプライといえば「夏」「海」のイメージで売ってますよね(^▽^;)。(ちなみに"渚"は英語では"Beach"または"Foreshore"とのこと)

 ドラマチックな展開をするこの曲はジム・ステインマンの作品。ジムの作品はみんな"ドラマチック"!

バリー・マニロウのこの曲
Read'em And Weep / 涙のラスト・レター 1983

ボニー・タイラーのこの曲
Total Eclipse Of The Heart / 愛のかげり 1983

ミートローフのこの曲
Two Out Of Three Ain't Bad / 66%の誘惑 1977

映画音楽「Streets Of Fire」のこの曲
(Fire Inc.)
Tonight Is What It Means To Be Young /今夜は青春 1984

ジム自身のこの曲は僕も大好きです。
Rock And Roll Dreams Come Through / ロックンロール・ドリームス 1994

 この曲のWikipediaに、The Herald Sunというオーストラリアの新聞の記事を紹介していました。ジム・ステインマンは"Making Love Out Of Nothing At All"と"Total Eclipse Of The Heart"を当初はミートローフに提供したようですが、合意に至りませんでした。そのため"Making Love…"はエア・サプライ、"Totak Eclipse…"はボニー・タイラーに提供されました。何でも当時はミートローフのレコード会社はアンチ・ジムの方針だったそうです。(ミートローフと言えばジム・ステインマンというイメージを打破しようとしてたんですかね)

◆はい、この曲、サビコーラスまでたどり着くのがまどろっこしいですね(^▽^;)。"I Know…"から始まる歌詞の繰り返し。歌詞にはフットボールの例えまで出てきますが、何でもできちゃうところが、少し鼻にかかった感じさえしますね。
そんな何でもできるヤツが、わからないことがあります。それが、"I don't know how you do it making love out of nothing at all..."ということなんですね。直訳すると 「何もないところから、きみが愛を生み出す方法がわからないんだ」。
解釈がなかなか難しいです。海外のサイト"Songfacts"でもこの曲については海外の方も様々な解釈をしているようです。
僕もいい日本語が浮かびませんが、主人公が男性とすると相手の女性は「無償の愛」を持っている人。「無条件に自分を愛してくれる」人。
どうしてこの女性はこんなに人を愛することができるのだろう。その愛はどこから生まれてくるのだろう。何でもできるはずの僕だったのに、そのことはどうしてもわからない…。そんな風にこの相手にたいして魅かれる自分を歌ってるのかな…と思いました。

うーん、考えれば考えるほど、邦題「渚の誓い」ってどうよ!と思えてきてしまいました(^▽^;)。

nagisanochicai.jpg

◆ラッセル!今回大事をとってお休みいただき、そしてまた来年、この歌を日本で聴かせてくださいね!

◆“渚の誓い”が最高位2位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending October 8, 1983

作者ジム・ステインマンの曲が1位・2位独占!ボニー・タイラーの「愛のかげり」が強くて、エアサプライは3週2位で踏ん張りましたが、4週目にダウン。No1もこの週6位のドリー&ケニーの「Island In The Stream」に代わります。9位フィクスの「ワン・シング・リーズ・トゥ・アナザー」の勢いがいいですね!この曲はまだ訳してなかったな。

-1 1 TOTAL ECLIPSE OF THE HEART –•– Bonnie Tyler
-2 4 MAKING LOVE OUT OF NOTHING AT ALL –•– Air Supply
-3 6 KING OF PAIN –•– The Police
-4 7 TRUE –•– Spandau Ballet
-5 5 (She’s) SEXY + 17 –•– The Stray Cats
-6 9 ISLANDS IN THE STREAM –•– Kenny Rogers with Dolly Parton
-7 2 TELL HER ABOUT IT –•– Billy Joel
-8 3 THE SAFETY DANCE –•– Men Without Hats
-9 17 ONE THING LEADS TO ANOTHER –•– The Fixx
10 10 FAR FROM OVER –•– Frank Stallone

◆この曲のMusic PVは2種類あるようです。

◎こちらのPVはグレアム・ラッセルが主演。お相手は実の奥様ジョディ・ラッセル。
↓↓↓↓↓


◎こちらはラッセルとグレアムはエア・サプライとして出てきます。若い兵士と女性が出てきます。最後はシルエットなのでわかりにくいのですが、キレた浮気男とはサヨナラして、優しい兵士と…?
↓↓↓↓↓


◆Air Supply - Making Love Out Of Nothing At All (Live HD) Legendado em PT- BR 観客と一緒に歌います。
↓↓↓↓↓



(Air Supply)
Lost In Love / ロスト・イン・ラブ 1980
All Out Of Love / オール・アウト・オブ・ラヴ 1980
Every Woman In The World / ときめきの愛を 1980
Don't Turn Me Away / ドント・ターン・ミー・アウェイ 1981
Here I Am / ヒア・アイ・アム 1981
The One That You Love / シーサイド・ラヴ 1981
I'll Never Get Enough Of You / あなたのいない朝 1981
Two Less Lonely People In The World / 夜明けのふたり 1982
The Power Of Love / パワー・オブ・ラヴ 1985
The Earth Is.../ ジ・アース・イズ 1991
Goodbye / グッドバイ 1993

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

んーと、うろ覚えで申し訳ないのですが、ジム・スタインマン特集かなんかの時に、アップしようとした曲が消えた事件、この曲ではなかったでしたっけ?めった様の失望を思うと、この曲を上げてほしいとも言えず…(笑)。

この曲、結構好きなのでこうやって、このサイトで日の目を見ることができて嬉しいです。…ちっとも、「渚」は出てきませんけども!

No title

よく覚えてらっしゃいましたね!ありがとうございます!。会心の出来?の和訳だった気がしたので、しばらくこの曲をやり直したりできませんでした(^_^;)
今回、ラッセルヒッチコックの病気ということがきっかけ?で再度やり直しました。早く病気が治ることを祈ってます。