Watching The Wheels / ウォッチング・ザ・ホイールズ (John Lennon / ジョン・レノン) 1981



People say I'm crazy
doing what I'm doing,
Well they give me all kinds of warnings
to save me from ruin

When I say that I'm o.k.
they look at me kind of strange,
Surely you're not happy now
you no longer play the game,

みんな 僕は頭がおかしいと言う
僕のやってることを見て
破滅から救おうと
いろんな警告をしてくれるんだ

僕が「平気だよ」と言うと
不思議そうな顔をするんだ
「きっときみはいま不幸なんだよ
もはやゲームをしてないんだから」

People say I'm lazy
dreaming my life away,
Well they give me all kinds of advice
designed to enlighten me

When I tell that I'm doing Fine
watching shadows on the wall,
Don't you miss the big time boy
you're no longer on the ball?

みんな 僕は怠け者だと言う
「夢ばかり見ていて逃げてる」って
いろんなアドバイスをしてくれるんだ
僕を啓発しようとしてね

僕は壁に移った影を見ながら
「うまくやってる」って言うと
「きみは栄光が懐かしくないの?
もう一線を退いちゃったからね 」

I'm just sitting here watching the wheels
go round and round,
I really love to watch them roll,
No longer riding on the merry-go-round,
I just had to let it go,

僕はここに座って 車輪が回るのをただ見てる
グルグル回る車輪をね
ただ見てるのが本当に好きなんだ
もうメリー・ゴーラウンドに乗ることはない
だから僕は放っておくのさ

People asking questions lost in confusion,
Well I tell them there's no problem,
Only solutions,

Well they shake their heads
and they look at me as if I've lost my mind,
I tell them there's no hurry...
I'm just sitting here doing time,

みんな僕に聞いてくる
「混乱して見失ってるんじゃない?」って
僕は言うのさ「問題なんて何もない 
あるのは解決策だけだよ」って

するとみんな 違うだろって仕草で
まるで僕が気がふれたかのように僕を見る
僕は言う「何も急ぐことない」
「ただここに座って刑期を過ごしてるんだ」

I'm just sitting here watching the wheels
go round and round,
I really love to watch them roll,

No longer riding on the merry-go-round,
I just had to let it go.
I just had to let it go.

僕はただここに座って 車輪が回るのを見てる
グルグル回る車輪をね
ただ見てるのが本当に好きなんだ

もうメリー・ゴーラウンドに乗ることはない
だから僕は放っておくのさ
だから僕は放っておくんだ

(John Lennon)

enlighten=〈人を〉啓発する,教化する;
the big time=スポーツ・芸能界の)一流,成功
on the ball =調子が良くて、注意が行き届いて、よく心得て
had to=(は後ろに否定要素がないと)「~しないといけなかった(実際した)」という意味
doing time=服役期間、刑期

Released in 1981
US Billboard Hot100#10
From The Album“Double Fantasy”

61WRfaP0EESX355_.jpg

ジョンの生命が不当にも奪われてから、今日12月8日でもう36年経つんですね…。
この「めったPops」ブログを始めてから、12月8日にはジョンの曲を取り上げるようにしてきました。今年は彼とヨーコのアルバム"Double Fantasy"から3曲お届けしたいと思います。

◆僕の持っている文庫「ジョン・レノン・ラスト・インタビュー」(中公文庫)は、ジョンが凶弾に倒れる2日前の12月6日に行われたジョンとヨーコへのロンドンでのインタビューが掲載されています。二人の出会いからビートルズのこと、ハウスハズバンドとしての暮らしの様子、そしてアルバム「Double Fantasy」についてなど。インタビューアーに精力的に答えているジョンとヨーコの様子。この2日後に…と思うと胸が痛みます…。

◆この曲「Watching The Wheels」で歌われているようなことが、この文庫のP.112 から書かれていました。

-この5年間にあなたがとってきた姿勢に対する友人たちの驚きのようなものはなにか影響しましたか?つまり、ほかの人達が「おい、ジョン、いったいどうしたんだよ?」と言って、それがプレッシャーになるというようなことは?

JOHN-それはたくさんあった...(中略)…その新聞をぼくは東京で手に入れて読んだら、ミック(・ジャガー)が「ジョン、そこから出て来いよ」なんて言ってるんだな。みんなが僕におせっかいを焼いてどうして仕事をしないでいられるんだろうなんて言っている。僕が仕事をしていないことがミックとどういう関係があるんだかわからないし、ロック・スターが一人残らずぼくが仕事をしていないことについてなんだかんだ言ってるんだが、これは僕にはまったく理解できなかった。(以下略)


◆文庫は「本体495円+税」というお値段なので、ぜひこの前後の文章も読んでいただければ…と思うのですが、ジョンはショービジネスの世界から家庭に入っていた5年間のうち、最初の半年か1年くらいの間は「創作しなければ」とパニックになったこともあったようです。9か月くらいしたところで突然に「あっ」とわかったそうです。"死んだ後にも人生はあるし、歌を作ることがなくても人は生きていける"と…。

そして肩の荷が降りた状態になると…歌の方がいきなりやってきたりする、押しかけてくるようになった…。そうしてアルバム"Double Fantasy"の曲たちが生まれました。ジョンとヨーコによると、これらの曲は「無理して作った」ものではないそうです。

◆「もうメリー・ゴーラウンドに乗ることはない」という歌詞。当初は「芸能界(音楽会)」とはもう縁を切った…とジョンは歌ったのかなと思ったのですが、このインタビューを読む限りでは、ジョンは音楽と縁を切ったわけではなかったのだな、と思いました。急かされて曲を作る生活からは決別した…ということだと思います。"メリー・ゴーラウンド"は自分で回る速度は決められません。ただ決まった速度で決まった回数だけ回転する木馬、自分自身が回転するのではなく、客観的な立場で回る車輪を見ることの価値に気づいた自分。ジョンの歌声は自信に満ちているように聞こえます。決して強がっているわけではありません。

tumblr_ln3ccyiYVt1qjv2df.jpg

◆“Watching The Wheels”が最高位10位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending May 23, 1981

"ベティ・デイヴィスの瞳"が強く、スモーキーとグローヴァー・ワシントン・Jrは首位には届かず…でしたね。ジョンが生きていたら、ビートルズ曲のスターズ・オンについてどう思っただろうな。(めった和訳はこちら) "Watching The Wheels"は10位を2週間続けたあと力尽きます。

1 1 BETTE DAVIS EYES –•– Kim Carnes
2 3 BEING WITH YOU –•– Smokey Robinson
3 2 JUST THE TWO OF US –•– Grover Washington Jr.
4 4 ANGEL OF THE MORNING –•– Juice Newton
5 14 MEDLEY: INTRO VENUS/SUGAR SUGAR/NO REPLY/I’LL BE BACK/DRIVE MY CAR/
DO YOU WANT TO KNOW A SECRET/WE CAN WORK IT OUT/I SHOULD HAVE KNOWN
BETTER/NOWHERE MAN/YOU’RE GOING TO LOSE THAT GIRL/STARS ON 45 –•– Stars On 45
6 6 TAKE IT ON THE RUN –•– REO Speedwagon
7 7 LIVING INSIDE MYSELF –•– Gino Vannelli
8 8 SUKIYAKI –•– A Taste Of Honey
9 10 TOO MUCH TIME ON MY HANDS –•– Styx
10 11 WATCHING THE WHEELS –•– John Lennon

◆"Watching The Wheels"。アコースティックの弾き語りです。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Double Fantasy / John Lennon & Ono Yoko

115474919-2.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント