Please Don't Leave / 行かないで (Lauren Wood / ローレン・ウッド) 1979



Oooh, you have won
Take my heart
I think about you night and day
Am I wrong in this game
Sometimes you seem so far away
And I'm longing for your touch

ああ あなたの勝ちよ
私の心を奪っていいわ
昼も夜もあなたのこと思ってる
このゲーム 私の過ち?
ときどきあなたがすごく遠くに感じてしまい
あなたのぬくもりが恋しくなるの...

Darlin' don't leave me this way
Darlin' don't leave me at all

ダーリン こんな風に置いていかないで
ダーリン 私から去って行かないで

Ooh you're here
And you're there, everywhere
But I never know just where you're at
Do your eyes tell me lies
I thought that they were saying that
You were longing for my touch

ああ あなたはここにいる
そしてあそこにも あらゆるところにも
なのに心の居場所が わからないの
あなたの瞳 うそ言ってる?
私のぬくもりをあなたが恋しがってる
私にはそう思えたのに…

Darlin' don't leave me this way
Darlin' don't leave me at all

ダーリン こんな風に置いていかないで
ダーリン ためらいもなく 出て行かないで

You are the sweetest thing
I found in New York City
(sweetest thing I found)
You are the sweetest thing I found
In my life

あなたは一番素敵なひと
あなたとニューヨークで出会ったの
(ニューヨークで出会ったの)
あなたとの出会いは
私の人生のなかでの最高の出来事

You are the sweetest thing
I really think you're pretty
(sweetest thing I found)
You are the finest thing
that's happened to my life

あなたは最愛の人
本当に素敵に思ってるわ
(私の出会った最高の人)
あなたとの出会いは
私の人生で起こった一番素敵なこと

Oooh, you have won
Take my heart
I think about you night and day
Am I wrong (am I wrong) in this game
Sometimes you seem so far away
And I'm longing for your touch

ああ あなたの勝ち
私のハートを受け取って
あなたを思ってるのよ 昼も夜もね
このゲーム 私は間違ってるの?
ときどきあなたをとても遠くに感じるわ
あなたとのふれあいが恋しいの…

Darlin' don't leave me this way
Darlin' don't leave me at all

ダーリン こんな風に置いていかないで
ダーリン ためらいもなく 出て行かないで

Please don't leave me now...
Darlin' don't leave me this way
Darlin' don't leave me at all
Don't leave me
oooh, don't leave me

お願い 今は行かないで
ダーリン こんな風に
ダーリン ためらいもなく
私を置いていかないで
ああ 置いていかないで

Darlin', Darlin'
Please don't leave me
Darlin' don't leave me at all
Ah, ha ah, ha

ダーリン ダーリン
お願い 置いていかないで
ダーリン ためらいもなく…
ああ ねえ…

Songwriters: LAUREN WOOD

Released in 1979
US Billborad Hot100#24
From The Album“Lauren Wood”

aizwhome_1916-img600x600-1446529873bg4rcg13393.jpg

 ローレン・ウッドのこの曲"行かないで(Please Don't Leave)"は全米トップ40を聴いていたみなさんなら記憶に残っているのではないかな。マイケル・マクドナルドがバックボーカルに参加してる曲!ってことで。軽快なこのポップス曲、ローレン自身のペンによるものです。

 インターネットに当時の国内盤シングルのジャケットがありました。そこに書いてあった宣伝文句は…"全米チャート驚異の快進撃を続ける、いま一番ホットなアメリカン・レディ、その名はローレン・ウッド。"チャンキー"って呼んでください。"

◆何で"チャンキー"?...と思いますよね?

 ウィキペディアのバイオグラフィーによるとローレンの音楽遍歴は60年代からで、バンドに参加していました。バンド名は"レベッカ"(←NOKKOより先だな)、"Sunnybrook Farmers"など。フランク・ザッパのアルバム作成のバック・ボーカルも務めたあと、3人組"チャンキー、ノヴィ&アーニー(Chunky, Novi & Ernie)"を結成します。ローレンのニックネームは"チャンキー"で、彼女が楽曲作成を担当し、ドゥービー・ブラザーズ(来年来日しますね)の全米No.1ヒット「Black Water」でのプレイが有名なヴィオラ奏者ノヴィが加わってます。

チャンキー(ローレン・ウッド)(key, vo)
ノヴィ(Key, backing-vo)
アーニー(b, backing-vo)

このトリオは1973年と1977年にアルバムをリリースしていますが、この2枚はどちらもタイトルはグループ名を冠した"Chunky, Novi and Ernie" 。なんだそれ(^▽^;)。数曲、ネットで聴いてみましたが、アルバムジャケットの印象とは違ってかなりポップ。結構気に入っちゃいました。

◆さて、実はローレン、"Please Don't Leave"をリリースしたときは、まだグループでの音楽活動を続けていて、ソロ・アーチストではなく、グループのローレンのソロアルバム・ソロシングルということだったんですね。国内盤のローレンのソロアルバム「Lauren Wood」のアルバムジャケットはローレン1人で写っていますが、海外盤のジャケットはノヴィとアーニーも写っていて、の右下の方に"Featuring Novi and Ernie" という文字があります。

laurenwood141452.jpg

LAURENWOOD.jpg

うーむ、もうすでにレコード会社ではローレンをソロで売り込むことが決まっていたのかな。日本でのジャケットも意図的な改ざん!?(-_-;)? でも「恋のトライアングル」という意味不明な邦題がついているのは、せめてノヴィとアーニーという3人組であることを匂わせたものなのかな?

◆ローレンは1981年にセカンドソロアルバム「Cat Trick」を出しますがこのジャケットも印象的。僕はハードロックに転向したのかと思いました(^▽^;)。

1ed18fbd.jpg

一方、ローレンはソングライターとしても活躍、故ニコレット・ラースンの1979年のセカンドアルバム「In The Nick Of Time」、1987年のアルバム「Shadows Of Love」に2曲の楽曲を提供しています。
ニコレットはマイケル・マクドナルドらが大プッシュしてましたし、アルバム「In The Nick Of Time」にはニコレットとマイケル・マクドナルドの「愛にさよならを(Let Me Go Love)」も収録されています。ローレンの「Please Don't Leave」にマイケルが参加してるのもこんなつながりがあったからなのかな。

◆ローレンのOfficial Webサイトを見てみました。彼女はいまはこんな感じ。

LW20pink20strait.jpg

肩の力を抜いて音楽活動をしているようにお見受けしました!

◆ローレンの歌う"Fallen"。映画"プリティ・ウーマン"に使われました。
↓↓↓↓↓


◆1973年のアルバム「Chunky, Novi & Ernie」より"Underground"です。軽快でなかなかいいね。
↓↓↓↓↓


◆こちらは1977年のアルバム「Chunky, Novi & Ernie」より"Can't Get Away Frome You"。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
この曲「行かないで」の入ったローレンの1stソロ、および"Chunky, Novi and Ernie"のアルバムが国内廉価版で限定発売。買うなら今だ!

zaP2_G2796134W.jpg

恋のトライアングル Limited Edition
Lauren Wood
限定廉価盤!(1300円+税)


関連記事

コメント

非公開コメント