【追悼】 Killer Queen / キラー・クイーン (Queen / クイーン) 1975



She keeps Moet et Chandon
In her pretty cabinet
'Let them eat cake,' she says
Just like Marie Antoinette

彼女はモエ・エ・シャンドンを
素適なキャビネットのなかに持っている
"皆さまにケーキはどうかしら?"なんて
庶民に関心のない彼女は
まるでマリー・アントワネット

A built-in remedy
For Kruschev and Kennedy
At anytime an invitation
You can't decline

生まれつきの力を持ってさえすれば
フルチショフとケネディも関係修復
彼女のお誘いはいつだって
拒むことなどできやしないよ

Caviar and cigarettes
Well versed in etiquette
Extraordinarily nice

キャビアそして高級煙草
礼儀作法にも精通してる
この上ないほど 極上の女性だよ

She's a Killer Queen
Gunpowder, gelatine
Dynamite with a laser beam
Guaranteed to blow your mind
Anytime

彼女は"キラー・クイーン"
彼女の持ってる火薬と爆薬
レーザービーム付のダイナマイト
アンタの心をきっと吹き飛ばしちまう
いつだって

Recommended at the price
Insatiable an appetite
Wanna try?

その価値は間違いなくお奨め
際限なく欲望が沸いてくるだろ
試してみたくないかい?


To avoid complications
She never kept the same address
In conversation
She spoke just like a baroness

面倒なことは避けようと
同じところに住むことはない
いざ会話してみると
その物腰は高貴な男爵夫人のよう

Met a man from China
Went down to Geisha Minah
Then again incidentally
If you're that way inclined

中国の男と会ったときは
芸者の"マイナ"に成り替わる
その繰り返しさ ちなみに
あんたの趣味がそうなら丁度いい

Perfume came naturally from Paris
(Naturally)
For cars she couldn't care less
Fastidious and precise

香水はパリから取り寄せたもの
(当然さ)
でも車には無頓着なんだ
好みが細かくてはっきりしてるんだ

She's a Killer Queen
Gunpowder, gelatine
Dynamite with a laser beam
Guaranteed to blow your mind
Anytime

彼女は"キラー・クイーン"
彼女の持ってる
火薬と爆薬 レーザービーム付のダイナマイト
アンタの心をきっと吹き飛ばしちまうよ
いつだってね

Drop of a hat she's as willing as
Playful as a pussy cat
Then momentarily out of action
Temporarily out of gas
To absolutely drive you wild, wild..
She's all out to get you

突然 遊び好きな子猫のように
笑顔で近寄って来たかと思うと
しばらくの間 動きを止めたり
一時的に休んだり...
でも間違いなくアンタを夢中にさせる
全力でアンタの心を奪いに来るよ

She's a Killer Queen
Gunpowder, gelatine
Dynamite with a laser beam
Guaranteed to blow your mind
Anytime

彼女は"男殺しの女王"さ
火薬、爆弾なんでも使い
ダイナマイトはレーザー光線で必ず爆破
アンタの心を必ず吹っ飛ばすよ
いつだってね

Recommended at the price
Insatiable an appetite
Wanna try?
You wanna try...

お奨めする価値があるのさ
食欲が沸いて止まらないだろ
試したくなったかい?
試したらどうだい? なあ アンタ…

(Freddie)

built-in=(本来)備わった,生来の
well-versed in=精通して
extraordinarily=並はずれて,非常に
blow one's mind=(人)の心を吹き飛ばす[圧倒する]
insatiable=飽くことのない、強欲な
baroness=男爵夫人、男爵の階級を持つ貴婦人
incidentally=ちなみに、ついでながら
inclined=...する気になって、(性格)...への傾向を示して
Fastidious=気難しい、好みの難しい
precise=正確な、明確な、きちょうめんな
cf.I couldn't care less=これ以上少なくケア(心配)することはできない(ぐらい心配していない)」ですから、どうでもいい、全く気にしない
at the drop of a hat =合図一つで、早速、すぐさま
playful=遊び好きな,ふざけたがる,陽気な
momentarily=瞬間的に,ほんのしばらく.
out of gas=ガソリンが切れて、ガス欠で 体力が残ってなくて
all out=全力を傾けて, 総力をあげて

Released in 1975
US Billboard Hot100#12
From The Album“Sheer Heart Attack”

KIllerQueenJApan.jpg

日本武道館...アダム・ランバートは頑張っていた。ブライアンとロジャーも若いロックスターを盛り上げながら、たいていのクイーンの曲は若いアダムの才能と個性が融合し、魅力的な歌になっていたと思う。...アダムを好きになってく自分がいた。
でも...この曲をアダムが歌い始めたときに...受け付けなかった。やはるこの曲だけは…ダメだった。"キラー・クイーン"だけは…フレディが歌わないとダメだ。

◆世界的なヒットとなったこの曲"キラー・クイーン"。でもなかなかこの曲は訳せなかったし、訳そうとしてはこなかった。
英語の歌の意味がほとんどわからなかった子どもの僕でもこの曲の大意は伝わってきました。そしてメロディやハーモニー、指のカウントから始まるオープニング、ブライアンのギターの音色。ポップスの魅力が3分弱という時間のなかに見事に収斂されている。へんに和訳するよりも「まずは聴いてくれ」っていうのが"キラー・クイーン"なんだよと思っていた…。
 クイーンの代表曲といえば、他にも「ボヘミアン・ラプソディ」がありますが、この曲は僕がブログを始めた2013年にすでに和訳しています。こちらは和訳を知った方がよりこの作品を味わえるんじゃないか...クイーンの代表曲のなかでも、僕には2曲の違いを感じています。

 1991年11月24日にフレディが天に召されて、今日で25年経ちました。ので。今日は"キラー・クイーン"の和訳に迫っていきます。

Killaque.jpg

◆フレディは「フレディ・マーキュリー~孤独な道化~ 」(2012年;ヤマハミュージックメディア)のなかで、"キラー・クイーン"について次のようにコメントしています。

キラー・クイーン"は高級ガールの歌なんだ。
上品な人たちだって娼婦になりうるということを言いたかったんだ。それがこの曲の意味だけども、でも聴く人が自分の解釈をしてくれた方がうれしい...自分の好きなように読んでくれたほうが。クイーンはハードロックの迫力で知られてるけど、でもこのシングルはほとんどノエル・カワード(が歌ってもよさそう)みたいな感じでしょ。(歌う格好は「キャバレー」のライザ・ミネリみたいに)山高帽に黒のサスペンダーだよね。



518BZGoEJRL.jpg

"ノエル・カワード(Noel Coward)は英国の俳優・演出家。ウィキペディア情報だと、

"第一次世界大戦後のイギリスにも登場したジャズ・エイジの風潮のなか、中流階級の移ろいやすい、気ままな生活や、男女関係がくるくる入れ替わる恋愛ゲームなど、おしゃれでウィットに富んだ作品で人気を得た。長く続いたヴィクトリア朝の厳格な雰囲気に飽き飽きしていた若い世代は、熱狂的に彼の作品を支持した。

bd6c306a.jpg

「人生はうわべだけのパーティー」と考える彼は、真剣に人を愛したり、真剣に国を愛したり、真剣に人生に悩んだりすることを極端に嫌った。シリアスな人生劇より、洗練された喜劇を好んだ。"



と紹介されています。そして"キャバレー"のライザ・ミネリは…

51aktcaesnl-_sy355_.jpg

ですね。
もちろんお金持ちのご趣味のような歌詞なんだけど、フレディはノエル・カワードに触発されて、人生をシリアスではなく楽しもうと敢えて現実世界とはかけ離れた「劇」、それも喜劇のイメージの曲を作りたかったんじゃないかなと思います。

◆歌詞のなかの小道具等については少し解説がいりますね。

【Moet et Chandon】
モエ・エ・シャンドンは、フランスの世界有数なシャンパンのブランド名です。

4350-0w600h600_Moet_Chandon_Brut_Imperial_Magnum_Champagne.jpg

【"Let them eat cake"】
直訳は「みなさまにケーキをどうぞ」ですが、この言葉は一般的な意味ではなく、「(パンが食べられないのなら)ケーキを食べればいいじゃない...」と言う言葉と解釈されています。実際にマリー・アントワネットが言ったかどうかの記録はないようですが、彼女が語った言葉と広く考えられています。

marriepan.jpg

 当時、農民は主食として食べるパンに事欠いていることを知った「あるたいへんに身分の高い女性」(マリー・アントワネットと推測されている) が「パンがなければケーキを召し上がればいいのに…」と、パン以上に高価なケーキを食べればいいじゃないか=と言った。それほど庶民の生活に疎いことを皮肉った言葉になります。
 実際に歌に出てくる彼女がそう言った、というよりも、彼女をマリー・アントワネットに例えたかったために、マリー・アントワネットが言ったとされる名言を出して「そんな雰囲気なんだ」と伝えたかったのかなと思います。めった和訳では「庶民に関心のない彼女はまるでマリー・アントワネット」と意訳しました。

ただし...「パンがなければお菓子を食べればいいのよ」というセリフ自体、パンよりお菓子の方が安い、という話もあります…!
↓↓↓↓↓ こちらをどうぞ。
知ってる?「パンがなければお菓子を食べればいいのよ」は誤解されていると話題
http://www.danshihack.com/2014/01/29/junp/twitter_brioche.html

【Kruschev and Kennedy】
米ソ冷戦時代のそれぞれの国の指導者ですね。"フルシチョフ"と"ケネディ"とソ連指導者が先にしているのは、その前の"remedy"と"ケネディ"で韻をを踏んでいるからでしょう。彼女は両国を冷戦状態から"仲良くする"ことができる。"生まれつきの治療・救済"の能力を持っていて"フルシチョフ"や"ケネディ"だって仲直りさせちゃうくらいスゴい女性なのだ!

hurusikeneddy.jpg

【Gunpowder gelatin】
"Gunpowder"は"火薬。"gelatin(ゼラチン)"は「blasting gelatin」(ブラスチングゼラチン)のことで、別名ニトロゲル。日本では"松ダイナマイト"とも言うそうでダイナマイトの中では最大の威力を誇るそうです。硝酸セルロースを約7%含むプラスチック爆薬の一種;主に,水中工事に用いる."とありました。まあ、爆弾のことでしょう。

dynamite_m1_01.jpg

 そうするとここは"火薬、爆弾、そしてレーザービームの付いたダイナマイト"で後を一直線に追って、"Blow Your Mind"(吹っ飛ばす)と続きます。しかも"Guaranteed "ですから"確実に(保証され)""anytime(いついかなる時も)"ですから、逃げることはできないんですね(^▽^;)。

【Met a man from China Went down to Geisha Minah】
ここは???ですね。"ゲイシャ・マンナ"って何だろう?
ここは先の歌詞からその流れを想像しました。直前の歌詞は「彼女の会話はbaronessのようだ」と言っています。バロネスは"男爵夫人、男爵の階級を持つ貴婦人"ですから、ちょっと落ち着いた教養のある女性ってところでしょう。
で次に歌われるであろうことは、"その一方で〇〇な風にもなる。変幻自在な女性なんだ"ってことではないかな。
その流れでいうと、"バロネス"とは対照的な姿。"Geisha Minah"は、芸者の"マンナ"さん(名前)と解釈しました。もしかしたら"Minah"は"美奈さん"かもしれません...(^▽^;)

◆この曲の歌詞、改めて和訳しようとすると、難しい形容詞が沢山(海外では一般的に使う語句なのかな?)出てくるので辞書もフル活用でした。フレディは"高級ガール"の雰囲気を醸し出すのに、歌詞をこうした形容詞のオンパレードにしたのかなあと想像しました。

◆フレディがこの世を旅立って25年。彼の伝記映画が作られるようですね。タイトルは「ボヘミアン・ラプソディ」。先日はその主役が決まったと報道されました。とても楽しみです。でも…"キラー・クイーン"は歌わないでほしい。歌ったところで…、と思います。フレディ、R.I.P。これからもあなたの歌を聴かせてください。

◆“Killer Queen”が最高位12位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles Week Ending 17th May, 1975

「恋のシーソーゲーム」と「涙のしずく」が1位・2位動きません。アースの「シャイニング・スター」、かーぺンターズは「オンリー・イエスタディ」、そうこの頃なんだよな。クイーンを聴くようになったのは!

-1 1 HE DON’T LOVE YOU (Like I Love You) ??? Tony Orlando and Dawn
-2 2 BEFORE THE NEXT TEARDROP FALLS ??? Freddy Fender
-3 4 JACKIE BLUE ??? The Ozark Mountain Daredevils
-4 5 SHINING STAR ??? Earth, Wind and Fire
-5 8 ONLY YESTERDAY ??? The Carpenters
-6 6 WALKING IN RHYTHM ??? The Blackbyrds
-7 14 THANK GOD I’M A COUNTRY BOY ??? John Denver
-8 11 HOW LONG ??? Ace
-9 10 I DON’T LIKE TO SLEEP ALONE ??? Paul Anka
10 3 (Hey Won’t You Play) ANOTHER SOMEBODY DONE SOMEBODY WRONG SONG ??? B.J. Thomas
11 7 PHILADELPHIA FREEDOM ??? The Elton John Band
12 13 KILLER QUEEN ??? Queen

◆"Killer Queen"のオフィシャルPV。フレディは毛皮をまとい、"キラー・クイーン"といった感じです。
↓↓↓↓↓


◆Queen - Killer Queen (Live at Earl's Court, London '77)
↓↓↓↓↓


◆Live In Japan(1985)。フレディもヒゲが。
↓↓↓↓↓


◆「ジョジョの奇妙な冒険」(第37巻「吉良吉影は静かに暮らしたい」より)、どなたかの作った動画です。吉良のスタンドは触れたものすべて爆弾に変える"キラー・クイーン"!重ちー"ハーヴェスト"で迎え撃て!(ジョジョを読んでない人は何のことだかわからないですね)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Sheer Heart Attack

Queen_Sheer_Heart_Attack.png

そうそう、前述した書籍「フレディ・マーキュリー~孤独な道化~ 」(2012)にアルバムジャケットについてのフレディのコメントがありましたl

「孤島に置き去りにされたようなイメージがほしい」というのがフレディの指示。彼らの顔やむき出しの上半身にワセリンを塗りたくり、水をかけると、ミックロックは縁を描くように彼らを横たわらせ、それを上から撮った。」

...そうです。テーマが「孤島に置き去り...」とは思わなかったゾ。クイーンのメンバーもオフショットで笑っちゃってます(くすぐったかったのかな?)。

shasheer.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

フレディマーキュリーが亡くなってもう四半世紀が過ぎましたか・・。光陰矢のごとしですね。キラークイーンまでの頃が一番小生は燃えていた時代でした。

命日の日に聴いたアルバムとジョジョの方のキラー・クイーン

めっ太さん、こんばんは。
今年のフレディの命日はライブアルバム『オデオン座の夜』を聴きながら通勤しました。

ジョジョの方のキラー・クイーンについて触れて下さるのは嬉しいです。
触れるものを爆弾に変える能力は、歌詞にダイナマイトが出てくるからでしょと
ツッコミながら読んでました。
日本独自のベスト盤『Jewels 』(DVD版です)で『Killer Queen』の後に
『Another One Bites The Dust』という流れは、
買った当時はハテナ?でしたが、今ではニヤリ( ̄+ー ̄)としてしまいます。
それでは!

No title

RWさん、色んな洋楽に触れてきた貴殿だからこそ、"Killer Queen"の良さがよりわかるものと思います。サウンドはポップロック、歌詞はプログレ?、曲の短さもラジオにかかるのにちょうどよい。凝縮された美しさがありますよね。

No title

碧水さん、「オデオンの夜」僕はまだ聴いていませんが、この頃のライヴは海賊盤のレコードで持っていたなあ。アンコールの"See What A Fool I've Been"が当時「新曲」って聞いてどんな曲なんだろう?と思って買って聴いてみたら、思い切りブルースっぽくて、当時の僕が好きになるには渋すぎました(^▽^;)。

(PS)"キラー・クイーン"というスタンド名はどうだろ?と僕も突っ込んでましたが、さらに遠隔操作のできる"バイツァ・ダスト"が出たときには…弟を始め何人にも解説しまくりました(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=JM7zkY6vE_s

25年

フレディ・マーキュリーが亡くなってから25年が過ぎましたか、早いものです。
まだ洋楽を聞き始めていくらもたたない頃、「キラー・クイーン」そして「ボヘミアン・ラプソディ」を聞いて、ロックの奥深さを感じました。この曲はやっぱりフレディにしか歌えない曲なのでしょう。

No title

星船さん、日本での洋楽ベストテン番組のクイーン人気からすると、全米での成績は、えっこんな低いの?って思いましたよね。だからこそ、伝説のチャンピオンの3位という成績、そして、愛という名の欲望では全米制覇!メイクドラマ!って感じでした。ホントはキラークイーンやボヘミアン・ラプソディで一位になって欲しかったけど、嬉しかったなー。