Real Love / リアル・ラヴ (The Doobie Brothers / ドゥービー・ブラザーズ)1980



Darlin', I know
I'm just another head on your pillow
If only just tonight, girl
Let me hear you lie just a little
Tell me I'm the only man
That you ever really loved

なあ 俺だってわかってるさ
俺もおまえの枕に乗る男のなかの
ただの一人なんだってこと
もし今夜しかないって言うのなら
おまえのウソを少しだけ聞かせてくれよ
俺はおまえが本当に愛した
たった一人の男なんだって

Honey take me back
Deep in my memory
A time when it was all very right
So very nice...
So very nice...

なあ 連れ戻してくれよ
俺の記憶の奥底に
すべてがとても素敵だったあの頃に
とても楽しかったあの頃に...

Here, Darlin',
stands another bandit wantin' you
In and out your life, they come and they go
Your days and nights like a wheel that turns
Grindin' down a secret part of you
Deep inside your heart
That nobody knows baby

ほら 見てごらん
おまえを欲しがる別の盗賊が立ってるぜ
おまえの人生の中と外
ヤツらはやってきては去っていく
おまえの昼と夜が
おまえの秘密の場所を突き壊しながら
車輪のように回り続けてるんだ
誰も知らない心の奥底までね ベイビー

When you say comfort me
To anyone who approaches
Chalkin' up the hurt
We live and we learn

Well we've both lived long enough to know
We'd trade it all right now
For just one minute of real love

“私の心を癒して“っておまえは
近づいてくる誰にだって言うんだな
俺たちは痛みを心に残して
生きながら学んでいくんだ

なあ 俺たちもうわかってもいいくらい
生きてきたんじゃないか
俺たちは立派に交換できるんだ
ほんのわずかな時間でも「真実の愛」を

Real love
I need you believin'

真実の愛なんだ
おまえに信じてほしいんだ

When you say comfort me
To anyone who approaches
Chalkin' up the hurt
We live and we learn

Well we've both lived long enough to know
We'd trade it all right now
For just one minute of real love

おまえは近づいてくる誰にだって
"私の心を癒して"って言うんだ
痛みを心に刻みつけながら
俺たちは生きながら学んでいく

なあ 俺たちもうわかってもいいんじゃないか
俺たちはしっかりと交わし合える
わずかな時間でも「真実の愛」を

Real love
Real love
Real love...

(M. McDonald, Patrick Henderson)

bandit=(武装した)山賊、追いはぎ、盗賊、無法者
grind down=突き砕く、磨り潰す、すり砕く 苦しめる、虐げる
chalk up=(…を)記録に残す、メモする、あげる

Released in 1980
US Billboard Hot100#5
From The Album“One Step Closer”

51CpRC_4IyLSX355_.jpg

 マイケル・マクドナルドが加入しての本領発揮アルバム「ミニット・バイ・ミニット」の大ヒット!ドゥービー・ブラザーズはトム・ジョンストンのギターを中心にしたロックサウンドから打って変わって、洗練されたAORサウンドのバンドになりました。ファンの間では賛否両論となりましたね。僕は…なんかまったく別なバンドのような受け止めで、トム・ジョンストン中心のドゥービーも、マイケル・マクドナルドのドゥービーの両方好きだったな(ミーハーだな)。

◆きっとバンドのなかでもまた色んな意見があったのでしょう。ドゥービーのオリジナルメンバーであるジョン・ハートマンとジェフ・バクスターが脱退。ドゥービーのオリジナルメンバーはパトリック・シモンズだけ、になってしまいました。抜けたメンバーの穴を埋めるのに、これまた強力なメンバーが3人加入しました。ジョン・マクフィー(元クローバー)、コーネリアス・バンパス(元モビー・グレープ)、それにセッション・ドラマーのチェット・マクラッケンが新メンバーです。この布陣で作成されたアルバムが「ワン・ステップ・クローサー」。この曲「リアル・ラヴ」は1stシングルでした。

RealLove.png

◆初めて聴いたときはイントロの妖しい感じのキーボード、コーラスも含めて"カッコいい"曲だなあと思いました。全米チャートでは最高位5位ということで、もうちょっと上いくと思ってたんですけどね!
 歌詞は…何だろう…大人のラヴ・ソング、といったところです。
お互い?交際した相手は1人ってことはない。いろんな恋愛もしてくるなかで…お互い成長したよな。俺たちちょっとだけでも「真実の愛」を交わし合えるんじゃないか???

imagesM8YKPB0X.jpg

 この曲のSongfactsページを見ると…当時マイクが交際していたのが「エイミー・ホーランド」。マイクが提供した曲"How Do I Survive"をヒットさせた女性ボーカリストですね。"リアル・ラヴ"の歌詞はマイクのエイミーに対しての想いを歌にした、というように書いてありました。(2人は後程結婚します...「真実の愛(Real Love)」がやっぱりあった、ってことなのかな)。

◆“Real Love”が最高位5位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For Week Ending October 25, 1980

バーブラがビージーズのバリーと組んだ"ウーマン・イン・ラヴ"がクイーン"地獄に道連れ"に代わって首位。3位ポインター姉妹は邦題"内気なボーイ"。ドゥービー5位も背後にケニーがライオネルリチ男と組んだ"Lady"が大ジャンプアップです。10位はステファニー"燃える恋心"。

-1 2 WOMAN IN LOVE –•– Barbra Streisand
-2 1 ANOTHER ONE BITES THE DUST –•– Queen
-3 5 HE’S SO SHY –•– The Pointer Sisters
-4 3 UPSIDE DOWN –•– Diana Ross
-5 6 REAL LOVE –•– The Doobie Brothers
-6 17 LADY –•– Kenny Rogers
-7 11 THE WANDERER –•– Donna Summer
-8 4 ALL OUT OF LOVE –•– Air Supply
-9 7 I’M ALRIGHT –•– Kenny Loggins
10 12 NEVER KNEW LOVE LIKE THIS BEFORE –•– Stephanie Mills

◆live in Santa Barbara, California,1982, playing "Real Love"
↓↓↓↓↓


◆マイケルのソロ。From the Arsenio Hall Show - early 1990's
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
The Very Best Of The Doobie Brothers CD, Original recording remastered, Import
ザ・ドゥービー・ブラザーズ

914hgobdwtSL1500_.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

Michael Mcdoald

こんにちは
ぼくはドゥービー初期から聴いてましたが、マイケルマクドナルドが入った後もなかなか好きでした。
パットシモンズと2人看板になって、いいバランスだったんじゃないかな。
矢沢永吉がなぜか彼らのステージにゲスト参加することになったそうで、
矢沢が言うには、とにかくマイケルマクドナルドがめちゃくちゃかっこよかったそうです。
ぼくは個人的に,ジョンマクフィーのギターけっこう好きです。

No title

demaさんもドゥービーお好きでしたか。ボーカリストの印象の強い曲って、そのボーカリストが抜けた後、なかなか歌いづらいのでは?と思いますが、トム・ジョンストンが抜けた後のドゥービーのライヴではマイケルがトムのボーカルを歌っていましたね。そのとき、あっこの人は自分勝手じゃなくファンを大事にする人なんだなと勝手に思いました!