Bang The Drum All Day / 一日中ドラムをたたけ (Todd Rundgren / トッド・ラングレン) 1983



I don't want to work
I want to bang on the drum all day
I don't want to play
I just want to bang on the drum all day

仕事なんてしたくない
一日中ドラムを叩いていたいのさ
遊びたいわけじゃない
僕はただ
一日中ドラムを叩いていたいんだ

Ever since I was a tiny boy
I don't want no candy
I don't need no toy
I took a stick and an old coffee can
I bang on that thing til I got
Blisters on my hand because

すごくちっちゃいときからずっとさ
キャンディなんて欲しくなかった
おもちゃも僕には必要ない
スティックと古くなったコーヒーの缶で
手にまめができるまで
叩き続けるのさ だってさ

I don't want to work
I want to bang on the drum all day
Yes, I do
I don't want to play
I just want to bang on the drum all day
That's right

仕事なんてしたくない
一日中ドラムを叩いていたいのさ
そうさ そうなんだ
遊びたいわけじゃない
僕はただ
一日中ドラムを叩いていたいんだ
そういうことさ

When I get older they think I'm a fool
The teacher told me I should stay after school
She caught me pounding on the desk with my hands
But my licks was so hot
I made the teacher wanna dance
And that's why

大人になったら みんな僕を馬鹿だと思うよね
女先生は僕に放課後も"居残り"って言ったよ
両手で机を叩いてるのを見つかっちゃったけど
僕の叩き方がとてもイカしてたから
先生は踊りたくなっちゃったのさ
だからそうさ

I don't want to work
I want to bang on the drum all day
Hey, why not?
I don't want to play
I just want to bang on the drum all day

仕事なんてしたくない
一日中ドラムを叩いていたいのさ
きみもそうしないかい?
遊びたいわけじゃない
一日中ドラムを叩いていたいんだ

I don't want to work
I want to bang on the drum all day
I don't want to play
I just want to bang on the drum all day
Listen to this

Every day when I get home from work
I feel so frustrated
The boss is a jerk
And I get my sticks and go out to the shed
And I pound on that drum like
it was the boss's head
Because

仕事から帰ると毎日のように
フラストレーションがすごく溜まってる
上司がマヌケ野郎なんだ
だからステッィクを手に取り納屋に行き
上司の頭だと思ってドラムをガンガン叩くのさ
だから

I don't want to work
I want to bang on the drum all day
I don't want to play
I just want to bang on the drum all day
I can bang that drum

仕事なんてしたくない
一日中ドラムを叩いていたいのさ
遊びたいわけじゃない
一日中ただドラムを叩いていたいんだ
ドラムを叩くのが好きなんだ

I don't want to work
I want to bang on the drum all day
I don't want to play
I just want to bang on the drum all day

仕事なんてしたくない
一日中ドラムを叩いていたいのさ
遊びたいわけじゃない
一日中ただドラムを叩いていたいんだ

I don't want to work
I want to bang on the drum all day
Hey, you wanna take a bang at it?
I don't want to play
I just want to bang on the drum all day

I don't want to work
I want to bang on the drum all day
I don't want to play
I just want to bang on the drum all day
I can do this all day

(Todd Rundgren)

blister=水ぶくれ,まめ
lick=殴りつけること、速力,速さ

Released in1983
US Billboard Pop Singles#63
From The Album
“The Ever Popular Tortured Artist Effect”

410FNTQ4T3L.jpg

bangdrum.jpg

トッドのライヴは観たことがありませんでしたが、今回のリンゴ&オースター・ヒズ・バンドでの来日初めて観ることができました。

トッドの曲は"I Saw The Light(瞳の中の愛)"、ユートピア時代の"Love Is The Answer(愛こそ証し)"~この曲はイングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリーがカバーしましたね。そしてこの曲、"Bang The Drum All Day(一日中ドラムをたたけ)"の3曲でした。

◆ステージの真ん中にタムタムを持ってきて、トッドが弾けながら(!)歌い、ドラムをBang Bangたたきます!

todd drum
(隣にいるのはスティーヴ・ルカサー、リンゴの姿も見えますね)

"Bang The Drum All Day"はトッドの1983年のアルバム"The Ever Popular Tortured Artist Effect"に収録されています。(アルバムの邦題は「トッドのモダン・ポップ黄金狂時代」) 僕が持っているトッドの「ベスト・オブ・トッド・ラングレン」(The Obvious List/The Less Obvious List)にも収録されていて、このライナーノーツの曲紹介でトッドは次のように言っています。

僕の夢の中に現れた曲のひとつ。夢に出てくるというのは特別なことではない。最高の音楽は何らかの形で頭にいきなり飛び込んでくる。この曲はとりわけばかばかしい夢の産物に違いない。


ドラムが大好き、いつだって叩いてしまう、この少年はトッド自身なのかな。トッドが書いているようにきっとその少年のなかには素敵な音楽が突然のように浮かんで、やっぱり叩いてしまうんだろうな。そんな無意識ななかでも「音楽が好き」ってことを表している曲がこの曲。オールスター・ヒズ・バンドのメンバーの面々もきっとそんな少年たちが大人になった人達なんだろうな。

◆スタジオバージョンの「一日中ドラムをたたけ」。すべての楽器はトッドの演奏です。
↓↓↓↓↓


◆Bang The Drum All Day (Todd Rundgren) July 7th 2012.
↓↓↓↓↓


◆Todd Rundgren I Saw The Light -2012 Ringo Starr and his All Starr Band
↓↓↓↓↓


◆Todd Rundgren - Love is the Answer -2012 Ringo Starr and his All Starr Band
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
ベスト・オブ・トッド・ラングレン
310FGtvFXiL.jpg

関連記事

コメント

非公開コメント

少年・トッドの人物像が見える?

 トッド・ラングレンは少年時代、悪ガキというかやんちゃ坊主だったという話がありますが、この周りの大人に文句を付けつつ音楽でぶっ飛ばしちゃうこの歌詞、そんな彼の人物像も伺える。なんだか面白い歌詞です。今ではアメフトあたりでお馴染みのお祭りソングだとか。

 Something/Anything?のベアズヴィルコレクション版CDのライナーにも、「(Nazz脱退の時)バンドなんて懲り懲りだ!でもレコードを作るのは面白い!という気持ちだけは無くならなかった。」っていう発言があって、ワンマンレコーディングへ突入ですから、子供っぽいんだか自立した大人なんだか(笑)

No title

Kenさんコメントありがとうございます。音楽が好きっていう点ではきっと今でも子ども、なんでしょうね!(笑) 歌の最後に、先生や上司の頭をドラム代わりに叩いてしまうのでは…?とハラハラしながら和訳しました(^▽^;) ビートルズの"マックスウェルズ・シルバー・ハンマー"のパロディで…!