A Dose Of Rock 'n' Roll / ロックは恋の特効薬 (Ringo Starr / リンゴ・スター) 1976



All right!

You're feelin' down,
You're feelin' blue.
You do know that you care,
But you don't know what to do.

さあ いいぜ!

きみ 落ち込んでるのかい?
きみ 憂うつなのかい?
自分ではわかってるのに
どうしていいかわからないんだね

If your mama don't feel good,
Or your daddy don't feel good,
Take a dose of rock'n'roll
And wash it down with cool, clear soul, aha.

ママの気分が晴れないときは
パパの機嫌が悪いときは
ロックンロールの薬を1回飲むといい
たちまち洗い流して
魂をクールにすっきりさせてくれるよ アハ

(shoo bop, shoo wow wow)

You better get your ripple soles out
(shoo bop, shoo wow wow)
Ease out all your mean controls.
(shoo bop, shoo wow wow)
Take a dose of rock'n'roll
And wash it down with cool, clear soul, aha.

ちっちゃいことなんて気にしない
(shoo bop, shoo wow wow)
くだらないこだわりなんて捨てちゃおう
(shoo bop, shoo wow wow)
ロックン・ロールの薬を口にすりゃ
気分スッキリ 魂も晴れ晴れするさ アハ

Turn on your radio,
Start dancin' to the moon.
That old heart radio,
It's gonna get you, (get you) get you,
(get you) get you in the mood.

ラジオをつけてみよう
月に向かってダンスしよう
昔懐かしいラジオの音楽
きみの心をつかんじゃうのさ
ガッチリ ずっしり
きみは素敵な気分になれるんだ

You better get your ripple soles out,
(shoo bop, shoo wow wow)
Ease out all your mean controls.
(shoo bop, shoo wow wow)
Take a dose of rock'n'roll
And wash it down with cool, clear soul, aha.

ちっちゃいことなんて気にしない
(shoo bop, shoo wow wow)
くだらないこだわりなんて捨てちゃおう
(shoo bop, shoo wow wow)
ロックン・ロールの薬を口にすりゃ
気分スッキリ 魂も晴れ晴れするさ アハ

(shoo bop, shoo wow wow)

Turn on your radio,
Start dancin' to the moon.
That old heart radio,
It's gonna get you, (get you) get you,
(get you) get you in the mood.

ラジオをつけてみよう
月に向かってダンスしよう
昔懐かしいラジオの音楽
きみの心をつかんじゃうのさ
ガッチリ ずっしり
きみは素敵な気分になれるんだ

If your mama don't feel good,
(shoo bop, shoo wow wow)
Or your daddy don't feel so good,
(shoo bop, shoo wow wow)
Take a dose of rock'n'roll
And wash it down with cool, clear soul, aha.

ママの気分が晴れないときは
(shoo bop, shoo wow wow)
パパの機嫌が悪いときは
(shoo bop, shoo wow wow)
ロックンロールの薬を1回飲むといい
たちまち洗い流して
魂をクールにすっきりさせてくれるよ アハ

Take a dose of rock'n'roll,
Take a dose of rock'n'roll,
Take a dose of rock'n'roll,
Wash it down with cool, clear soul, aha.

ロックの薬を飲むといい
ロックの薬をちょっと一服
ロックの薬を一口だけでも
きっと気分がスッキリするさ アハ

Hey, hey, baby,
(dose of rock'n'roll)
Why don't you take some rock'n'roll?
(take some rock'n'roll)
Just take some rock'n'roll,
(take some rock'n'roll)
Oh, oh, take some!
(take some rock'n'roll)
Oh, i'm gonna take it!
(take some rock'n'roll)
Take some rock'n'roll!
(take some rock'n'roll)

ヘイ、へイ、ベイビー
(ロックの薬を飲んでごらん)
ロックンロールをしたくないかい?
(ちょっと一曲聴いてごらん)
ロックを何曲かだけ聴いてみな
(何曲か聴いてみるといい)
ああ そうさ いい曲がたくさん!
(何曲か聴いてごらん)
ああ 僕はロックの薬を飲んでるよ!
(きみもどうだい?)
ロックの薬は効くんだよ
(ロックン・ロールは最高さ)

Writer(s)
Carl Groszman

dose=〔薬の〕一服; 服用量(の 1 回分)
get sole out=get sold out=売り切れる
ripple=さざ波
ease out=〈帆を〉緩める

Released in 1976
US Billboard Hot100#26
From The Album“Ringo's Rotogravure”

rock of dose

僕が大好きなリンゴの曲です。ちょうど洋楽を聴き始めた頃のヒット曲ですね。全米では最高位26位、日本でもそこそこのヒットになったんじゃないかな。「ロックが大好き!」って曲なので、本当はステージでも歌ってほしいんですけどね!

220px-Ringo_Dose.jpg

◆"オーライ!"の掛け声から始まり、リンゴの歌をバックのコーラスが囃し立てる、なかなか楽しい曲です。邦題が"ロックは恋の特効薬"。"恋の"に当たる部分が歌詞からはうかがえませんが…(-_-;)…まあ、邦題にありがちの例ですね!

この曲が収録された「リンゴズ・ロートグラビア」についてウィキペディアからの情報です。

長年、在籍してきたEMIから離れて、レーベル移籍後、最初のアルバムとなった本作では、「リンゴ」(1973年)と同様、元ビートルズのポール・マッカートニー、ジョン・レノン、(1980年に復帰するまで最後のレコーディング活動)ジョージ・ハリスンが楽曲を提供(ジョージは演奏面では不参加)。


そうなんです。アルバムのなかにはこの3人の提供曲が収録されていることでも話題になりました。正直いってたいしたことない曲(失礼)なのですが、聴いてみたいと思いませんか?(下にYoutube付けました)

◆"Rotogravure"って語句はこのアルバムタイトルで初めて知りました。日本ではカラーページのことを
「グラビア」と言いますよね。「グラビア・アイドル」のことを略して「グラドル」とか、もうこうなってくると「グラ」の由来は何だろう?って思ってもわかりませんよね。

"roto"の部分は「輪転」という意味。"輪転して印刷するカラー印刷方法"を"Rotogravure"というようです。スペルも難しいですね。

41TFHAJQC9L.jpg

◆この曲「ロックは恋の特効薬」の話に戻します。この曲の作者はCarl Groszmanというミュージシャン。カールはリンゴ自身のレコード・レーベルである"Ring O' Records"と契約していたようです。本人は「ロックは恋の…」はレコーディングしたのかどうか、僕は調べてみましたが、わかりませんでした。
R-7770103-14484022856480jpeg.jpg

"ロックを1曲聴いてみて!"~嬉しいシンプルなメッセージです。それを「薬(一回分の量」ってことで「a dose of…」って言っているのがシャレてると思います。

気分がすぐれないとき、皆さんにも「a dose of Rock'n’Roll」、おススメします!

最後に問題。さて、この曲の間奏のギター、好きなんです。さて誰が弾いているでしょう?? 1976年当時、人気絶頂だった人ですよ。
↓↓↓↓↓
この人です!(この人の代表曲の記事・和訳に飛びます

◆アルバム「リンゴズ・ロートグラビア」へのポール・マッカートニーから送られた曲"Pure Gold".うん、まあ、このけだるい感じ、ポールの曲にあるよね。
↓↓↓↓↓


◆アルバム「リンゴズ・ロートグラビア」へのジョン・レノンから送られた曲"Cockin'".ジョン自身が歌ってるバージョンもあります。こちらをどうぞ。https://www.youtube.com/watch?v=xxe-7_Q80-g
↓↓↓↓↓


◆こちらはジョージから贈られた「I'll Still Love You」。いかにもジョージっぽい、湿った感じ。(注;ギターはジョージではありません)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Ringo's Rotogravure Import
リンゴ・スター
関連記事

コメント

非公開コメント

40年ぶりかも

この曲聴くの本当にそれくらいかも(笑)
冒頭疾走感あるのにすぐに落ち着いたペースになるのは「雨を見たかい」(CCR)ともう1曲思い浮かんだのがあったんですけど今出てこない…大袈裟にいえばずっこけるくらいで冗談音楽の範疇に入れたいくらい(笑)
ついでに一緒に来るトッド・ラングレンも…「set me free」が1番好きです(そもそもあまり知らない)けど、昔々渋谷陽一さんがNHKFMの確か真夏のロック講座でヤードバーズの「幻の10年happenings ten years time ago」のカバーをかけた時に当時のヒスノイズかハウリングまでも再現しているとか言っていて”随分こだわりの人”とかの印象があります。
※冗談音楽=スパイク・ジョーンズ、レオナ・アンダーソン、日本ではフランキー・堺とシティスリッカーズ、川田義久…あたりが有名でしょうか

No title

ノッチmrngさん、コメントありがとうございます。訳してみて、、、結構いい歌詞を持つ曲なんだなあとわかりました。当初はなんかとぼけた感じの曲(リンゴの持ち味でしょうね)と思ったのですが、内容を知るとより好きになる、というタイプの曲ですね!本文にある、ギターを弾いてるのが誰かはわかりましたか?これもビックリしました。当時の全米での彼の人気を考えるとすごいことだと思いました!