You Are Mine / ユー・アー・マイン (Richard Page / リチャード・ペイジ) 2011



What's the reason why
da Vinci had to paint
Lennon had to write
About peace

どうしてなんだろう?
ダ・ビンチは絵を描かずには
レノンは詩を描かずにはいられなかった
平和について…

Martin had a dream
Patsy had to sing
Where did Mozart find
Those melodies

マーティンは夢を抱き
パッツィーは歌を歌った
モーツァルトはこれらのメロディを
どこで見つけたのだろう?

We all need inspiration
A spark that ignites
Something deep inside the soul
A masterpiece that defines a life
And you are mine
And you are mine

僕らはみなインスピレーションが必要だ
火花が散るようなひらめき
心の奥底にある何か
人生の意味を決める最高のものだ
きみがその人
きみは僕のもの

Just to see your face
Calms the storm in me
Makes me see the world
A little differently

きみの顔を見るだけで
僕のなかの嵐が静まるんだ
目の前の世界が
少し違って見えるんだ

Yeah, we all need inspiration
A spark that ignites
Something deep inside the soul
A masterpiece that defines a life
And you are mine

そうさ
僕らはみなインスピレーションが必要だ
火花が散るようなひらめき
心の奥底にある何か
人生の意味を決める最高のものだ
きみは僕のものだよ

Yeah, you are mine
We all need inspiration
A spark that ignites
Something deep inside the soul
A masterpiece that defines a life
And you are mine
Yeah, you are mine

ああ きみは僕のものさ
人にはインスピレーションが必要だ
それは火花のようなひらめき
心の奥底にある特別な何か
人生の最高傑作は何だろう
それはきみだ
ああ 僕にはきみなんだ

You are mine
You are mine
You are mine
Yes, you are a masterpiece

きみは僕のもの
きみは僕のもの
きみは僕の
そう
きみは僕の一番素敵な宝物さ

ignite=火がつく、発火する
define=~の意味を明確にする、~を特徴づける
masterpiece=名作、最高傑作、絶品

Released in 2011
From The Album“PECULIAR LIFE”

515Rw3roNQLSX425_.jpg

"リンゴとその仲間たち"の来日公演が大阪、名古屋、福岡、広島と回って、いよいよ東京に来ます!(本日、追加公演、31、1、2日と続きます)

◆メンバー達の沢山のレパートリーは名曲、ヒット曲ばかり。でもそのなかで元ペイジス、元Mr.ミスターのリチャード・ペイジの曲でこの曲は知りませんでした。Yourubeをチェックしたら…なかなかいい曲!そんなわけで急遽、和訳してしまいました。

・当日を楽しみに、セットリストを見たくない人、ゴメンナサイ…(^▽^;)

richardpage.jpg

N_062414A1.jpg

◆1st verseの歌詞で登場するのは"ダ・ヴィンチ"、"レノン"。これは「レオナルド」と「ジョン」のことですよね。2ndでの"夢を抱くマーティン"はやはり"マーティン・ルーサー・キング牧師"のことでしょうね。"歌を歌わずにはいられないパッツィー"は、カントリー歌手のパッツィ―・クラインですかね。あまり詳しくはないのですが、ウィキペディアによると、"1960年代初頭のナッシュビル・サウンドの一端を担い、ポップ・ミュージックとのクロスオーバーに成功。30歳の頃、キャリアの絶頂期にプライベート航空機の事故により死去。"とあります。30歳からは、きっと天国に行っても歌い続けているのでしょう。そしてモーツァルト…。

Patsy_Cline_publicity_photo.jpg

こうした偉大な人達を出してきたのは、人生での「最高傑作(Masterpiece)」は何かと問う中で、僕の場合はきみなんだ、ということなんですね。きみは僕がずっと探してきた人なんだ、きみを失いたくない、きみは僕のものなんだ…という気持ちが伝わってきます。

ライヴで聴くのが楽しみです。
◆こちらのサイト(MUSE ON MUSE)に、リチャード・ペイジのインタビューが載っています(2014年のもの)。リチャードがリンゴのバンド仲間に加わったのはリチャード・マークスの紹介らしいですよ。そのほか、Mr.ミスターの頃の話や、ソロ・アルバム「PECULIAR LIFE」などについても語っています。必見です。

◆Richard Page "You Are Mine" Live "Solo Acoustic"
↓↓↓↓↓


◆Patsy Cline - Crazy From "Pet Milk TV" in 1962
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
PECULIAR LIFE Import
Richard Page

関連記事

コメント

非公開コメント

リチャードペイジの美ボイスは健在!

こんにちは、めったさん
リンドスター&ヒズオールスターバンドのコンサートは大盛り上がりの楽しいライブでした!
どの曲も70‘s&80‘sの大ヒット曲ばかり、しかも超一流の職人たちが息もピッタリの贅沢なライブ。私にとっては早くも今年のトリを飾るのに相応しいひと時でした♪
リチャードペイジのこの曲、途中から歌詞に注目して聴きましたが、Love&Peaceのテーマに相応しい内容なんですね。

ところで宣伝ですが、今週土曜日18時から恒例のWAT40OB会があります。湯川さんがまたまた参加されることもあってほとんど全米トップ40ファンの集いのような会になってますので、ご都合つくようでしたら詳細を別途お知らせしますので、どうぞ😊

No title

cherryさん、コメントありがとうございます。Mr.ミスターの二曲のナンバーワンヒットも聴けた上に、今のリチャードの作品も聴けましたね。リンゴを見に来たはずが、単独でも観たいアーチストの健在ぶりを観ることができ、美味しい寿司ネタがお皿からこぼれ落ちる監事です。←よくわからないたとえですね。
土曜日は先約があり、またも不義理ですみません!好きなものを語り合える学生時代からの仲間たち。それに湯川さんも!じゃホント楽しみですね。今だから言えるトップ40秘話〜実はあのアーチストは、、、?情報など仕入れましたらぜひこっそり?教えてくださいね!