King Of Wishful Thinking / キング・オブ・ウィッシュフル・シンキング (Go West / ゴー・ウェスト)1990



I don't need to fall at your feet
Just 'cause you cut me to the bone
And I won't miss the way that you kiss me
We were never carved in stone
If I don't listen to the talk of the town
Then maybe I can fool myself

きみの足元にひざまずいたりしない
だって骨まで染みてわかったんだ
きみのキスを恋しいなんて思わない
僕らは赤い糸に結ばれた二人じゃなかった
もしも町の噂に耳を傾けなかったなら
もしかしたら自分を騙してたかもね

I'll get over you I know I will
I'll pretend my ship's not sinking
And I'll tell myself I'm over you
'Cause I'm the king of wishful thinking
I am the king of wishful thinking

きみを忘れるさ ああできるはず
船が沈みかけてないフリをしよう
きみを忘れたって自分に言い聞かせよう
だって僕は"希望的観測の王様"だから
僕は"希望的観測の王様"なのさ

I refuse to give in to my blues
That's not how it's going to be
And I deny the tears in my eyes
'Cause I don't want to let you see
Now that you have made a hole in my heart
And now I've got to fool myself

僕は憂うつな気持ちに負けたりしない
そんなことできやしないさ
浮かべた涙だって本物じゃないよ
だってきみには見せたくないのさ
だってきみは僕の心に穴を開けたんだ
そして今 僕は自分を騙すしかないのさ

I'll get over you I know I will
I'll pretend my ship's not sinking
And I'll tell myself I'm over you
'Cause I'm the king of wishful thinking
(I'll get over you I know I will)
I'll pretend my ship's not sinking
And I'll tell myself I'm over you
'Cause I'm the king of wishful thinking
(king of wishful thinking)

きみのこと忘れられるよ ああそうさ
僕の船は沈みっこないんだから
もう忘れたよ って自分に言い聞かせるんだ
僕は"希望的観測の王様"だからね
(きみのこと忘れられるさ)
船が沈むなんてとんでもないさ
きみのことなんて忘れたんだよ
そんな僕は"希望的観測の王様"なんだ
(希望的観測の王様)

I will never, never shed a tear for you
I'll get over you (I know I will)

If I don't listen to the talk of the town
Then maybe I can fool myself

きみのために涙なんて流すわけない
きみのことは忘れるんだから(そうさ)

町の噂を聞いて助かったよ
自分を騙さなきゃいけなかったかもね

I'll get over you I know I will
I'll pretend my ship's not sinking
And I'll tell myself I'm over you
'Cause I'm the king of wishful thinking
I'm the king of wishful thinking

きみのこと忘れるよ
船も沈まない振りをして
もう忘れたって自分に言い聞かせてる
"希望的観測の王様"だから
"希望的観測の王様"だから…

Writer/s: PETER JOHN COX, RICHARD P DRUMMIE, MARTIN GEORGE PAGE

Publisher: Sony/ATV Music Publishing LLC, Warner/Chappell Music, Inc., Walt Disney Music Company, Universal Music Publishing Group, BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC

fall at someone's foot=(人)の足元にびざまずく
carved in stone=((米話)) 不変の,変わることのない
wishful thinking=希望的観測.願望的思考
refuse to=(依頼・要求などを)断わる,拒否する
give in to ~ =~に屈する、降参する、敗北を認める

Released in 1990
US Billboard Hot100#8
from the album"Indian Summer"
from the album"Pretty Woman soundtrack"

imagesN3K2GJZQ.jpg

この曲"King Of Wishful Thinking"なんて、なんて面白い表現なんだろうって思いました。"Wishful Thinking"って"希望的観測"。"願望的思考""甘い考え"という訳もありました。そのキングだっていうんだから徹頭徹尾、そんな考えをするヤツのことを言うんでしょうね。

ただ歌詞全体を見ると、彼は"希望的観測の王様"というよりも"強がりの王様"という感じ!?

"強がり"は英和辞典(英辞郎on the WEB)では次のように出ていました。
・acting tough
・bravado
・tough-girl act(女性の)
・tough-guy act(男性の)

でも上記のような表現でなく"wishful thinking"としたのは、その前の"I'll pretend my ship's not sinking"と「韻」を踏んでるからなんでしょうね。ここの英詞は「うまい!」って思いました。

◆この曲を歌った、ゴー・ウエスト(Go West)はイギリスの音楽グループ。ピーター・コックス(Peter Cox)、リチャード・ドラミー(Richard Drummi)からなるデュオです。

MI0001395717.jpg

 ウィキペディアによると、1985年にデビュー曲の「ウィ・クローズ・アワ・アイズ」がヒット、新進のブルー・アイド・ソウルのデュオとして注目され、来日した際には『夜のヒットスタジオ』にも出演した…とあります(^-^;。
 この曲は映画「プリティ・ウーマン」(リチャード・ギアとジュリア・ロバ―ツ主演)のサントラに使われたこともあり、彼らの最大のヒット、全米最高8位を記録するヒットとなりました。

201505122202134e7s.jpg

◆またこの曲の作者はメンバーの二人と、英国のシンガーソングライターであるマーティン・ペイジ。マーティンはスターシップの"シスコはロックシティ"、ハートの"These Dreams"など大ヒット曲を作っています。この曲"King Of Wishful Thinkin"について、マーティンは次のように言っています。

ファイン・ヤング・カニバルズのが流行ってたんだ。この曲はなかなか魅力的なテンポを持ってるよ。なので僕は"King Of Wishful Thinking"の曲構成を作るのに、"She Drives Me Crazy"のテンプレ―トを少しだけ使わせてもらったんだ。

ふむふむ、言われてみれば、似てるなあ。

◆“King Of Wishful Thinking”が最高位8位を記録した週の全米チャートです。
US Top 40 Singles For The Week Ending August 11, 1990

マライアのデビューは衝撃的でしたね。5位スウィート・センセーションが上を狙ってますねえ。6位ジャネジャクのバラード、歌い上げてます。8位がゴー・ウエスト。動きは悪くなかったんだけど、翌週は10位にダウンする運営。

-1 1 VISION OF LOVE –•– Mariah Carey
-2 4 THE POWER –•– Snap
-3 3 RUB YOU THE RIGHT WAY –•– Johnny Gill
-4 2 CRADLE OF LOVE –•– Billy Idol
-5 8 IF WISHES CAME TRUE –•– Sweet Sensation
-6 11 COME BACK TO ME –•– Janet Jackson
-7 10 UNSKINNY BOP –•– Poison
-8 12 KING OF WISHFUL THINKING –•– Go West
-9 5 SHE AIN’T WORTH IT –•– Glenn Medeiros & Bobby Brown
10 15 DO ME! –•– Bell Biv Devoe

◆彼らのデビュー曲"We Close Our Eyes".1985年に全英12位、米国ビルボードホット100では最高位54位でした。
↓↓↓↓↓


◆作者マーティン・ペイジは"King Of Wishful Thinking"をこの曲を参考にして作った、と言っています。ファイン・ヤング・カニバルズの"She Drives Me Crazy"です。
↓↓↓↓↓


◆この曲の作者マーティン・ペイジが歌って、1994年に全米14位"になりました。In the House of Stone and Light"です。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Aces & Kings: Best of CD, Import
Go West

51Fjx1ch4RLSX425_.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント