Matchbox / マッチボックス (The Beatles / ビートルズ) 1964



I said I'm sitting here watching
Matchbox hole in my clothes
I said I'm sitting here wondering
Matchbox hole in my clothes
I ain't got no matches but I sure
Got a long way to go

ここに座ってじっと見てる
俺の服にあいたマッチ箱の穴を
ここに座って不思議に思ってる
俺の服にあいたマッチ箱の穴を
マッチは1本もないけれど
これから行く道は長そうだ

I'm an ole poor boy,
Long way from home
I'm an ole poor boy,
and I'm a long way from home
I'll never be happy cause everything
I've ever did was wrong

俺は年老いた貧しい男
家からだいぶ離れちまったよ
俺は年老いた貧しい男
家からだいぶ離れちまったよ
俺は幸せになれやしない だって
俺がしてきたことはすべて間違ってたんだ

Well, if you don't want my peaches honey
Please don't shake my tree
Well, if you don't want my peaches honey
Please don't mess around my tree
I got news for you baby
Leave me here in misery

なあ 俺の桃が欲しいんじゃないなら
頼むから俺の木を揺すらないでくれ
なあ 俺の桃が欲しいんじゃないなら
頼むから俺の木を揺すらないでくれ
おまえに伝えることがあるんだ ベイビー
俺をみじめなままで
この場所に置いていけばいい

Well, let me be your little dog
Till your big dog comes
Well, let me be your little dog
Till your big dog comes
And when your big dog gets here
Watch how your puppy dog runs

なあ 俺をおまえの子犬にしてくれよ
おまえのでかい犬がやってくるまで
なあ 俺をおまえの子犬にしてくれよ
おまえのでかい犬がやってくるまで
おまえのデカ犬がここにやってきたら
子犬がどう逃げ出すか見ものだぜ

I said I'm sitting here watching
Matchbox hole in my clothes
I said I'm sitting here watching
Matchbox hole in my clothes
I ain't got no matches
But I sure Got a long way to go

ここに座ってじっと見てる
俺の服にあいたマッチ箱の穴を
ここに座って不思議に思ってる
俺の服にあいたマッチ箱の穴を
マッチは1本もないけれど
これから行く道は長そうだ...

Written by: Perkins

Released in 1964
Only Single(B Side of“Long Tall Sally”)
US Billboard Hot100#17

uk_long-tall-sally.jpg

 ブギウギ調のこの曲"マッチボックス"は1964年にEP「ロング・トール・サリー」のB面に収録されてます。日本ではスロー・ダウンと両A面なのかな。
初期のビートルズでもドラムが歌う曲として、ピート・ベストが歌っていたようですが、リンゴにドラムが代わってまもなくの時期はジョンがリードを取っていたらしいですよ。今回のリンゴの公演でもオープニングで歌ってくれるのでは?と思っています。

c_100_capitol.jpg

japan_matchbox.jpg

◆さてこの曲のウィキペディアによると、最も古くは Blind Lemon Jeffersonという方が1927年にレコーディングをしたとのこと、当時のタイトルは "Match Box Blues" 。その後沢山のブルースミュージシャンに取り上げられたなか、1957年に作者カール・パーキンス自身によってリリースされます。ビートルズはカール・パーキンスの歌を他にも取り上げています。"Everybody's Trying To Be My Baby"と"Honey Don't."ですね。

◆歌詞ですが、のっけから意味不明です。俺の服にあいたマッチ箱の穴(-_-)?
実はカール・パーキンスの"マッチ・ボックス"の歌詞はこうではありませんでした。

"Sittin' here wonderin' will a matchbox hold my clothes,"

貧しい男が座って考えてます。
"俺が持ってる衣服(財産)はこのマッチ箱にぜんぶ入っちまうんじゃないか?"

そうです。"マッチボックス"="マッチ箱"は、"マッチ箱くらいの財産しか持ってないビンボーな男のブルース"なのです。

オリジナルな歌詞を敢えて"意味不明"にして歌うビートルズって"粋"ですよね?(^▽^;)

まあ、そもそも、僕はもちろん"マッチボックス"が「マッチ箱」であることはわかります(姉が喫茶店のマッチを集めてたのも想い出します)。若い人はマッチもマッチ箱も知らんだろうなあ。

Lesney-matchbox.jpg

◆「マッチ・ボックス」のステレオ盤はビートルズの活動中にはリリースされませんでした。ただし米国では1964年7月にリリースされたアルバム「サムシング・ニュー」ステレオ盤に収録されました。英国では1976年6月リリースの「ロックン・ロール・ミュージック」が最初となり、CDでは1988年3月の「パスト・マスターズ Vol.1」に収録となっています。

◆カール・パーキンスの"マッチボックス"です。
↓↓↓↓↓


◆ジョン・レノンが歌う"マッチボックス"です。
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
パスト・マスターズ vol.1&2 Limited Edition, Original recording remastered
ザ・ビートルズ

61dfdIrdbULSL1500_.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント