New York State Of Mind / ニューヨークの想い (Bily Joel / ビリー・ジョエル) 1976


(at Tokyo Japan in Nov.30 2006)

Some folks like to get away
Take a holiday from the neighborhood
Hop a flight
to Miami Beach or to Hollywood

But I'm takin' a Greyhound
on the Hudson River line
I'm in a New York state of mind

近隣から逃げ出したくなる人たちもいる
みんな休暇を取るんだ 飛行機に飛び乗って
マイアミビーチやハリウッドへ行くのさ

でも僕は
グレイハウンド(バス)を選ぶ
ハドソン・リヴァー・ラインを走るんだ
僕はニューヨークにいたいのさ

I've seen all the movie stars
In their fancy cars and their limousines
Been high in the Rockys
under the evergreens

I know what I'm needin'
And I don't want to waste more time
I'm in a New York state of mind

沢山の映画スターを見てきたよ
みんな派手な車やリムジンに乗っていた
ロッキーにだって登ったよ
いつだって緑に覆われた素敵な場所だった

でも今は自分に必要なことがわかったんだ
これ以上時間を無駄にはしたくない
...僕の心はニューヨークで溢れてる

It was so easy livin' day by day
Out of touch with the rhythm and blues
But now I need a little give and take

The New York Times
The Daily News…

気楽な その日暮らしをしていたんだ
リズム&ブルースとも離れた生活さ
でも今は"何かを捨てて 何かを得たい"
そんな気分になっている

「ニューヨーク・タイムズ」
「デイリー・ニュース」…

It comes down to reality
And it's fine with me
cause I've let it slide
I don't care
if it's Chinatown or on Riverside

I don't have any reasons
I left them all behind
I'm in a New York state of mind

そこには現実が待ち構えている
でも僕だったら大丈夫さ
だって今まで避けてきたことだから...
どこだってかまいやしないのさ
チャイナタウン リバーサイドだって

理由なんてない
僕はみんな捨ててきたんだから
僕の心は…ニューヨークに魅かれてる

Oh yeah

It was so easy living day by day
Out of touch with the rhythm and blues
But now I need a little give and take

The New York Times,
The Daily News

気楽なその日暮らしをしてきたんだ
リズム&ブルースとも離れた生活をね
でも今は 何かを捨てて何かを得たい
そんな気分になっているんだ

ニューヨークで過ごす時間
毎日のニュース…

Who, oh, oh whoa who
ああ そう そうなんだよ

It comes down to reality
And it's fine with me
cause I've let it slide
I don't care
if it's Chinatown or on Riverside

I don't have any reasons
I left them all behind
I'm in a New York state of mind

現実が待ち構えているけれど
僕だったら問題ない
だって これまでもやってきたんだから
チャイナタウンだって
リバーサイドだって
どこだってかまわない

理由なんてものはない
僕はみんな捨ててきた
僕の心は…ニューヨークにある…

I'm just taking a Greyhound
on the Hudson River line
'Cause I'm in a,

I'm in a New York state of mind

いま僕はグレイハウンドに乗って
ハドソン川沿いを走ってる
だって僕は…僕の心は ...

ニューヨークとともにあるんだよ...

Songwriters BILLY JOEL
Lyrics c Universal Music Publishing Group

hop on a flight =飛行機に飛び乗る
fancy=装飾の多い、派手な

Released in1976
From The Album“Turnstiles”
(ニューヨーク物語)

51Fd2tHnGELSX425_.jpg

10月の月イチ・ビリーは名曲「ニューヨークの想い(New York State Of Mind)」です。

 デビューアルバム「コールド・スプリング・ハーバー」が不発に終わったビリー。ロサンゼルスでピアノの弾き語りをして暮らしていました。「キャプテン・ジャック」がラジオからヒットし始めたことをきっかけにCBSと契約。「ピアノ・マン」を発表します。そして「ストリート・セレナーデ」を経て、故郷のニューヨークでアルバムを作成。それがこの曲(New York State Of Mind)が収録されたのアルバム「ニューヨーク物語(Turnstiles)」です。(このアルバムのジャケットなどについては「楽しかった日々」の記事をご覧ください。

BillyJOel-1980-530.jpg


◆ビリーの故郷ニューヨークは当時不況にあえいでいました。公的機関も機能せず、町は汚れ、犯罪が増え、ドラッグの問題も出てきていました。ニューヨークは連邦政府に助けを求めましたが、当時の大統領フォードの回答は「くたばれ(Drop Dead)」というもの。

Ford_to_City.png

このニュースはビリーにニューヨークへ戻る決意をさせます。
「あり得ない、もしニューヨークが破滅するというのなら、僕はニューヨークへ戻る」。

◆この曲"ニューヨークの想い(New York State Of Mind)"についてはビリーは次のように言っています。

最初は自分以外の誰かに歌ってもらおうと思っていた。大きな、力強い、迫力のある、レイ・チャールズのような声で、ソウルフルに歌ってくれるのを想像してた。それと、なんといっても、また地元に戻ってこれて嬉しかったんだ。ニューヨークの街に戻ってきたことを祝う気持ちで、あの曲の一部はバスのなかで書いたんだ。ハドソン川沿いを北上するグレイハウンドの中でね。
(中略)あと、当時にニューヨークの雰囲気を少しでも良くしたいという願いを込めた部分もあった。ニューヨークにまた活気を取り戻したいと思ったんだ。



◆「ニューヨーク」の歌と聞くとどちらかというと田舎から出てきて"ここは自分の故郷じゃない"という歌がありますよね。僕のブログでの和訳でもジム・クロウチ「New York's Not My Home」やフォリナー「Long Long Way From Home」などがそうです。でもビリーの場合は自分の故郷の歌。ニューヨークから離れた場所にいても、心はニューヨークにある。ましてやこの曲はロスからニューヨークに帰ってきて作った曲です。都会に住む人はたまには喧騒から離れて避暑地へ行くのに、僕はハドソン川沿いを走るグレイハウンドに乗ると落ち着くのさ…。"ああやっぱりニューヨークなんだ"ってね…。

Greyhound_Prevost_X3-45_(2009_scheme).jpg

nyc-small-2.jpg

"state of mind"は"気持ち、気分、心理状態、精神状態"のこと。"I'm in a New York state of mind"を訳すのに気を付けたかったのは、"ニューヨーク「への」想い"ではないってこと。ニューヨークの「外」にいて思っているのではなく、「中」にある、もしくは「一体となってる」ってこと。
落ち込んでいて活気を取り戻したいと思ってるニューヨーク。僕はそのニューヨークと同じなんだ。"今に見てろ、復活してやる!"って思いも込められているのではないかと思います。

◆こちらはアルバム「ニューヨーク物語」からスタジオバージョン。
↓↓↓↓↓


◆Billy Joel & David Sanborn (1988 New York State of Mind)
↓↓↓↓↓


(この曲を購入)amazon.co.jp
Turnstiles CD, Import, Original recording remastered
ビリー・ジョエル

51Fd2tHnGELSX425_.jpg

Summer, Highland Falls / 夏、ハイランドフォールズにて 1976
James / ジェイムズ 1976
I've Loved These Days / 楽しかった日々 1976
Say Goodbye To Hollywood / さよならハリウッド 1981

関連記事

コメント

非公開コメント